« 秋摘みオータムナルフラッシュ | トップページ | サイクロン義捐金の御礼 »

2009年10月31日 (土)

茶園散策

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

マカイバリ茶園訪問記をお届けします。

マカイバリ茶園の広さは670ha。すべてが茶畑ではなく、茶園の2倍の広さの原生林をそのまま残しているユニークな茶園です。原生林の中にはトラが2頭、豹が18頭、猿、鹿などの動物が野生のまま生息しています。

6

茶畑の中には7つの村があり、1700人の人々が生活をしています。

ラジャ氏の日課は茶畑を10km近く歩くこと。私もマカイバリ茶園を訪れると、必ずラジャ氏と一緒に茶畑を歩きます。

2

今回は大きな発見がありました。マカイバリ茶園のレンジャー部隊(村から選ばれてつくられた部隊で、毎日原生林を歩いてトラや他の野生動物の生息を観測している。)がラジャ氏に「トラが近くにいて鹿を食べた!」という報告をしました。

3

それは歩いている場所から近かったので、ラジャ氏はすぐにでも見に行くということで、レンジャー部隊の一人と早いスピードで歩きだしました。私にもカメラを持ってくるようにということで、何も分からずにラジャ氏の後を追いました。

4


場所は、茶畑のすぐ横の原生林。急な坂を下り、足元が不安定な中を必死でラジャ氏の後を追いました。人間が歩くような道はなく、何度か転びそうになってたどり着いた場所に、トラが食べた鹿の内臓の残骸が残っていました。

5

トラは一度に25Kg以上の肉を食べるらしく、人間が近づいたので逃げたそうです。あたり一面には、トラのマーキングをしたきつい臭いがあり、まだトラが近くにいると思うと怖くなりました。

自然の中で人間と動物、植物が共存しているマカイバリ茶園。動物の世界を少しだけ見ることができた一日でした。
その日の夜は、トラの話でラジャ氏と盛り上がりました。

1
【ダージリンの動物園にいるベンガル虎。マカイバリ茶園にいる虎2頭もベンガル虎です。】

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« 秋摘みオータムナルフラッシュ | トップページ | サイクロン義捐金の御礼 »

コメント

こんにちは☆
ラッフルズです(以前コメントを書かせていただいたことがあります)
マカイバリ茶園は原生林を残した林に囲まれて育っているのですね!とてもピュアな香り、そして風味豊かというのは、こういう環境も必要なんですね(^^)
それにしても、虎が農園に出てくるとは、驚きです。
野生の虎はアフリカに生存・・というイメージが強かったので。そういえば日本の来年の干支は寅ですね!

先日、ニューデリーに単身赴任している主人が一時帰国しまして、その時にマカイバリ紅茶を沢山買ってきてくれました。毎日美味しくいただいております。

投稿: ラッフルズ | 2009年10月31日 (土) 20時18分

penguin…こんにちはscissorsdash
虎とトラの区別がつきにくい所がなんともですヨッ…pigdash
虎の食べ物も農園の中には沢山いるのでしょうネッ…scissors
半袖で散策出来る位温かいのですネッ…pigdash
今年はクリスタルフラッシュ出来ますかネェーッ…sign02

投稿: ベライド | 2009年10月31日 (土) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/46631430

この記事へのトラックバック一覧です: 茶園散策:

« 秋摘みオータムナルフラッシュ | トップページ | サイクロン義捐金の御礼 »