« インド的新ビジネス | トップページ | 最高級ホテル@デリー »

2006年9月23日 (土)

牛の行進

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在日記。

ニューデリーは日々30度を越す暑さですが、こちらでは5月、6月の40度を越す暑さに比べたら穏やかなもの。「大分涼しくなりましたね~」とインド人と話しています。

我が家の近くに住む牛ファミリー。いつも草を食べたり、ゴミ箱をあさっていますが、今日は何だか様子が違う。

1_20
道路にあらわれた牛は、猪猛突進のごとくわき目をふらず進んでいます。車なども気にせずに。

2_26

その後には子供たちも続きます。 インドでは牛は神様。人間は絶対に牛を傷つけたりしてはいけません。バイクや車も牛たちをうまくよけています。

3_17

人間の気遣いも気にせずに、牛ファミリーは真っ直ぐに進んでいきます。
新しい餌場を求めて、牛ファミリーの大移動です。

4_17

牛も、きちんと道路のルールを守っている様子。きちんと車の列におさまりました。

きっと日本では、動物が道路にでてきただけで警察が出動して、ニュースにもなる大騒ぎになることでしょう。インドでは別に驚くわけでもなく、こういうことは日常のひとこまです。
こういう光景にも当たり前に思えてきた自分も、かなりインドに慣れてきた証拠だな、と思いました。


マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« インド的新ビジネス | トップページ | 最高級ホテル@デリー »

コメント

牛さんの寛いだ表情がとてもいいですね。インドでは牛ばかりでなく、犬もとてもリラックスしている印象を受けました。いじめられることがないからでしょうか。路上でぐっすり眠っている犬を初めて見たときは、死んでいるのかと思いました。気になって、そばまで行ってお腹のあたりをじっと見ていましたら、動きました!人も車も通る道で、あんなふうに心底リラックスできるなんて!きでした。

投稿: Green | 2006年9月23日 (土) 23時32分

Green様、こんにちは。コメントありがとうございます。インドの道端でよく見かける光景は牛や犬が、車が通っていても堂々と寝ている姿ですね。人間を信頼しているのか、とてもリラックスしてますよね。インドは本当に動物天国だと思います。

投稿: 石井道子 | 2006年9月24日 (日) 02時30分

はじめまして。

私は奈良の鹿に関心のある者ですが、インドにおける牛の地位とその意味、扱われ方は奈良鹿を考えるためにも、たいへん参考になりそうで、興味が湧いてきました。

投稿: h_kihara | 2006年11月14日 (火) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/12006808

この記事へのトラックバック一覧です: 牛の行進:

« インド的新ビジネス | トップページ | 最高級ホテル@デリー »