« インドのコンビニあれこれ2 | トップページ | インドの小売業・今、農村がアツイ! »

2007年11月 1日 (木)

インドのコンビニ舞台裏

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

インドのコンビニ特集を締めくくる本日は、
インドに初めてオープンした24時間コンビニ
Twenty Four Seven の舞台裏です。



0711011

Twenty Four Seven Retail Stores Private Limitedの社長
Mr. Samir Modi。

彼は、インドのタバコ産業で第二位のシェアを誇る
The K.K. Modi Groups の会長 K.K. Modi の孫。

血の繋がりを大切にするインドでは
親族でビジネスをするのが一般的です。

経済成長率9%を誇るインド市場で、遂に登場した24時間オープンのコンビニ。Mr. Samir Modi は出店を進めるにあたって、日本、マレーシア、台湾、フィリピンなどへ視察に訪れたそうです。

「セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ampm、サークルK・・・。全部見てきましたよ」。

その中で特に参考にしたのがフィリピンのセブンイレブン。
市場の動向や購買層がデリーの都市部と似ているのだとか。



0711012

G.K.Ⅱ内にある店舗の店長は、フィリピン出身の方。
商品の陳列法や、商品開発、接客などのアドバイスを担当されています。



0711015

Twenty Four Seven で着実に売れ行きを伸ばしているのが、
独自に開発した惣菜類。

それまでインドにはパックされた惣菜のコンセプトはなく、
あっても冷凍食品でした。



0711016

電子レンジで温めればすぐに食べられる惣菜類は、
若年層や主婦層に圧倒的な人気を誇っています。

実はこの惣菜類。ヒントは日本にありました。



0711014

熱にも強い容器は、日本で使用されているものと同じものを採用。



0711013

サラダのパッケージも日本と同じもの。
ダイエット志向の高まるインド市場を見据え、ドレッシングは低脂肪。



「コンビニエンス」+「トレンド」+「高級」を打ち出す
Twenty Four Seven。

しかし、2005年6月に第一号店をオープンした当初から、
世間の風当たりは決して穏やかなものではありませんでした。

Twenty Four Seven のオープンと時を同じくして、
インド各地に、スーパーマーケットが誕生しました。
代表的なものとして、Reliance Fresh、Big Appleがあります。

古くから家業として小売店を営んでいた人々は、
新星のごとく現れた新しい形態の小売店に客を奪われることを恐れ、
インド各地で暴動を起こし始めたのです。

これを危惧したインド政府は、
いくつかの州で、コンビニを含むスーパーマーケットの全面撤退を命令。
今でもスーパーマーケット業界と小売店業界は一触即発の状態が続いているのが現状です。

そのこともあり、インド各地のスーパーマーケットでは、
写真撮影や取材などを一切拒否しているのです。

しかしインドは人脈を大変大切にする国。
私の知り合いと、Mr. K.K. Modi が旧知の間柄であったことから、
Mr. Samir Modi も快く取材に応じてくださったのです。
しかも、撮影当日には、わざわざご挨拶にまで来てくださいました。



日本でも報道されている通り、インドは今、変わりつつあります。
人口ピラミッドが綺麗な三角形を描いているインド。
購買層となる若年層はこれからますます増えていきます。

「近日中に175店舗をオープンする」。
実現する日もそう遠くないと感じます。




マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« インドのコンビニあれこれ2 | トップページ | インドの小売業・今、農村がアツイ! »

コメント

こんにちはラッフルズです。
いつも興味深く拝見しています。
インドにもコンビニエンスがあるのですね!驚きました。
主人に早速話したところ、主人が住んでいるKALLASH COLONYところから車で20分くらい先にあるらしいです。
それにしてもチンして食べられるお弁当的なものや、サラダなど、本当に衛生面でも心強くなるお店ですね。
コンビニエンス トレンド 高級 なるほど~と思います。

これからインドは乾季?に入るのでしょうか。
主人は最近風邪をこじらせてようやく治りかけたみたいですが、薬の作用なのか乾燥からなのか、指先が腫れて皮がむけてきたなんていうんですよ・・・・。
お願いだから大きな病院に言ってと言ってあるのですが、
男の人ってそういうの後回しにするんですよね・・・。

投稿: ラッフルズ | 2007年11月 1日 (木) 21時52分

> ラッフルズさま

お返事が遅くなり、申し訳ございません。
いつも嬉しいコメントをありがとうございます。
私もコンビニの出現には驚きました。今は車で行く距離ですが、そのうち店舗数が増えて、歩いて行けるコンビニになる日も、そう遠くないように感じました。


ご主人さま、心配です。
お返事が遅くなってしまいましたが、もしまだ完治されていないようでしたら、ご参考までにお読みください。
薬を飲まれた、と言うのは、インドの風邪薬でしょうか?インドの薬は、日本人にとって強すぎするので、あまり飲まないことをお薦めします。デリーは乾期に入りましたが、指が腫れるのはちょっとおかしい症状です。インドには日本にない病気がたくさんありますので、腫れがひかないようでしたら、一度病院に行かれたほうが良いと思います。(インド特有の病気は日本のお医者さんでは分からないこともあるので、インドのお医者さんをお薦めします)

病院は「日本人会の生活の手引き」に載っています。私はMAX(マックス)へ行っています。アポロは大きすぎて待ち時間が長いのでお薦めしません。

病院で診察してもらって、症状を確認してから、日本から薬を取り寄せるのが安心かと思います。

どうぞお大事になさってください。

ラッフルズさんのブログ、興味津々で読ませて頂いています。おいしそうなごはんが並んでいて、日本が恋しくなりました。。。レシピを拝見すると、インドの材料でも作れそうなものがあったので、挑戦してみようと思います!リンクも貼っていただき、ありがとうございます。

投稿: 石井博子@ニューデリー | 2007年11月18日 (日) 00時16分

はじめまして。興味深く読ませていただきました。将来、できたらインドでビジネスをしたいと思っているので、また何か面白い話題があれば是非教えてください!

投稿: マサムネ | 2009年1月 9日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/16944067

この記事へのトラックバック一覧です: インドのコンビニ舞台裏:

« インドのコンビニあれこれ2 | トップページ | インドの小売業・今、農村がアツイ! »