« ラクシャ・バンダン | トップページ | マザー・テレサ »

2007年9月 4日 (火)

デリーの電力事情

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

まだまだモンスーンのデリー。
毎朝空を見上げ思うこと、
「曇っているから、今日は大丈夫かな」。

ここ何日か大丈夫な日が続いていたけれど、
異常に蒸し暑かった昨晩、ついにアレが訪れました。

ブチっ。

あ、停電。

インドは増え続ける人口、加速する電力の需要に比べ、
電力の供給量が著しく不足しています。


私が住んでいるデリーでも、
マカイバリ茶園のあるダージリンでも、
停電は日常茶飯事。
あまりにも生活に密着している出来事なので、
ニュースになることもありません。


暑くなる→皆がクーラーを使う→電力不足→停電

(冬バージョンは、皆がヒーターを使う→電力不足→停電)

停電はいわゆる政府による「計画停電」で行われます。
政府官僚や外交官が住む地域はほぼ停電無し。
一般の住宅街でも、高級住宅街ほど停電が無い傾向。
郊外へ行くほど停電が頻繁にあります。
(これがデリーの現実・・・)


頻繁に訪れる停電。
対処法は大きく分けて2つ。

自家発電機や蓄電器によって急場をしのぐ方法。

0709041_2

一年を通してフル稼働の蓄電器。

そしてもう一つの対処法は
暑ければ家の外へ涼みに出たり、
寒ければ焚火で暖をとるなどの、
昔ながらの対処法。


インド政府は増え続ける人口に伴って、
確実に拡大している電力の供給を確保するため、
近年では核の平和利用についても実現させる方向で動いています。


それと平行して盛んに行われているのが
代替エネルギーの普及。

0709043

太陽光発電。
先見の明のある我が大家さんは、既に太陽光発電でシャワーのお湯を沸かしています。

新聞などでも、政府による太陽光発電の広告が掲載されていますが、
実際の普及率はそれほど高くないように思います。

我が家でも太陽光発電を取り付けたいのですが、
賃貸で屋根に工事をするのはさすがにマズイ、と言うことで
断念しています。


政府による計画停電。

我が家の地域では、平均一日2回。
日中に1回、夜に1回、各1時間ほど。

停電が終わり、
さて、テレビでも観るか、とテレビをつけると
ケーブルテレビの供給側が停電。

ならばインターネットでも、とネットを繋げると
プロバイダー側が停電。

無限の停電ループにはまることが
多々あります・・・。


マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« ラクシャ・バンダン | トップページ | マザー・テレサ »

コメント

はじめまして
インドの情報を興味深く拝見しました。
凄く参考になりました!
主人が現在ニューデリーに単身赴任しておりまして、度々おきる停電のことなどよく聞いております。^^;
来年か再来年、私と娘もニューデリーに住もうと思っているのですが、
衛生状態など気になること他いろいろありまして・・・
インドの情報はあまり多くないので、本当に参考になりました。
リンクさせていただきたいのですがよろしいでしょうか。
これからも楽しみにしてます。

投稿: ラッフルズ | 2007年9月 7日 (金) 22時06分

> ラッフルズさま
はじめまして。コメントをいただき、ありがとうございます。お返事が遅くなってしまい、申し訳ございません。

ご主人さまがデリー在住なのですね!デリーは日本と違ってハプニング続きですが、その分刺激があり、学ぶことも多いです。

実は、私は小さい頃をデリーで過ごしています。子どもの時に感じたことや、学んだことは、今でも鮮明に憶えていますし、ユニークな人生になった(なってしまった?)ことは、親に感謝しています。

是非是非、お嬢様をデリーにお連れになって、日本では体験することのできない、人生の「きっかけ」を作ってあげてください。衛生面などは、水と蚊に気をつければ、比較的安全だと思います。

リンク、是非よろしくお願いいたします!
ラッフルズさまのブログにも、立ち寄らせて頂きますね。美味しそうな写真がたくさんあって、日本が恋しくなりました・・・。

投稿: 石井博子@ニューデリー | 2007年9月16日 (日) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/16347313

この記事へのトラックバック一覧です: デリーの電力事情:

« ラクシャ・バンダン | トップページ | マザー・テレサ »