« デリーのピザレストラン | トップページ | もうすぐ夏 »

2007年2月23日 (金)

チャルカで糸紡ぎ

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンの
インド駐在日記。


0701311_1

私のきまぐれな趣味の一つに、”糸紡ぎ”があります。


もともとは京都で習いました。
手に伝わる振動、微妙な力加減によって細くも太くもなる糸に、
すっかり虜になってしまいました。


インドで、是非チャルカ(糸車)で糸を紡ぎたい、と
デリー中、チャルカを探し歩いたのですが、
私が求めていた車輪のようなチャルカは手に入りませんでした。


そして、ようやく手に入ったのが”携帯チャルカ”でした。

0701313
携帯チャルカ (閉じた状態)

0701312
携帯チャルカ (開いた状態)


いつでも、どこでも糸が紡げます。
コンパクトなのに、必要な機能はすべて揃っていて
なかなか優秀。


このチャルカは、マハトマ・ガンディーのアシュラムで購入しました。
インドを独立へと導き、現在でもインドの人から慕われる
マハトマ・ガンディーは、平和なインド、そして世界を実現するために
人生を尽くしました。


ガンディーは、自ら糸を紡ぎ、「カーディー」と呼ばれる、
手紡ぎ綿の腰布(ドーティー)だけを巻いていました。
ドーティーは、農民や貧しい人々の装いで、
ガンディーは自らが彼らと同じ装いをすることで、
インドの貧困問題を伝えようとしていたのです。


そして、チャルカを広めることで、インド国内で売られる
産業革命によって大量生産されたイギリスの綿製品への非買運動を行い、
スワデシー運動(インド製品を買うこと)を広めることで、
自給自足のインドを目指したのでした。



0701314
右手で糸車をまわし、左手で綿の引き加減を調節します。



すべての神経を集中させないと、スルスルっと糸が切れてしまいます。
聞こえるのは、ガラガラとうなる糸車の音だけ。


糸を紡ぐ時間は、仕事のことも、日常のことも何も考えない。
とにかく良い糸を紡ぐことだけを考える。


あぁ、なんて贅沢な時間なんだ、と思うと同時に、
ガンディーが言いたかったことが、うっすらと分かったように思いました。


ガンディー・アシュラムでは、毎朝チャルカで糸を紡いでいるそうです。
糸紡ぎでの精神統一は瞑想にも似ています。
精神をコントロールすることは、自分自身をコントロールすること。
エゴから生まれる闘争や差別が少しでも消えるように、と
ガンディーはチャルカにメッセージを託したのではないかと感じました。



0701315

時間がある時に少しずつ紡いでいます。
いつか、草木染めして、マフラーを織ろうと思っています。


********

後日、探していたチャルカが見つかりました。


0701316

グジャラート州の農家で使われていたチャルカ。
60年ほど前のチャルカで、アンティークです。
ガンディーの時代にも、使われていたのでしょうか。



0701317

細部にまで彫刻がしてあります。

せっかく買ったのですが、糸を紡げるまでに手を加えないといけないので、当分は眺めて楽しもうと思っています。



マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« デリーのピザレストラン | トップページ | もうすぐ夏 »

コメント

ほんとうに手の業はすべて瞑想に通じますね。昔はそういう手の仕事がたくさんあって、心が豊かだったのかなと思います。それにしても、糸紡ぎとはなんとも贅沢で豊かな時間をお過ごしで、すばらしいですね。日本語の「紡ぐ」という言葉のもつ響き、ニュアンスがまたいいですね。最近の人気の名前の一つに「つむぎちゃん」があったと思います。漢字は紬のほうだったかな? とにかく、珍しいものをご紹介くださって、ありがとうございます。ガンジーさんに思いを馳せることもできて、感謝です。

投稿: Green | 2007年2月23日 (金) 10時59分

> Greenさま
いつも嬉しいコメントをありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ございません。

そうですね。手の技は瞑想に通じますね。心を清らかにし、技を磨くことで五感を豊かにし・・・昔の美術や芸術に心に響くものが多いのもそのせいかもしれません。Greenさんのコメントから、改めて感じました。

インドでは、政府やNGOも含め、伝統工芸に就く職人を支援しています。そのため、身近に手紡ぎの製品に触れる恩恵を受けています。手紡ぎを通して、ガンディーの思想に出会えたり、インドの素晴らしい伝統技術を知ることができたり、とインドからたくさんのことを学ばせてもらっています。

投稿: 石井博子@ニューデリー | 2007年2月25日 (日) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/14015298

この記事へのトラックバック一覧です: チャルカで糸紡ぎ:

« デリーのピザレストラン | トップページ | もうすぐ夏 »