« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の3件の記事

2010年9月27日 (月)

インドの獣医さん

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

さて、前回に引き続き、今回もインドの獣医さんです。


我が家の三女(猫)のたまが18年間お世話になっているマヘンドラン先生が、
長年の夢を叶えて新しいクリニックをオープンしました。


1009261
清潔で明るい受付


この新しいクリニックは、インド建設業の大手「DLF」との共同経営です。敷地の広さ、設備の充実さは、さすがDLF。(野球場くらいの広さ)
マヘンドラン先生の腕の良さはさることながら、約10人の獣医さんが交代で24時間常勤する丁寧な診察を目指します。


1009262
犬専用の診察室
若い女性の獣医さんも働いています


今までは、小さな診察室で犬も猫も一緒でしたが、新しいクリニックは、犬と猫は別々です。音に敏感な猫に配慮したそうです。(ちなみに猫は鳥と一緒の診察室。患者の数が少ないからだそうです)


1009263
救急の犬の処置室


このクリニックは、朝8時から夕方の6時までが一般診療、その後は急患や手術となります。24時間態勢で患者のケアをし、犬は同時に5匹、処置ができます。


1009264
犬の宿泊施設 with イケメン先生


1009265
宿泊2日目のバッファちゃん (シェパード・1歳・メス)


1009266
犬が思いっきり走れるドッグラン


1009267
砂遊びだってできますよ


飼い主様が旅行で羽を伸ばしている間、お犬様は清潔な個室に、ドッグランに、トリミング。具合が悪くなれば、お医者様が24時間態勢で完全ケア。


1009268
火災、防犯セキュリティーはオート化


全館 空調設備が整っていたり、外との出入り口には蚊や虫が入らないようにエアーカーテンが設置されていたり、インドで最も見落とされている動物への衛生面に、徹底的なこだわりを感じました。




22年間、朝から夜遅くまで、日曜日もなしに、一日にデリーとグルガオン両方のクリニックで診察し、たくさんの動物達の命を救ってきたマヘンドラン先生。

その真摯な姿勢と情熱が、強力な共同経営者との縁をつくり、先生が今まで夢見てきた、たくさんの動物達が快適に治療を受けられる施設、そして後継者を育てる場を、現実のものとしたのです。


清潔な受付で診察を待っているとき、今までの18年間の思い出が走馬灯のように頭を駆け巡り、先生の努力がこのように形になったことに、目頭が熱くなりました。




先生の新しいクリニックは下記の住所です。

CGS Animal Hospital
住所:Plot no. 2204, Block S, DLF Phase III Gurgaon
電話: 0124-4115580, 82
mail: cgsanimalhospital@gmail.com


***・・・***・・・***・・・***


1009269
おいしそうなカツオブシ持ってるのね!


お陰様で、歯石をとってから、見違えるほど食欲旺盛、元気いっぱいです。
マヘンドラン先生、ありがとう!


Website: マカイバリジャパン(マカイバリ茶園アジア・日本総代理店)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

18歳で歯石とり

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

前回の記事で、
「モンスーンはあけたの?」なんて、のんきなタイトルをつけていますが


1009191


晴れていた過去3日分の雨が一気に、どっかーんと降り、

1009192
(無惨に放置されたリキシャ・・・)


ルンルン気分でたまと一緒に獣医さんに行くはずが、


1009193


生きた心地のしない旅となりました。

たまの獣医さんは我が家の近所で、車で10分の距離でした。
しかし今回電話してみると、グルガオンに引っ越したとか。
もともと3年ほど前から、新しいクリニック建設の話は聞いていたので
1時間かけて通うのは大変だな、くらいにしか思わなかったのですが、
運悪く、こんな雨の日に通院とは。。。


途中、何度も引き返そうかと悩んだのですが、
明日からはコモンウェルス・オリンピックの道路規制が始まるし、
月曜日は確実に渋滞で車が動かなくなるので、
何が何でも今日行かなくては! と思い、車がエンストしないことを祈りながら
2時間かけてクリニックに到着しました。


1009194


たまが18年間お世話になっているマヘンドラン先生。
(たま、ナイスカメラ目線!)

たまは先生のことが大好き。
先生のたくさんいる患者さんの中で、たまは最長齢のひとり。
こんなに元気で長生きできるのも、先生の的確な処置のおかげです。


さて、歯石とりですが、
無事に麻酔無しで奇麗にしてもらいました。
12歳の時にも麻酔無しでしてもらったので、今回も大丈夫だろう、とのことで
18歳でも麻酔無しで歯石とりをしてもらいました。
(たまは獣医さんでは優等生。暴れたりしません。 エライぞ、たま!)


「歯石・口内炎」は猫飼いさんなら誰でも持つ共通の悩み。
日本にいれば色々な情報を入手できますが、インドにいるとネットからの情報のみ。
しかも、インドでペットと言えば、99%は犬。
猫飼いさん同士の情報交換もできません。
今回の歯石とりは、18歳と高齢なこともあり、悩みに悩んだ末の決断でした。。。かれこれ3年ほど。


今晩は、食後にヒーヒー痛がりませんし、食欲もびっくりする程、もりもり旺盛です。
マヘンドラン先生に感謝!


次回は、今回新しくなったマヘンドラン先生のクリニックをご紹介します。
きっと、デリー近郊(もしかしたらインド全体)で最新の設備と広さを誇るクリニック誕生です!
先生が独立開業されてすぐに、たまがお世話になっているので、約20年間の先生の真摯に働く姿を側でみてきた私にとって、この新しいクリニック誕生は大変感慨深いものがありました。


***・・・***・・・***・・・***

今晩も外は雨。
モンスーンは一体いつあけるの〜!!!


Website: マカイバリジャパン(マカイバリ茶園アジア・日本総代理店)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

モンスーンはあけたの?

インド・ニューデリーからお届けしている、マカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


15年ぶりの雨量を記録した2010年のモンスーン。

1009181


いったい何カ月続いたのだろう。
しとしと雨でなく、バケツをひっくり返したような雨。

1009182


インドの人との約束は、雨が理由でほとんどキャンセル。
雨があがれば、道の半分が川のようになり、大渋滞。

コモンウェルス・オリンピックの工事渋滞も重なり、デリーの住み難さはMAX状態。


でも、この数日でモンスーンが終わったような感じです。

あ〜、これで洗濯物を気にせずに外出できる!
(何度雨に泣かされたことか・・・)


そんな訳で、心が晴れ晴れとしたところで、
明日はずっと気になっていた、たまの歯を診てもらいます。

1009183

猫の天敵、歯石がひどくなり、この数ヶ月の湿気でさらに可愛そうなことに...
気の毒だけれど、麻酔無しで歯石取りをしてもらいます。
インドの戦友には、長く元気でいてもらわないと困りますからね。

明日は朝一で、グルガオンの獣医さんへ行ってきます。
日曜だから、渋滞が無いことを願っています!


Homepage: マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »