« インドのクリスマス | トップページ | シェカワティ旅行記・1 »

2008年1月 1日 (火)

2008年 謹賀新年

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

2008年、明けましておめでとうございます。

旧年中は、このブログへお越し頂きありがとうございました。
このブログがご縁で、メディアのお仕事を頂いたり、
皆様から頂いたコメントから新しい発見をさせて頂いたりしました。

特にメディアでの取材を通して、インドの方とより親しくなる機会に恵まれたことは、私のインドでの生活を色鮮やかにしてくれただけでなく、家族の大切さ、温かさを改めて学ばせてくれた場でもありました。

ブログへお越しくださった皆様、
コメントを寄せてくださった皆様には
改めて心からの感謝を申し上げます。

もっと積極的に、もっと大胆に!
そう思い始めた年末。
ダージリン以外はほとんどデリーにこもっていた私が
シェカワティへ旅立ったのも、
ブログで皆様にお伝えしたい、と思ったからだけでなく
もっといろいろなことに挑戦してみたい、
もっといろいろなことに触れて、感情を豊かにしたい、と思ったから。

2008年は、デリーを飛び出して、いろいろなインドを皆様にご紹介できれば、と思っています。

新年最初の写真は、シェカワティで写したお気に入りの写真です。

0712311


0712312


0712313


シェカワティで出会った人々は、みんな笑顔が素敵な美男美女でした。


本年もインド・デリーから様々なインドをお伝え致しますので
どうぞ末永くお付き合い頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。


2008年 元旦
石井博子@ニューデリー

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« インドのクリスマス | トップページ | シェカワティ旅行記・1 »

コメント

明けましておめでとうございます。

インドのことは数学がすごいというぐらいのイメージしか持っていない私のような日本人にとってこのサイトはとても面白いです。

今年もよろしくお願いします。

投稿: 腰に病気で痛い男 | 2008年1月 2日 (水) 04時36分

> 腰に病気で痛い男さま
明けましておめでとうございます。コメントを頂きましてありがとうございます。
面白いと言って頂けて嬉しいです!今年はデリーの生活だけでなく、もっといろいろな州を旅行してみたいと思っていますので、盛りだくさんのインドをお届けできると思います。またお立ち寄り頂けますと幸いです。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 石井博子@ニューデリー | 2008年1月 3日 (木) 01時16分

おめでとうございます。
何はともあれ新しい年を迎えました。
今年もブログが楽しみです。
よろしくお願いいたします。

投稿: ドモホルンリンクル@電話 | 2008年1月 3日 (木) 12時03分

インドのお正月ってどんなか、とても興味ありますね。

投稿: 大学偏差値@ランキング | 2008年1月 3日 (木) 21時02分

あけましておめでとうございます。
素敵なサイトですね。
インドの写真からは日本にはない色を感じます。
更新を楽しみにしています。
また、伺わせていただきます。

投稿: やや&ロレックスの時計 | 2008年1月 3日 (木) 21時32分

> ドモホルンリンクル@電話さま
明けましておめでとうございます。コメントを頂きましてありがとうございます。
2008年はデリーを飛び出し、色々なインドをブログでお届けしたいと思っていますので、これからも当ブログへお立ち寄り頂けましたら幸いです。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


> 大学偏差値@ランキングさま
コメントを頂きましてありがとうございます。
私の住むデリーでは、お正月はあっさりとしたものでした。ヒンズー教の人にとって11月のディワリが、私たち日本人にとってのお正月のようなものなので、それが過ぎてしまった年末年始は、クリスマスから続くパーティーの一環だったように感じます。若い人たちは、カウントダウン・パーティーを深夜まで楽しんでいましたが、ほとんどの人は、家族で夕食をとった後、早めに就寝し、新鮮な気持ちで新年を迎えるそうです。
元旦も、デリーではオフィスもお店も通常通り営業していました。お国が違うとお正月の過ごし方も随分変わるんだなあ、と驚きました。


> やや&ロレックスの時計さま
明けましておめでとうございます。コメントを頂きましてありがとうございます。
本当に、インドの写真からは日本にはない色があると私も思います。特に今回訪れたシェカワティは、真っ青な空と、砂漠のコントラストが印象的でした。インドの砂漠地方では、女性の衣装が色鮮やかで、ミラーワークという鏡を洋服に縫い付けるのが特徴です。その昔、広大に広がる茶色い砂漠の中で、女性たちは、鮮やかな衣装と、太陽に反射するミラーワークで、自分の居場所を示していたのだそうです。
これからも色々なインドをお届け致しますので、またブログへ訪れて頂けますと幸いです。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


投稿: 石井博子@ニューデリー | 2008年1月 6日 (日) 06時25分

あけましておめでとう☆今マケドニアから書いています。環境系の仕事でインドに行ける可能性があって、もしかしたら会えるかも!と期待したのですが、行けなくなってしまいました。ページが沢山あって全部は読みきれていないけど、一緒に行ったインドは懐かしく愛おしい場所でもあるので、また行きたいと思うし、インドのいい所を残しながら発展してほしいと思うので、ゆっくり読ませてもらいます。これからも楽しいブログを期待してます♪

投稿: いけだともみ | 2008年1月24日 (木) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/17549224

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 謹賀新年:

« インドのクリスマス | トップページ | シェカワティ旅行記・1 »