« 茶園ツアー:コルカタの夜 | トップページ | インドの航空会社 »

2006年4月15日 (土)

インド駐在日記:青空床屋

東京オフィスからお届けしているマカイバリ紅茶のブログですが、インドでの生活編をこれから数回にわたってお届けします。

エコツアーが終わり、再びデリーに戻ってくると色々なものが新鮮に見えてきます。デリーでよく目にする光景が「青空床屋」。道路やマーケットに青空床屋はあります。小さな空間さえあれば、椅子と鏡でできる小さなビジネスです。

1

インドの男性は口髭を生やすのが一般的。男性の象徴みたいで、ひげがないのは男性ではない?と思われるそうです。もちろん、今は西洋文化が入ってきて髭のない俳優さんもたくさんいますが。。

2_1

ちなみに値段の方は、髪のカットが10ルピー(約26円)、髭だけだと5ルピー(約13円)だそうです。
私が写真をとるために近づいていくと、お客だと思ったのか「女性はここではカットできないよ。パーラーが建物の中にあるからそちらに行って!」と言われました。

それにしても椅子に座っているお客さんは気持ちが良さそうですね。

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店 マカイバリジャパン ホームページ

|

« 茶園ツアー:コルカタの夜 | トップページ | インドの航空会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/9601926

この記事へのトラックバック一覧です: インド駐在日記:青空床屋:

« 茶園ツアー:コルカタの夜 | トップページ | インドの航空会社 »