« 地球アゴラに出演します | トップページ | 地球アゴラ:インドのコンビニ »

2007年10月24日 (水)

インドのお祭りダシェラ

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

すっかり更新が滞ってしまい、申し訳ございません。
この一ヶ月間、日本に戻ったり、デリーでもばたばたとしていて、
ブログ更新から足が遠のいてしまいました。
頂いたコメントへのお返事も遅くなり、申し訳ございません。

先日、NHK BS1 「地球アゴラ」 の出演も無事に終え、
ずっと引きずっていた日本からの時差もなくなり、
ようやくデリーの日常生活に戻りました。

インドを離れていた2週間のうちに、デリーはすっかり秋になりました。
日中は30度前後、と日差しが強いものの、
風は涼しく、朝晩はタオルケットだけでは寒いくらいです。

こちらデリーは、ヒンドゥー教のお祭り、真っ最中です。
10月21日の「ダシェラ」の10日前からプジャ(お祈り)が始まり、
ダシェラの日には悪魔を燃やす儀式で大盛り上がり、

0710241
ラーマヤナの物語に登場する3人の悪魔。



そして、今は光と音のお祭り「ディワリ」をひかえ、
街中がそわそわとしています。

日本で言えば、お盆とクリスマスとお正月が一度に来てしまったようなもの。

この時期、人々は「ディワリ」に向けて、家の内装工事をしたり、
親戚にプレゼントを買ったり、はたまた賭け事をしたり、と
一年で最もお金を使います。

そして、ディワリの日に、富の女神であるラクシュミに祈りを捧げることで、新たに富が家に入ってくることを信じているのです。

我が家の大家さん宅でも、家中のペンキの塗り替えをしています。

********************************************************

10月21日のダシェラの日、我が家の前のグルモハール・クラブでも恒例の「ダシェラ・フェスティバル」。

0710243
叙事詩「ラーマーヤナ」の登場人物に扮した子どもたち

ダシェラ・フェスティバルのクライマックスは、
ラーマ王子が火のついた矢を3人の悪魔に放つこと。

0710244

最後の1人が燃え尽きると、会場からは拍手と歓声が!

「勧善懲悪」の意味のほかに、
人間の煩悩を燃やす意味もあるのだとか。

ダシェラの詳しいお話は昨年のブログをご覧ください。

悪魔の一人、クンバカルナは、怠け者でいつも眠っているそうで、
それを比喩して、インドでは怠けてばかりいる人を
「君はクンバカルナだ!」と言うそうですよ。

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« 地球アゴラに出演します | トップページ | 地球アゴラ:インドのコンビニ »

コメント

インド・・・素敵なところですね。
行ったことはないけれど、このブログを見ていたら行ってみたくなりました^^

投稿: cherry | 2007年10月26日 (金) 23時24分

> cherry さま
コメントを頂いておりましたのに、お返事が遅くなり申し訳ございません。

インド、面白いところですよ。ダイナミックで、カラフルで、飽きる暇がないで
す。是非一度いらしてください!

投稿: 石井博子 | 2007年11月 1日 (木) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/16862305

この記事へのトラックバック一覧です: インドのお祭りダシェラ:

« 地球アゴラに出演します | トップページ | 地球アゴラ:インドのコンビニ »