« デリーの遺跡 10-1  ムガール王朝(Mughal rule) 番外編 6代目オウランガゼーブ | トップページ | デリーの遺跡 10-3  ムガール王朝(Mughal rule) 番外編  バハンダル・シャー・ザハー(Bahandur Shah Zafar) »

2008年10月 9日 (木)

デリーの遺跡 10-2  ムガール王朝(Mughal rule) 番外編 モハンマド・シャー

デリーの遺跡 10-1  ムガール王朝(Mughal rule) 

インド・ニューデリー駐在員がお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

インドに出張中の石井洋子がお届けします。


1707年粛清政治を行ったオーランガゼーブ死後、人々は
詩、ダンス、音楽など、楽しむようになりました。

ペルシャとの交流も多くなり、1735年のモハンマド・シャー
(mohammad Shah)王の時代は、華やかな宮殿生活に
なりました。

しかしペルシャ王に攻められて、コヒンドル(Kohindoor)という
値段もつけられない世界一大きな立派なダイヤモンドを、
ペルシャ王に持っていかれてしまいます。

ペルシャ王はモハン・マド・シャーがターバンの中に
コヒンドルのダイヤモンドを隠していることを秘密に知り、
お互いに兄弟になるには、ターバンを取り換えようと提案して、
ペルシャにダイヤモンドをもっていってしまったのです。

このコヒンドルのダイヤモンドについては、その後も転々と
国々を行き来して最後にインドに戻ってきたそうです。

ムガール王朝の最後の王バハンダル・シャー・ザハル
(Bahandur Shah Zafar)は、非常な高レベルの詩人であると
ともに非常に弱い王でもありました。王としてレッドフォート
(RED Fort)の宮殿の中だけにいて国の統率をしていました。
ムガール王朝最後ザファー王が残した有名な詩を次号で
ご紹介します。

                      続く

下記写真4枚はフマユン朝時代1528年から1529年に作られた
ジャマリーカマリ(Jamali-Kamali)の宮殿、モスク、お墓、井戸
です。この庭園の中で生活していた様子が残されています。
お墓の中の美しい彩色が残っている様子の写真は
明日掲載します。

Cimg1523
≪ジャマリーカマリ(Jamali-Kamali)遺跡跡。現在は中を散歩できます。≫

Photo
≪ジャマリーカマリ(Jamali-Kamali)宮殿跡≫

Photo_2
≪ジャマリーカマリ(Jamali-Kamali)遺跡の跡≫

Photo_3
≪ジャマリーカマリ(Jamali-Kamali)遺跡の中にある井戸≫

Photo_4
≪ジャマリーカマリ(Jamali-Kamali)お墓の建物の入り口≫

Cimg1470
≪遺跡の中のジャングルに生息している孔雀≫

Photo_5
≪遺跡跡のジャングルは山羊の散歩道でもあります。≫

                                         続く

|

« デリーの遺跡 10-1  ムガール王朝(Mughal rule) 番外編 6代目オウランガゼーブ | トップページ | デリーの遺跡 10-3  ムガール王朝(Mughal rule) 番外編  バハンダル・シャー・ザハー(Bahandur Shah Zafar) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/42736230

この記事へのトラックバック一覧です: デリーの遺跡 10-2  ムガール王朝(Mughal rule) 番外編 モハンマド・シャー:

« デリーの遺跡 10-1  ムガール王朝(Mughal rule) 番外編 6代目オウランガゼーブ | トップページ | デリーの遺跡 10-3  ムガール王朝(Mughal rule) 番外編  バハンダル・シャー・ザハー(Bahandur Shah Zafar) »