« マンゴーフェスティバル | トップページ | マンゴーパーティー【食事編】 »

2007年7月14日 (土)

マンゴーパーティー

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

本日は、マンゴー博士と一緒に行った「マンゴーパーティー・その1」です。

ニューデリーから真北に車で約2時間。

0707141

マンゴーの森の道を抜けると



0707142
そこはマンゴー農園。
すでに、大勢の人で賑わっていました。



0707143

マンゴー農園のオーナー主宰のマンゴーパーティー。
樽にいっぱいに入ったマンゴーを、
とにかくお腹いっぱいになるまで



0707144

食べる



0707145

食べる



0707146

食べる!!!



0707147

どのマンゴーが美味しいか、においを確かめ



0707148

食べる。



今回こちらの農園で出されたのは、吸うタイプのマンゴー。
マンゴーのお腹を揉むと、頭が割れて、そこから果汁を吸います。
繊維が多いので、ナイフで切って食べることができません。


吸うタイプのマンゴーだと、思った以上に食べることができてしまい、気がつくと私は10個も食べていました。
マンゴー博士の子ども時代も、この吸うタイプのマンゴーを食べていたそうで、一日10人で500kg。


この日の気温は35度を超える暑さ。
暑さを一気に吹き飛ばしてくれる、面白グッズを発見しました。



0707149_1

トラクターのお尻に付けられた、巨大な扇風機。

使い方はこちら↓



07071410

マンゴーに熱中している人たちめがけて、強力な風を送り込みます。



07071411

庭のプールでは子どもたちが水遊び。



07071412

真っ青な空と



07071413

みごとなマンゴーの木。



インドでは人にプレゼントをする習慣が今でも残っています。
このマンゴーパーティーもその一つ。
マンゴー農園主が、その年の豊作を祝い、親しい友人家族を招き、採れたてのマンゴーを振舞うのです。

つづく

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« マンゴーフェスティバル | トップページ | マンゴーパーティー【食事編】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/15750059

この記事へのトラックバック一覧です: マンゴーパーティー:

« マンゴーフェスティバル | トップページ | マンゴーパーティー【食事編】 »