« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の2件の記事

2007年5月31日 (木)

07夏・マカイバリ茶園

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

マカイバリ茶園から戻ってまいりました!

0705311

デリーから飛行機で2時間半。
デリーと気温差半分のダージリンは、毎日23度前後と過ごしやすい毎日でした。


人々の笑顔と


そして

0705312

生命力を感じさせるセカンドフラッシュの茶葉。
例年にない恵みの雨が、マカイバリ茶園全体を活気付けていました。


今回の目的の一つである「環境特集」の取材。
マカイバリ茶園が環境保護にどのように取り組んでいるのか、が今回の取材のテーマだったのですが、バイオダイナミック農法などの茶栽培だけでなく、茶園で働く人々の日常生活まで掘り下げて、持続可能な自然との共生とは何なのか、と言うところまで取材をしてきました。


0705313
レンジャー部隊。
鳥と掛け合いをしています。


0705314
バイオガス。
一日一度牛糞からガスを作るだけで、料理やストーブに十分なガスを得ることができます。牛を中心に、マカイバリ茶園の人々の生活はより豊かなものに変わりました。


マカイバリ茶園で働く人々へのプロジェクトは後日、詳しくこのブログでご紹介いたします。



0705317
5月26日、大陸旅遊さんが実施してくださった「マカイバリ茶園エコツアー&ブータンの旅」で、4人のお客様が日本から茶園へいらしてくださいました。

茶園内にあるエコハウスで2泊3日滞在され、ラジャさんと一緒に茶園の散策や、コミュニティーの人々の生活を見学、そしてテイスティングなど、盛りだくさんの内容を楽しんでくださいました。なんと、茶畑では、卵を温めるヒマラヤキジにも出会うことができました!!!
こちらも後日詳しくご紹介いたします。


0705318

一週間のマカイバリ茶園での滞在。
「環境特集」の取材のお陰で、いつもとは違う視点から茶園を見、そして新しい発見をすることができました。毎回多くのことを学ばせてくれる茶園の人々には、本当に感謝です。


茶園での滞在記をブログでご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。



マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

デリーより

ダージリン・マカイバリ茶園のスタッフ日記。


久しぶりの更新になってしまい、申し訳ございません。

突然ですが、一昨日デリーへ戻ってまいりました。


暑い。とにかく暑いです。
ただ今、37度。


飛行機に9時間乗っただけで、気温差2倍の地に来てしまいました。


デリーはファーストサマー真っ只中。
7月中ごろからモンスーン(雨期)を迎え、
9月はじめには再びセカンドサマーに突入します。

0705205

三女のたまも、さすがに床の上でのびています。

0705201

我が家のベランダからは、グルモハールの真っ赤な花が見えます。
この花は夏の象徴。
私が住むグルモハール・パーク地区は、グルモハールの花でうめつくされています。



約2ヶ月ぶりのデリー。
あまりの暑さに、まだ外を歩いていませんが、飛行場から我が家への帰り道には、夜にも関わらず、建設工事が至る所で行われていました。

0705203

高架橋の建設中。
(信号が斜めに曲がっているのが気になりますが・・・)



でこぼこ道も舗装され、急ピッチで変化していくデリーですが、

0705204

オートリキシャに出会うと、変わらぬデリーに出会えてなんだかホッとしました。

気候が良くなり始めた東京から、突如サウナ並みのデリーに来て、インドに慣れている私でも、さすがに堪えています。


さらには明日からマカイバリ茶園へ一週間の出張。
強行軍です。


今回は、茶摘みが始まったばかりのセカンドフラッシュの取材、今週末に行われるマカイバリ茶園エコツアーで茶園を訪れる皆様のお出迎え、そして6月に茶園の取り組みをテレビの環境特集で取り上げていただくのでその取材です。


ダージリンは20度前後と、とても過ごしやすい気候。
茶園の森で、仕事の合間に体を休めようと思います。

次回の更新は、デリーに戻ってから。
マカイバリの最新の情報をお楽しみに!


マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »