« マカイバリ茶園の工場 | トップページ | Delhi Auto Expo. 2010 »

2009年11月21日 (土)

ダージリンへ

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。
マカイバリ茶園訪問記をお届けしています。

更新が遅くなりまして申し訳ありませんでした。マカイバリ茶園訪問記をお届けします。

マカイバリ茶園に滞在するときは、必ず1日はラジャ氏と奥様のシュリパさんがダージリンの街に連れて行ってくれます。

ダージリンの街へはマカイバリ茶園より車で2時間かかります。ひたすらカーブの多い山道を登っていきます。

ダージリンは、ネパール・ヒマラヤ山脈南東麓の標高2248メートルに位置します。天気の良いときは、カンチェンジュンガ(8586メートル)やエベレスト(8848メートル)などのヒマラヤ山脈を望むことができます。地名はチベット語で「雷の町」を意味します。イギリス人が開いた避暑地として開発したので、街並みはイギリスの影響を受けています。
Top1
【ダージリンのイメージ:弊社エコツアー案内の写真より】

今回連れて行ってもらったところは、ダージリンの街にある高級リゾートホテル「Mayfair Hill Resort」。
1

奥様シュリパさんの同級生がオーナーを努めるこのホテルは、高級リゾートホテルとして世界から多くの観光客が宿泊します。今回のマカイバリ茶園エコツアーのお客様もこのホテルに宿泊しました。

3

「リゾート」という名にふさわしく、ゆったりとした時間をダージリンで過ごせることができるようにホテルです。

7

まず、バーでインドワインである「Sula(スーラ)」で乾杯。フランスの技術を導入して、インドで生産している代表的なワインで人気があります。昼間に飲むワインは、ほろ酔い気分になります。

8

ラジャ氏と奥様の会話は、お酒がはいると更にすすみます。このときは昔のダージリンの話が中心でした。

9

ワインの後はダイニングルームにて、インド料理のビッフェの昼食を食べました。スープにサラダ、カレーはチキン、マトン、野菜など多くの種類がありました。ここのビュッフェは宿泊されているお客様にも好評です。

ダージリンでゆったりと過ごした1日でした。

マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

|

« マカイバリ茶園の工場 | トップページ | Delhi Auto Expo. 2010 »

コメント

インド料理のブッフェ素敵ですね。
ダージリンの畑?の写真もとてもきれいです。

投稿: サンカラーマックス ケンコー | 2009年11月26日 (木) 13時41分

ビュッフェはとてもいい雰囲気ですね。
こんなところでカレーを食べたいです。

投稿: オルニチン サプリメント | 2009年12月18日 (金) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/46804097

この記事へのトラックバック一覧です: ダージリンへ:

« マカイバリ茶園の工場 | トップページ | Delhi Auto Expo. 2010 »