« ニューデリーから久々の更新 | トップページ | 第4回ダージリン白内障キャンプ:手術 »

2006年11月29日 (水)

第4回ダージリン白内障キャンプ

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在日記。

ダージリン白内障キャンプを無事終え、コルカタでの小旅行を楽しみ、昨晩ニューデリーに戻ってきました。

0611291_2

4回目となる白内障キャンプは、今回で27人、4年間で延べ102人(103眼)の患者さんが米谷先生(埼玉医科大学眼科学教室主任教授)の手術を受けたことになります。

103眼・・・これまで手術は片眼だけの提供でしたが、今回は例外となりました。今回の患者さんは、過去最年少の白内障患者。それは4歳の女の子でした。両眼がほぼ失明状態のこの小さな小さな患者さんには、少しでも早い手術が必要と判断され、全身麻酔で両眼の手術となったのです。

0611294_2

眼科チームに、麻酔科チームも加わり、みんなが一丸となって取り組んだ白内障キャンプ。回を重ねるごとに、国立カーシオン病院のスタッフの方々との心の交流も密になり、2日間を共に戦い抜いた戦友同士は、最後は涙なみだの別れとなりました。

0611293_2

0611292_2

毎回、さまざまな物語が生まれる白内障キャンプですが、今回もいろいろな物語に出会いました。次回からは、その物語をご紹介いたします。どうぞお楽しみに。

*たくさんのコメントをありがとうございます。お返事に時間を頂いており申し訳ございません。

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« ニューデリーから久々の更新 | トップページ | 第4回ダージリン白内障キャンプ:手術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/12867178

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回ダージリン白内障キャンプ:

« ニューデリーから久々の更新 | トップページ | 第4回ダージリン白内障キャンプ:手術 »