« アーユルヴェーダ・マッサージ3日目 | トップページ | インドの人とアーユルヴェーダ:6日目 »

2007年2月11日 (日)

アーユルヴェーダ・マッサージ4日目

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンの
インド駐在日記。

体の変化が感じられてから俄然やる気が沸いてきた私。
雨が降る今日も、アーユルヴェーダ・マッサージに張り切って行ってまいりました。


0702111
本日のスタッフの方々。
やはりドゥパタは必須のようです。

0702112
4日目にして、新しいアイテムが登場。
手前のお饅頭のようなものは「パトラピンダ」と呼ばれるもので、中に私専用のハーブがぎっしりと詰まっています。
さらに、今日から新しい種類のオイルも登場です。


今日の大半は、パトラピンダ・マッサージでした。
パトラピンダをオイルで温め、体中をペタペタたたいたり、ゴシゴシこすったり。
熱いパトラビンダを肌に押し当てることで、ハーブが肌に染み込んでいき、さらに体がどんどん温まっていきます。
仕上げに、首と腰の部分に土手を作り、温かいオイルを垂らしていくと、体が一気に熱くなり、汗が噴き出てくるのが分かりました。


体中がぽかぽかして、心身ともにリフレッシュしたところで終了。
熱いタオルで体中を拭いてもらいます。
この治療院では、マッサージ後1時間はシャワーに入らないことを薦めています。時間をかけてハーブやオイルを体に浸透させるためです。

0702115
施術が終わった後は、マッサージ台もきれいにします。

0702114
残ったオイルは、明日用に瓶に戻します。



4日目を終えて感じることは、アーユルヴェーダ効果がじわじわと体に表れていること。
肩こりと右腕痛の軽減
快眠
倦怠感の軽減

ギシギシ唸っていた自転車が、油を差してもらって、すいすい軽やかに進むようになった感じでしょうか。


目に見えて体が変わってくることで、不思議と健康への意識も高まり、アーユルヴェーダに通い始めてからは、夜型の生活を改めるようになりました。



さて、爽快な気分で家路につく途中、珍しいものが目に飛び込んできました。あまりにも唐突過ぎて写真が撮れなかったのですが、なんとタイミング良くメールを下さった方が!


ガネーシャ通信でいつも興味深い原稿を寄せて下さるニューデリー在中の吉野さんからでした。


私がデリーのごった返す道端で発見したのはまさにこちら

0702117
写真左、1930年モデルのオースチン。
(写真右は1929年モデルのオースチン)


吉野さんのメーリングリストによれば、第41回目となる毎年恒例のStatesman Vintage & Classic Car Rallyが今日デリーで開かれ、1914年から1956年製造の名車151台がお披露目されたそうです。

0702116
メルセデス・ベンツ 1951年製造モデル

この他、シトロエン、フォード、シボレー、ロールスロイス、ジャガー、リンカーン、ローバー、フィアット、モーリスなどなど。
残念なことに日本車は登場しなかったのだとか。


1914~1956年製造と言うことは、イギリス植民地時代にイギリス人が持ってきた車なのでしょう。以前このブログでもご紹介したピアノも、イギリス人が持ち込んだものでした。


インドは車検制度も、相続税もないので、古き良き物が次世代に渡って残されていくそうです。



マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« アーユルヴェーダ・マッサージ3日目 | トップページ | インドの人とアーユルヴェーダ:6日目 »

コメント

アーユルヴェーダ効果を実感できてよかったですね。ほんとうに羨ましいです。
力を入れて押したり揉んだりするのではないやさしいマッサージのようですが、
マッサージをするゾーンとかポイントは決まっているのでしょうか。
東洋医学でいうところのツボに当たるような考え方があるのかしら...。
これからのじわじわ効果が、わがことのように楽しみです。

投稿: Green | 2007年2月12日 (月) 22時04分

> Greenさま
いつもコメントをありがとうございます。
体が軽くなり、顔色も良くなり、じわじわ表れるアーユルヴェーダパワーに驚いています。
アーユルヴェーダ・マッサージにも、ツボの概念はあると思います。ただ、それを鍼灸のように一箇所ずつ治療していくのではなく、ツボの上を線状にマッサージし血行を良くさせていきます。例えば脚であれば付け根からつま先まで、一気に手を滑らせるように何往復もさせ、さらにハーブを肌に染み込ませていきます。
温かいオイルに浸かりながら、体がほぐれていく感じで、オススメですよ!それに、痛くないのが良いです。

投稿: 石井博子@ニューデリー | 2007年2月14日 (水) 07時47分

気持ちよさそうですね。やっぱり人に施してもらってこその気持ちよさなのでしょうね。
そんなチャンスの望めない私は「一人でできるアーユルヴェーダ」のような本はないかなぁと
思ってしましますが、ないでしょうね(^^)。

投稿: Green | 2007年2月14日 (水) 10時48分

> Greenさま
いつもコメントをありがとうございます。お返事が遅くなって申し訳ございません。

こちらのサイトにアーユルヴェーダに関する本がたくさん紹介されています。http://ayurvedic.cool.ne.jp/study/book/index.html
私は読んだことがないのですが、『アーユルヴェーダ・マッサージ』ハリシュ・ジョハリ著がマッサージ本としては面白そうでした。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894790025/ayurveda-22

やはり、自分の体を自分で治せるのが一番ですよね。アーユルヴェーダ・マッサージは、体もほぐれるし、肌も髪もつやつやになるし、良いことづくめです。是非一度お試しください!

投稿: 石井博子@ニューデリー | 2007年2月16日 (金) 05時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/13876116

この記事へのトラックバック一覧です: アーユルヴェーダ・マッサージ4日目:

« アーユルヴェーダ・マッサージ3日目 | トップページ | インドの人とアーユルヴェーダ:6日目 »