« インド駐在日記:地震のその後 | トップページ | インド:セカンド・サマーの終盤で »

2005年10月13日 (木)

インド駐在日記:お祭り「ダシェラ」

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリ紅茶のブログ。
今日は、昨日行われた「Dussehra:ダシェラ」についてお届けいたしましょう。

インド全体が最も沸き立つ時、それがダシェラ。インドのお正月と言われている「Diwali:ディワリ(音と光のお祭り)」の20日前に行われます。

ダシェラはインドの叙事詩「ラーマーヤナ」のラーマ王子が悪に打ち勝ったことを祝うお祭りです。お祭りは10日間にわたって行われ、その間、ラーマ王子の生涯がステージで演じられます。そして最終日の10日目に、ラーマ王子と戦った悪魔をかたどった人形に花火や爆竹を入れ燃やすのです。

と、言うことで、昨日の巨大な人形は、悪魔だったのです。


インド祭り:ダシェラ


我が家の目の前にあるコミュニティークラブでも、6日間にわたって毎日パーティーが行われていました。毎日ヒンディーソングの生演奏が行われ、お陰で主要な歌謡曲は覚えてしまいました。


そして最も盛り上がる昨晩。日の入りと共に悪魔の人形に火が灯され、花火と爆竹の音が鳴り響く中、悪魔が火の中へ消えていくと、大きな歓声が。


インド祭り:ダシェラ


悪魔を燃やすことは、「善が悪に打ち勝つ」ことを象徴している、と一般に言われていますが、インドの人の話によれば、「悪魔を燃やすことは、自分の中に存在する悪やエゴを燃やし去る」ことらしいです。そして悪やエゴを燃やし去ったこの日は、新しいことを始めるのに一番良い日なのだとか。


さあ、インドはこれからが最も気候の良い時期。19日後の11月1日には、インドのお正月と言われる「ディワリ」が控えています。今はちょうど日本の年末、と言ったところでしょうか。


ディワリランプ


ちょっと気が早いですが、ディワリの時に使う素焼きのランプを買ってみました。今年のディワリは、インドの友人宅に招かれているので、本格的なディワリが楽しめそうです。

|

« インド駐在日記:地震のその後 | トップページ | インド:セカンド・サマーの終盤で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド駐在日記:地震のその後 | トップページ | インド:セカンド・サマーの終盤で »