« インドのカレーうどん | トップページ | このマークの意味は »

2006年12月19日 (火)

植民地時代からのピアノ

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在日記。

今日は久しぶりにデリーの中心街、コンノートプレースに行ってきました。

0612191


「あっ、そうだ!」と立ち寄ったのがこちら

0612192

楽器屋さんです。

0612193

店内には所狭しと、インドの楽器が並べられています。
でも、今日の目的はこちら

0612194

ピアノです。

実は15年ほど前、インドでピアノを習っていた時期があり、その時お世話になったのがこちらのお店でした。当時のインドは、輸入に対してようやく鎖国を解き始めた時期でしたが、ピアノの輸入は皆無でした。

もちろん店頭に新品のピアノが並ぶことはなく、すべて中古品。輸入ができず、国内のピアノ台数は限られていますので、すべて「レンタル」での提供だったのです。

あれから15年。ピアノ業界はどうなったのかなぁ、とふと思い立ち、こちらへ足を運んだのでした。

今は、新しいピアノが手に入るのですか?
もちろんさ!
と、自慢げに見せてくれたのがドイツからの輸入品。

0612198

ブランド名は「シュタイナー」。
やけに親近感をおぼえたりして・・・。

日本からYAMAHAも輸入しているよ!

0612197

おぉぉ。YAMAHAだ。

最近は、ごく一部のインドの家庭で、子どもたちにピアノを習わせるようになったそうです。ちなみに、シュタイナーとYAMAHAは、ともに3ラックルピー。日本円で約80万円。レンタルの場合は月々約3万円だそうです。(私がレンタルしていたピアノは、月2000円でした)

ふと後ろを振り返ると

0612195

15年前に私がレンタルしていたような、古いピアノがありました。椅子に座るとヨロヨロと傾き、鍵盤をたたくと、ぼわ~んと低い音が。

あぁ、懐かしい。
私が使っていたピアノも、「ド」の鍵盤をたたくと「ラ」の音がでていたっけ。

調律師のおじいさんに直してほしい、と頼んでも、
「無理だよ。この弦はとても古いから、これ以上引っ張ったら切れてしまうんだ。そうしたら弦はインドで手に入らないから、この音は出なくなってしまうんだよ」。

そう言って、おじいさんのおじいさんの代から使っている、調律の器具を使って、慎重に弦を張っていたことを憶えています。

インドがピアノの輸入に規制をかけていた頃、国内で使われていたピアノは、イギリス人が植民地時代にヨーロッパから船で持ち込んだものだったのです。インドが独立した後、ピアノはインドの人によって大切に使われ、約100年がたった今でも、インド各地で現役で活躍しています。


インドの人は古いものを継承していく文化を大切にしています。ピアノ業界に新しい風が吹きつつも、たくさんの人に弾き継がれたピアノを、末永く愛用していってもらいたい、と思いました。

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« インドのカレーうどん | トップページ | このマークの意味は »

コメント

インドには、インドで作られたピアノ曲というのがあるのでしょうか。もしもあれば、そういう音楽がCDや楽譜になって日本でも紹介されることを願っています。

投稿: 井上豊 | 2008年10月10日 (金) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/13120346

この記事へのトラックバック一覧です: 植民地時代からのピアノ:

« インドのカレーうどん | トップページ | このマークの意味は »