« デリーの遺跡 4-2 奴隷王朝クタブ(Qutub-Tin-Aibaq)2nd City of Delhi | トップページ | デリーの遺跡 5-2 キリジ・シリ (Khilji-Siri )2nd city of Delhi »

2008年9月18日 (木)

デリーの遺跡5-1 キリジ・シリ (Khilji-Sili ) 2nd City of Delhi

インド・ニューデリー駐在員がお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

インドに出張中の石井洋子がお届けします。


奴隷王朝クタブの最後の頃になると、中央アジアからのトルコの
支配も弱くなり、総督の統率力も衰えた1290年に、トルコ族の
キリジ・シリ国(Khilji-Siri)アラウディン(Allauddun)に、征服を
されます。

キリジ・シリ国の支配者アラウディン(Allauddun)は低いカースト
の人間でしたが、外的から人々を守る多くの城壁を残し、イスラ
ム教の大学をつくり、貯水池をつくったりと、その1320年までの
30年間の治世は高く評価されています。

この頃中央アジアでは、モンゴル人ティンギスカンの征服が
始まっていました。デリー近くにもたびたび攻撃をしてきてい
ましたので、支配者アラウディンは、モンゴル人からの攻撃に
備えて、城壁の外で生活をしている人たちを守るために広大な
城壁をつくります。この城壁の都市がデリー2nd City と呼ばれ
ています。

その広大な城壁が、1982年にアジア大会の会場になった、
現在のシリ・フォートとパンチシラ(Panchshecl )地域になり
ます。都市への水の補給地域はハウスカス・ヴィレッジ
(Hauzkhas Village)です。
貯水池の傍には立派なイスラム教の大学の遺跡が残って
おり、現在でも美しい広大な池と大学の遺跡は散歩コース
として多くの人々の憩いの場になっています。

Photo_5
≪シリ・フォート城壁。 ラル・コット時代よりも高く造られています。≫


Photo_2
≪シリ・フォートの人々の水補給貯水池。現在でもアヒルが泳ぎ、憩いの場になっています。≫


Photo_3
≪CHOR MINAR  犯罪人の首をつったり、保管をしたりしていた塔で、人々にみせしめとしていました。≫


Photo_4
≪シリ・フォート城壁前のお茶屋さん。朝のひと時を新聞を読んだりしてチャイを楽しんでいます。
 城壁は現在は鉄の柵で保護されています。中は公園になっています。≫

|

« デリーの遺跡 4-2 奴隷王朝クタブ(Qutub-Tin-Aibaq)2nd City of Delhi | トップページ | デリーの遺跡 5-2 キリジ・シリ (Khilji-Siri )2nd city of Delhi »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/42515116

この記事へのトラックバック一覧です: デリーの遺跡5-1 キリジ・シリ (Khilji-Sili ) 2nd City of Delhi:

« デリーの遺跡 4-2 奴隷王朝クタブ(Qutub-Tin-Aibaq)2nd City of Delhi | トップページ | デリーの遺跡 5-2 キリジ・シリ (Khilji-Siri )2nd city of Delhi »