« インドの伝統健康法 | トップページ | マンゴー博士 »

2007年7月 6日 (金)

チキン屋さん

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

週に一度、三女のごはんの具材を仕入れるために、チキン屋さんに行きます。

0707061


日本では「肉屋さん」といえば、牛や豚や鳥が売っていますが、インドでは鳥だけを扱う「チキン屋さん」が圧倒的に多く、その他の肉も扱うお店は少数派です。



0707062

チキン屋さん。
チキンはすべてさばいてあるので、安心・・・。(市場では生きた鳥がそのまま売っていて、目の前で絞めてくれるので・・・)

お肉は500g単位で小分けされているのですが、
以前、日本の感覚で「200gください」と言ったら、
「・・・?」の目をされました。

やはり大家族のインドでは、最小単位も大きいのです。

0707063

ここのチキン屋さんは、農園と提携しているので、新鮮なお肉だけでなく、生みたての卵や、野菜なども置いています。



0707064

その他、手作りのピザや、サラダ、マヨネーズやペースト類なども販売。



0707065

ホームメイドのブラウニーも!
ブラウニーと銘打っていながらも、ほとんどさっぱりとしたチョコレートケーキ。
ごてごてのケーキが主流のインドでは、貴重なケーキです。

0707066

こちらはオーガニックの蜂蜜。
さらさらしているのですが、コクがあって美味しい。
今までで食べた蜂蜜の中で、これが一番美味しかったかも。
ラベルが手書きなのもニクイ!



チキン以外に、様々な食材を扱うこのチキン屋さんですが、
日本人の感覚からすると意外なものも置いてあります。

0707067

ベジタリアン(菜食主義者)のための食材です。

インドでは宗教的にベジタリアンの人、
または自主的にベジタリアンの人がいて、
自宅でパーティーを開くときには、まずはその人がその日、
「何が食べられないか」を聞くことから始まります。

曜日によっては、いつもはお肉を食べる人も、
宗教的(神様にお願い事をする曜日があります)に、
その日だけベジタリアンになる人もいます。

ですので、ベジタリアン用の食材があると、
突然のベジタリアンの来客時にも重宝するわけなのです。

お国が変わると、お肉屋さんも随分と変わってくるのです。

*チキン屋さん情報*
DERA FARM
D-429 Defence Colony
tel: 24643491
川沿いにある民家の1階

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« インドの伝統健康法 | トップページ | マンゴー博士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/15676800

この記事へのトラックバック一覧です: チキン屋さん:

« インドの伝統健康法 | トップページ | マンゴー博士 »