« インド駐在日記:スナック売り | トップページ | 祝6歳! »

2006年5月27日 (土)

インド駐在日記:くじゃくの花・グルモハール

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリ紅茶のブログ。

みなさま、お久しぶりです。マカイバリジャパンの石井博子です。
先日ニューデリーに到着いたしました。今回も長期出張ですので、今までブログをアップしていた石井道子からバトンタッチし、また違った視点からインドの「今」をお届けいたします。どうぞよろしくお付き合いください。

0605270

久しぶりに訪れるニューデリー。ほどほどに長く経験しているインドでの生活ですが、実はこの時期にデリーを訪れるのは初めて。この時期をインドでは「ファーストサマー」と呼び、もうすぐ訪れる「モンスーン」そして続いて訪れる「セカンドサマー」と区別して呼んでいます。

「ファーストサマー」はどれくらい暑いのだろうか、この時期にだけ咲く炎のように赤い花をつける「グルモハール」の花とはどれくらい美しいのだろうか。そんな期待を胸に、夏真っ盛りのニューデリーにやってきました。

我が家のある住宅地区「グルモハール パーク(Gulmohar Park)」は、その名の通りグルモハールの樹で覆い茂っています。
0605271


0605272
【グルモハールの花】

西岡直樹氏の著作「続・インド花綴り」によれば
グルモハールの和名はホウホウボクでマメ科。
ヒンディー語では「グル・モール」と呼ばれ、「グル」が「花」で「モール」が「くじゃく」、つまり「くじゃくの花」という意味だそうです。
また、「グル・モハール(金貨の花)」と呼ばれることもあり、またベンガル語ではクリシュナ・チュラ(クリシュナの髪飾り)と呼ばれることもあるのだそうです。


なんて素敵な意味を持つ樹なのでしょう。今までこの花を見たことがなかったので、名前の由来さえ気にしないで生活していました。
あぁ、この季節に来れて良かった・・・。(ちょっと暑いけれど)


そろそろファーストサマーも終盤にさし掛かっているデリーの我が家のベランダからは、真っ赤な花を咲かせたグルモハールの樹と、その枝をちょこちょこと駆けずりまわるリスや、かわいらしい小鳥たちの声で、それはそれは賑やかです。


毎日40度を超す暑さで、少々思考回路が停止気味ですが、真っ赤な花を咲かせるグルモハール地区から、いろいろなインドをお届けいたしますので、どうぞお楽しみに!

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店 マカイバリジャパン ホームページ

|

« インド駐在日記:スナック売り | トップページ | 祝6歳! »

コメント

ちょうどインドの民族衣装で探していて見つけました。トップページの左上にある女の人三人位が出ている写真大きく見たいのですができませんでしょうか?

投稿: 突然スミマセン | 2006年5月27日 (土) 23時24分

Re:突然スミマセン さん
マカイバリのブログを訪れて下さって、ありがとうございます。お返事が遅くなり、申し訳ございません。

写真の件ですが、「突然スミマセン」さんのメールアドレスの方へ送らせて頂きたいと思います。
弊社のアドレスtea@makaibari.co.jpまで、メールアドレスをお知らせ頂けますでしょうか。その際、写真の用途を教えて頂けると嬉しいです。

投稿: マカイバリジャパン:石井博子 | 2006年5月31日 (水) 19時57分

本当にスミマセンありがとうございます。メールアドレスはコレです。今デザイン画を考えていて(学校でファッションショーがあるんです)そのデザインの参考になりそうだったのでじっくり見たいと思ってお願いしました!

投稿: ありがとうございます! | 2006年6月 2日 (金) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド駐在日記:スナック売り | トップページ | 祝6歳! »