« 魅惑の市場 INAマーケット3 | トップページ | インドで病院へ行く »

2006年8月23日 (水)

魅惑の市場 INAマーケット4

インド・ニューデリーからお届けしている
マカイバリジャパンのインド駐在日記。


「マダ~ム、コニチハ!」

声をかけてきたのは
0608231

豊富な品揃えを誇る雑貨屋を2店も経営する
食品売り場の名物おじさんです。

ちなみにもう一店舗は、このお店の目の前にあります。
2店舗まったく同じ内装、同じ商品の品揃えで、
働いている人も同じ。

お客が入ったお店に、店員さんが移動する、という
なんだか面白い商売の仕方をしています。

このお店は、中近東やバンコクやシンガポールから
海外の食材を買い付け

0608233

お醤油や照り焼きソース

さらには
0608234

焼きのりまで、

デリーに住む日本人にとっては、力強い助っ人です。

我が家はこのお店に、かれこれ15年近く通っています。
当時、普通のマーケットではトイレットペーパが売っていなく、
このお店では、輸入品のトイレットペーパーを売っていたのです。

0608232

当時の値段で、一巻き350円~400円くらい。
中の芯も太くて、あっという間に使い終わってしまいます。
(かと言って、インド式にするのには抵抗アリ)
日本から運んできた分が無くなると、
いつもこのお店に足しげく通ったのでした。


今では、一部のインドの人たちがトイレットペーパーを使うようになったり、外国人が多く住むようになったので、トイレットペーパーは4巻きで250円くらいになりました。


そんな訳で、このおじさんとは長い長いお付き合い。
どんなに急いでいる時でも素通りすることはできず、
いつも立ち話をしてしまうのです。
INAの関所。


明日は八百屋さん。
お楽しみに!

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« 魅惑の市場 INAマーケット3 | トップページ | インドで病院へ行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魅惑の市場 INAマーケット3 | トップページ | インドで病院へ行く »