« マカイバリ茶園主の誕生日 | トップページ | デリーの電力事情 »

2007年8月28日 (火)

ラクシャ・バンダン

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

8月28日は、ヒンズー教のお祭り”ラクシャ・バンダン(Raksha Bandhan)”です。

0708281

Rakshaとは「守る」、
Bandhanとは「結ぶ」という意味。

姉妹が兄弟の手首に、魔よけや護符の意味を持つRakhi(ラキ)と呼ばれる紐を結び、兄弟の健康や平安を祈ると同時に、兄弟が姉妹のことを守る約束をする日なのです。

ラクシャ・バンダンの起源については、昨年のブログに詳しく載せてあります。
2006年ラクシャ・バンダン

0708282

ラクシャ・バンダン当日、マーケットにはラキを売る出店が臨時にお目見え。

0708283

午前中にラキを巻いてもらった彼は、プージャ(お祈り)の後にティッカ(おでこにサフランの粉と米粒を貼る)を付けてもらい、甘いお菓子を口にいれてもらった後、ラキをつけてもらったそうです。

日本では、兄弟や姉妹と言うと、2親等のみを指しますが、
インドでは、2親等はもちろん、「カズン・ブラザー」「カズン・シスター」、つまり、「いとこ」も2親等の兄弟姉妹のように考えているようです。

会話の中でも普通に「私のお兄さんが・・・」と話しだし、
よくよく聞いてみると、「いとこ」のことを普通に「My brother」と呼んでいることが普通にあります。

都市部では随分と核家族になってしまいましたが、
大多数のインドの人たちは大家族で住んでいます。
「カズン・ブラザー、シスター」は家族を大切にするインドの人たちならではの、インド英語のように感じます。

ラクシャ・バンダンでも、2親等の姉妹からだけでなく、カズン・シスターからもラキを巻いてもらうそうです。

0708284

ラクシャ・バンダンのセット一式。
プージャ用の粉とお米、それから甘いお菓子。
お菓子は甘いものであれば何でも良いようで、
このセットにはメントスが入っています。
それから大家族のために、ラキが2本。

階下に住む大家さん宅では、長男のお嫁さんがお兄さんにラキを結ぶために、朝早くからグルガオンの実家に戻っています。お嫁さんの妹は、この日のために、わざわざアメリカから一時帰国しているのだとか。

インドの人たちは、家族を大切にするのが印象的です。
インドでは「family」と言いますが、この場合「親族」と訳したほうが適していると思います。

「血のつながり」を大切にし、どんなに遠い親戚でも、血が繋がっていれば「family」であり、頻繁に連絡を取り合ったり、冠婚葬祭には必ず出席したり、と日本の私たちが思う「family」よりも、ずっと深く、温かいものを感じるのです。

* * * * * * * * * * * * * * * *

もし私に兄弟がいたら・・・

間違いなくこれを贈っているでしょう。

0708285

名づけて「愛の救急車」。

赤十字マークが、ハートなのがニクイ!

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« マカイバリ茶園主の誕生日 | トップページ | デリーの電力事情 »

コメント

初コメントです。

写真も豊富でインドでの日常が手に取るように伝わってくる素敵なブログですね。
写真がどれもインドカラー(?)がカラフルです。

また遊びに来ます。

blogを世界中の人に配信してみたくはないですか?
よかったら下記のサイトに是非ご登録下さい!

http://g2g.jp/
世界のブログを地図から検索! -G2G

宜しくお願い致します。

投稿: Matsui | 2007年8月29日 (水) 11時15分

> Matsuiさま
はじめまして。コメントを頂きましてありがとうございます。

さっそく御サイトに登録させて頂きました!
たくさんのブログの中から私のブログを見つけてくださってありがとうございます。
地図でクリックできるので、とても分かりやすいですね。早速他の方のブログにもお邪魔してみました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 石井博子@ニューデリー | 2007年9月 5日 (水) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/16272856

この記事へのトラックバック一覧です: ラクシャ・バンダン:

« マカイバリ茶園主の誕生日 | トップページ | デリーの電力事情 »