« デリーの遺跡 7-5 ロディ王朝(LODHI DYNASTY)5th City of Delhi | トップページ | デリーの遺跡 9-1 ムガール王朝(Mughal rule) シャー・ジャハナ・バード(Shah Jahanah Bad)7th City of Delhi »

2008年9月29日 (月)

デリーの遺跡 8-1ムガール王朝(Mughal rule) プラナ・キラ(Purana-qila) 6th City of Delhi

インド・ニューデリー駐在員がお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

インドに出張中の石井洋子がお届けします。


ムガール王朝 (Mughal Rule1526-1857)の統治

ムガール王朝は南インド、ベンガル地方、ペルシャとの国境
まで奥深く王国を広げていきました。

1650年まで王国の首都はアグラでしたが、デリーには
プラナ・キラ(Purana-qila)に第6番目の都市を造りました。

モンゴル人は、ペルシャ建築様式に非常な感化を受けて
自分達特有のスタイルの建築物を追求しました。美しい
建築物が多く残されています。

ムガール軍隊の有力な指揮官クラスは、ラジプット(Rajput)
の有力者との異なる人種との結婚を積極的に行い、英国が
デリーを攻撃し征服者になるまでインドに住んでいました。

ラジプットは、デリーに1052 年に攻めてきて王国をつくった
アジメール人です。勇敢で気品があり、身体も大きく
立派だったのでムガール王国から尊敬をされたのでした。

Photo_11
≪プラナ・キラは入場料を払って入ります。整備されています。≫

Photo_12
≪城壁≫

Photo_13
≪延々とつながる城壁跡。幅広く、頑丈につくられています。≫

Photo_14
≪モスク≫

Photo_15
≪お墓≫

Photo_16
≪お墓≫

Photo_17
≪図書館≫

Photo_18
≪入浴場の跡。火を焚く場所があり、暖かい水が流れるように
  設計されている。≫

Photo_19
≪植木屋さん。間もなく涼しい季節をむかえるので、
植木屋さんも忙しくなります。≫

                            続く

 


|

« デリーの遺跡 7-5 ロディ王朝(LODHI DYNASTY)5th City of Delhi | トップページ | デリーの遺跡 9-1 ムガール王朝(Mughal rule) シャー・ジャハナ・バード(Shah Jahanah Bad)7th City of Delhi »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/42633776

この記事へのトラックバック一覧です: デリーの遺跡 8-1ムガール王朝(Mughal rule) プラナ・キラ(Purana-qila) 6th City of Delhi:

« デリーの遺跡 7-5 ロディ王朝(LODHI DYNASTY)5th City of Delhi | トップページ | デリーの遺跡 9-1 ムガール王朝(Mughal rule) シャー・ジャハナ・バード(Shah Jahanah Bad)7th City of Delhi »