2016年5月26日 (木)

茶文化研究家・マカイバリ親善大使・湯浅薫氏講演会「お茶に導かれて」

2016年5月21日(土)茶文化研究家・マカイバリ親善大使・湯浅薫氏が、尼崎市「個個セブン」の皆様のお招きで講演をされました。タイトルは「お茶に導かれて」。試飲用のお茶はマカイバリ紅茶をご指定してくださり、事前にご購入くださいました。湯浅様より、素敵な「個個セブン」の皆様と参加者30人の方々の講演会の様子の写真を送っていただきましたのでご紹介いたします。なお、現在、弊社スタッフが茶園を訪れており、ラジャ・バナジー氏に写真をお見せしたところ大変感激されて、英語にして写真とともに送ってほしいとの要望が来ました。マカイバリ茶園のHP、フェイスブックでアップするそうです。世界中の人がみます。


では講演会の様子をお伝えします。

【個個セブンからのご案内文】

土曜日の小さなサロンです。尼崎市内の同じマンションに住むわたしたち「個個セブン」のメンバーは、ご縁のある方を招いて月一回、ささやかなサロンを開いています。この集まりの中で新しい出逢い、人と人とのつながりが生まれると嬉しく思います。個人宅でなく共用サロンですので、どうぞ気軽にお越しくださいませ。
1

【湯浅様の講演】
2

Photo_11

52


【日本茶の、ルーツをたどれば、あらら。】「個個セブン」案内文から~
最も身近な飲み物、お茶。人はいったい、いつからお茶を飲み始めたのでしょうか。文献に登場する最古のお茶は中国・唐の時代、1200年ほど前のことです。そのころ、どんな茶葉を使っていたのか、急須はあったのか、どんなふうに日本に入ってきたのか、興味は尽きません。茶文化研究家、湯浅薫さんは中国人留学生との出会いをきっかけに、お茶の魅力に引き込まれました。インドや中国など、お茶の産地を訪ねて世界各地を旅しています。湯浅さんを道案内に、お茶の歴史と広がりをたどります。ティータイムには、とびっきりのダージリン・セカンドフラッシュをみんなで淹れて味わいましょう。

5

湯浅様 「講演の演目は『茶文化の早わかり』資料の素晴らしさと分かり易い説明に茶文化を身近に感じ感激したとの声をいただきました。」

4


ティータイムは、湯浅様のご推薦マカイバリ紅茶夏摘みです。

湯浅様 「ティータイムの『マカイバリ紅茶を楽しむ』は1時間にも及ぶセミナーの様子になりました。マカイバリ紅茶のふるさとの様子が分かる数々のパンフレットが役立ちました。」
6


7_2

湯浅様「更にマカイバリ紅茶の淹れ方パンフレットも評判です。紅茶を楽しむのみに特化でき お持ち帰り出来、ゆっくりパンフレットを後で見れるからです。」

8_1

淹れたお茶を美味しいスイーツとともに楽しまれています。
9


湯浅様「セカンドフレッシュを楽しみ、更にお土産のDJ-1(春摘み)をご自宅で異なる香りと味を楽しむ最高に幸せなティータイムになりました。こんなティータイムってあるの・贅沢~との声も・・。
終了後に参加者の笑顔と握手と来て良かったとのお言葉を頂き感激でした。」
 「嬉しいお便りをいただきました。『先生のお話が奥が深くて、それなのに解りやすく皆様も大変お喜びでしたね、ティータイムの紅茶も美味しいでした。お蔭様で元気をいただきました。茶縁を大切に感謝』。茶縁が又、一つ誕生しました。」

湯浅様「私の信条は知識は講演で理解いただけますが、物の良さは言葉で通じず体験(試飲)により広がるとの思いでございます。」
 

湯浅薫氏と「個個セブン」の皆様
11haruna_1


心温まる素敵な皆様と「茶縁」で結ばれました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«インド出張記:アグラ  アグラ城