« 蘭の花咲く街カーシオン | トップページ | 明日、地球ラジオに出演 »

2007年12月13日 (木)

雲の上のダージリン

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンの
インド駐在ブログ。

マカイバリ茶園のある街、カーシオンから車で1時間半、
ガタガタの山道をのぼっていくと、
イギリス人の避暑地だったダージリンに到着します。

0712111
メイフェア・リゾート・ホテル

ここは、イギリス植民地時代にインド人によって建てられた建物。
もともとマハラジャの人の所有物で、後にホテルとして改築されました。

オーナーはマカイバリ茶園主のラジャさんとお友達。
イギリス植民地時代から続いていること、
インド人によって創業され、今でもインド人によって経営が続いていることなど、このホテルとマカイバリ茶園は共通点がたくさんあります。


0712112


ダージリンの街の標高は約2300m。
マカイバリ茶園は約1300mですので、目の前に広がる風景も随分変わってきます。日差しが強いため、朝夕の寒暖差が激しく、そのため霧や雲が発生します。
この霧が、紅茶作りに最適な気候なのです。


0712113

手前はホテル、奥の山の斜面がダージリンの家々です。
「雲の上で生活している」、なんだか幻想的ですね。


0712114


ホテルから10分くらい遊歩道を歩くと、街の中心街チョウラスターに到着。
上の写真は、紅茶農園主のための会員制クラブ「ティープランターズ・クラブ」のテラスから撮影したダージリンの商店街。遠くに見える山は、ヒマラヤ山脈の一部、カンチェンジュンガです。


私は、マカイバリ茶園には年に少なくとも3回は行きますが、ダージリンの街は、白内障キャンプの時だけ。
一年に一度訪れる街は、ヨーロッパからの観光客だけでなく、インド国内からの観光客も年々増えています。そして、冬は人もまばらで閑散としているのに、ここ数年で人が多くなり、活気に満ちてきているのが印象的です。

ユネスコ文化遺産に指定されている「トイトレイン」、
ヒマラヤ山脈を一望できる展望台「タイガーヒル」も
ダージリンの街を拠点に観光します。


ご興味のある方、是非一度訪れてみてください!

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン


|

« 蘭の花咲く街カーシオン | トップページ | 明日、地球ラジオに出演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/17362465

この記事へのトラックバック一覧です: 雲の上のダージリン:

« 蘭の花咲く街カーシオン | トップページ | 明日、地球ラジオに出演 »