« インド駐在日記:マクドナルド | トップページ | インド駐在日記:街中の靴磨き »

2006年5月20日 (土)

インド駐在日記:インド美人

インド・マカイバリ茶園紅茶のブログ。しばらくブログの更新が遅れて申し訳ございませんでした。

今日はインド美人についてお届けします。インドは世界のミス・コンテストで頻繁に栄冠を勝ち取っています。インドには世界でトップクラスの美人がたくさんいるのです。

写真は、ムンバイにて2006年ミスインド代表最終選考会で選ばれたミスユニバース、ミスワールド、ミス・アースの3人。弊社が配信しているインド・ガネーシャ通信No.187の記事を書いてくださった三菱商事ニューデリー事務所長 吉野宏さんが撮られた写真です。

2_10


なぜ、インドがミスユニバースの栄冠を多く手にしてきたのでしょうか? インド・ガネーシャ通信の創刊号で、その理由を書いています。

1)古来から多様な民族がダイナミックに混血した。
  そのおかげで、好結果が出た場合には素晴らしい”傑作”が
 誕生する。
2)総人口10億のうち、女性は5億人いて、超美人の人材にこと
 欠かない。
3)平均すると背は高くないが、伝統的に体格の良い地域や、
  血筋がある。
   モデル、ミスに軍人の娘が多いのが好例。
4)世界のコンテストで、肌の色が問われなくなってきている。
5)モデル・スクールの活動が活発になり、ミスを夢見る女性たちが、
    日夜、美肌、プロポーションを磨き、英会話の研鑚をしている。

ミス・コンテストの最終選考では、審査員からの英語でのインタビューがあり、大きなウエイトを占めています。そもそもインド人は独特のなまりがあっても英語は上手。何を聞かれても、もっともらしくしゃべるのが得意です。
 
自分をアピールする能力を持っていれば鬼に金棒なのです。

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店 マカイバリジャパン ホームページ

|

« インド駐在日記:マクドナルド | トップページ | インド駐在日記:街中の靴磨き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/10161773

この記事へのトラックバック一覧です: インド駐在日記:インド美人:

« インド駐在日記:マクドナルド | トップページ | インド駐在日記:街中の靴磨き »