2017年10月21日 (土)

デリーの日々 飼い犬 「しろ」

何度かこのブログでご紹介している我が家の飼い犬「しろ」のシャンプーの様子をお届けします。

ディワリの前日にお手伝いのキランが、「大事なことをしなければ・・・」と言って「しろ」のシャンプーを始めました。インドの習慣でディワリ前にはいろいろとしておかなければなりません。犬を身ぎれいにすることも・・・。


まず全体に水をかける。
Photo


シャンプーをつけて・・・
Photo_2


顔を洗って・・・
Photo_3

耳をあらって・・・・
Photo_4

尻尾も洗って・・・・
Photo_5


気持ちよさそうに定位置でひと眠り
Photo_6


1年半前からお手つだいのキランになって、「しろ」は、1日2回 朝7時~7時半まで、夕方4時半から5時半までの散歩を土曜日も日曜日も休みなくしてもらっています。キランの旦那がキランのできない時にはかわりに散歩をしてくれます。動物に対する愛情が、ただ可愛いというのではなく、犬の立場にたっての世話をしてくれていることに感謝です。


「しろ」はサイババ寺の前で、交通事故に遭い、足の手術をして、我が家のメンバーに4年前になりました。お医者さんは「フレンドリー」「性格がよい」と評価してくれていましたが、我が家に来てからは、夜中に 遠吠えをしたり、散歩に行くとよその犬に喧嘩をしかけたり・・・・。家の中のあちこちでおしっこをしたり・・・・

しかし、今はお医者さんの言った通りの犬に変身。散歩に行っても、他の犬にほえることもなく、ゆっくりと散歩を楽しんでいます。家に入る前には毛をすいてもらいますが、気持ちよさそうに大人しくしています。

ひとつ困ったことができました。
以前、傍にきてうるさい時に「GO! 行きなさい。」そして言うことを聞くと「GOOD BOY!]」と褒めていました。

最後の「GOOD BOY!]」に反応して、「「GOOD BOY!]」と褒めると突然、すくっと立って すたすたと自分の居場所に戻ってしまうことです。「「GOOD BOY!]」の英語を間違えて覚えたようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«デリーの日々10 ディワリ