« インド駐在日記:マカイバリ茶園の村で | トップページ | 紅茶の苗木 »

2006年6月25日 (日)

マカイバリ茶園に行ってきました!

インド・マカイバリ紅茶のブログ。先週はマカイバリ茶園を訪れていました。今日からマカイバリ茶園の様子を少しづつ発信していきます。

6月のダージリンは夏摘みセカンドフラッシュの茶摘み時期。しかし、今年のダージリン地方は4月、5月とあまり雨が降らずに深刻な干ばつでした。マカイバリ茶園でも夏摘みの前に降る雨が降らず、誰もが雨が降るのを待っていました。

ようやく6月の初旬。待ちにまった雨が降り出しました。まさに恵みの雨。美しい新芽が芽吹き、まわりの原生林からはグリーンフライが飛来し、最高の夏摘みセカンドフラッシュをつくります。

3_8

私がいる時も夕方、大雨が降りました。山の天気は変わりやすく、晴れていたのに急に雲行きがあやしくなり、激しい雨になりました。

5_8

しかし、雨の後に芽吹いた新芽は本当に美しく、生き生きとしています。

6_4

茶園主ラジャ氏は毎日、馬にのって広大な茶園をみてまわります。茶木の様子や土の様子を観察します。オーナー自らが茶園に住み、紅茶栽培に携わっているのはマカイバリ茶園だけです。


4_7

例年よりも降水量の少なかった今年。しかし、マカイバリ茶園の茶木は少しくらいの水不足にも動じず、香り豊かな紅茶を造り上げてくれました。バイオダイナミック農法の調合材や、マルチングなど、常日頃から土作りに力をいれてきたことが、水不足を乗り越えられた、とラジャ氏は語っています。

溢れるほどの愛情を受けて育ったマカイバリ紅茶、2006年夏摘みも香り豊かな紅茶に育ちました。

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパンホームページ

|

« インド駐在日記:マカイバリ茶園の村で | トップページ | 紅茶の苗木 »

コメント

はじめまして。
 今日セカンドフラッシュをいただきました!春茶とはまた違って果物ののような香りがとってもおいしいです。農園のお写真を拝見して、ここのこの部分がうちにあるんだなあ・・と感慨深く拝見しました。
 またちょくちょく拝見させていただきます。それでは。

投稿: イケダ | 2006年6月27日 (火) 01時41分

コメントありがとうございます。マカイバリ茶園の夏摘みは、グリーンフライなどの虫が果実の香りを醸し出してくれます。今回お届けした紅茶は茶摘みされてまだ2週間ばかりで空輸にて日本に到着しましたので、フレッシュな紅茶です。マカイバリ茶園の夏をお楽しみいただけましたら幸いです。どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。

投稿: Makaibari | 2006年6月27日 (火) 03時46分

マカイバリはいつもすばらしい。
こんどJICAの研修でマカイバリを教材にします。アイシスさんの了解を得て記事をテキストに。
有機栽培農場トカプチの空(楽天ブログ)

投稿: 伊藤英信 | 2006年8月21日 (月) 00時12分

>伊藤さま
コメントをありがとうございます。

マカイバリを教材にして頂けるなんて、光栄です!アイシスさんには、茶園のエコツアーや、茶栽培について本当に詳しく書いて頂きました。感謝です。

伊藤さまのブログを拝見させていただきました。有機農業を実践されているのですね。自然が相手ですから、大変なこともおありだと思います。十勝に、そして世界中に有機栽培の輪が広がることを応援しています。

投稿: 石井博子@マカイバリジャパン | 2006年8月21日 (月) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/10668154

この記事へのトラックバック一覧です: マカイバリ茶園に行ってきました!:

« インド駐在日記:マカイバリ茶園の村で | トップページ | 紅茶の苗木 »