« 分業制 | トップページ | 魅惑の市場 INAマーケット2 »

2006年8月18日 (金)

魅惑の市場INAマーケット

インド・ニューデリーからお届けしている
マカイバリジャパンのインド駐在日記。


日本は夏真っ盛りで暑いそうですね。東京オフィスから連絡がありました。
もしかしたらデリーの方が過ごしやすいのかも(停電がなければ・・・)。


デリーの人たちは、涼しくなった夕方になるとワラワラと家から出て来て
活動を開始します。(とても分かりやすい)
「デリーの台所」とも呼ばれるINAマーケットは、
夕涼みをかねて買い物をする人々で、
夕方から深夜にかけて最も活気に満ちあふれるのです。

0608181
デリーの築地市場「INAマーケット」。


0608182
果物屋さん
新鮮な果物が安く手に入ります。


0608183
揚げ物屋さん
インドの人は揚げ物が大好き。


0608184
靴屋さん
安いものから高級なものまで、幅広く揃えています。


0608186
おもちゃ屋さん
インドの民族衣装を着た人形や、昔懐かしいブリキのおもちゃが手に入ります。


あちらこちらから、「マダム、安いよ、安いよ〜」と声が掛かります。


目には黄色い電球に照らされた色鮮やかな景色が飛び込み、
耳には人の声や、クラクション、動物の鳴き声がつんざくように入ってくる。
マーケット一体はマサラのニオイが立ちこめ、暑さも手伝ってムッとする。


人々の活気に押し潰されそうになりながらも、
こういうの好きなんだよなぁ〜
なんてマーケットを闊歩する私。


でもこんなのはほんの序の口。
実は、

0608185
電源の入っていないセキュリティー・ゲートを通り抜けると
そこには魅惑の世界が・・・。


お伝えしたいことがたくさんのあるので、
このINAマーケットシリーズは、何回かに分けてお届けいたします。
どうぞお楽しみに!

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« 分業制 | トップページ | 魅惑の市場 INAマーケット2 »

コメント

毎日、楽しみにしています。

インドを訪れたのは一度きりですが、とても惹かれました。豊富な写真と、適切な解説のお陰で、いながらにしてインドを身近に感じられます。
ほんとうに有難く思っています。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Green | 2006年8月19日 (土) 10時18分

>Greenさま
コメントをありがとうございます。
お返事が遅くなりごめんなさい。

インドは魅力的な国ですよね。
日本の生活と比べると、インドは”強弱”のはっきりした国だなぁと思います。
そしてまたインドに惹かれていきます。

また是非インドを訪れてください。
訪れる場所、会う人そしてGreenさんのその時の気持ちによって、また違ったインドにめぐり会えます。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 石井博子@マカイバリジャパン | 2006年8月21日 (月) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分業制 | トップページ | 魅惑の市場 INAマーケット2 »