« 魅惑の市場INAマーケット | トップページ | 魅惑の市場 INAマーケット3 »

2006年8月21日 (月)

魅惑の市場 INAマーケット2

インド・ニューデリーからお届けしている
マカイバリジャパンのインド駐在日記。

魅惑の市場 INAマーケット。
その魅力を堪能するには重要な人物が必要です。


0608211_1
クーリー:ヒンディー語で”荷物持ちの人”の意味

INAマーケットの魅力は豊富な品揃えと安さ。
野菜はキロ単位で1週間分買い込みます。

せっかくINAに来たのだから、と
キョロキョロ、ふらふら歩く私に
嫌な顔ひとつせず、重い荷物を持ってくれる
クーリー君には感謝。


さて、前回の続きで・・・
セキュリティーゲート(電源切れてる)を抜けると

0608212

まずは服飾用品市場。

0608213

サリー屋さんで、熱心にサリーを選ぶ3人を発見。
天井まで積み上げられたサリーを
手際よく広げていくサリー屋さんの手つきも慣れたもの。
店員さんが男性なのもインド的。

0608214

私の予想では、この3人は3姉妹。
きっと、末妹(真ん中の女の子)の
結婚式衣装を選んでいるのでしょう。


ちなみに両隣のお姉さんたちは既婚者。
目印は

0608215

前髪の分け目。
既婚女性は、夫への生涯の貞節を約束する証として
分け目に赤い粉(シンドゥール)を塗ります。


今はモンスーンウェディングの時期。
以前ご紹介したメヘンディの女の子同様、
彼女も近々”婚約式”を控えているのかもしれません。



さて、服飾用品市場を通り抜け、

0608216

迷路のような小道を抜けていくと、
いよいよ目的の食料品市場。


次回をお楽しみに!

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« 魅惑の市場INAマーケット | トップページ | 魅惑の市場 INAマーケット3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魅惑の市場INAマーケット | トップページ | 魅惑の市場 INAマーケット3 »