« Indian Mastersゴルフトーナメント | トップページ | アジアクロスロードに出演します »

2008年2月13日 (水)

Indian Mastersゴルフトーナメント2

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

本日は昨日のつづきです

インドのゴルフファンを夢中にさせた4日間。
この大会を制したのは、なんとインド出身のS.S.P. Chowrasia 。
キャディーの子どもとして育った彼が、世界一流の選手を制して、
しかもこのインドで優勝したことは、インド中のゴルフファンを沸き立たせました。

翌日の新聞には、”スーパー・チューズデイ”を文字って
”スーパー・サンデイ”と一面に大々的に掲載され、
その日ちょうど行われたクリケットの試合と共に、
”インドの2大スポーツの大会が行われた日曜日”と
紹介されました。

さて、今回のゴルフは実は人間だけが楽しんだのではなく、
デリー・ゴルフ・クラブに住む愉快な仲間たちも観戦を楽しんだのでした。

4日間のトーナメント。
普段はフェアウェイ上で寝転んだり、走り回ったりしている動物たちも
さすがに追い払われ、最初の2日間はおとなしくしていたのですが・・・・・。


3日目には我慢しきれなくなり・・・


0802111
孔雀の女性陣。 ちょっとちょっと、あの選手かっこい~。

0802112
僕の羽、綺麗でしょっ!


こらこら君たちっ! と叱られても、やいのやいのと次々と登場。


あれっ?ゴルフ場の人気者、ハニーちゃんはどこへ行った?

0802113
あたしはここよ。テレビ中継なら任せて。


ハニーちゃん、ちゃっかり中継車の助手席を陣取って、ゴルフ観戦していました。

人間が大好きなハニーちゃんはゴルフ場の人気者。
トーナメントの前日に行われた親善試合では、12番ホールから18番ホールまで人間と一緒に移動し、エルス選手が最終パットを決めようとしたときにはグリーンに登場。オメラ選手に頭を撫でてもらって上機嫌。


デリー・ゴルフ・クラブは世界でも珍しく、大都会に立地するゴルフ場です。都市開発が進む前、デリーには豊富な緑があり、動物たちが野生のまま生息していました。しかし開発とともに、都市部の緑は減り、動物たちはこのデリー・ゴルフ・クラブへ逃げてきたと言われています。体長2メートルを超える鹿、ジャッカル、みみずく、鷲、孔雀、猿、犬、猫、マングース、りす、そして無数の鳥たちが、ゴルフ場の森(ブッシュ)の中で生活しています。

動物たちには、ゴルフ場の会員でもある獣医さんがつき、いつでも無料で診察が受けられるシステムになっています。


そんなこんなで、愉快な仲間たちも4日間を満喫したのでした。

*******************************************************

コメントを頂いておりますのに、お返事ができず申し訳ございません。
すべてのコメントを、嬉しく読ませて頂き、励みになっております。

これからも引き続き、当ブログへお立ち寄り頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


石井博子
ニューデリーより

*******************************************************

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« Indian Mastersゴルフトーナメント | トップページ | アジアクロスロードに出演します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/40106309

この記事へのトラックバック一覧です: Indian Mastersゴルフトーナメント2:

« Indian Mastersゴルフトーナメント | トップページ | アジアクロスロードに出演します »