« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の5件の記事

2010年12月31日 (金)

2010年ありがとうございます

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


2010年最後の日なのに、普段の月末を迎えているニューデリー。
クリスマスはあんなに賑やかだったのに... やはり、サンタクロースとかツリーとか、シンボルがないと盛り上がりに欠けるのだろうか。。。


ラッキーなことに「トシコシ ソバ、タベ ニ キマセンカ?」と誘われました! 「イエス! モチロンダヨー!!」とやって来たのは

10123108


またまた ai restaurant。
誘ってくれたのは、ai restaurant のシェフ、ヴィクラム(写真を撮るのを忘れました)。ai restaurant の立ち上げの頃から家族ぐるみで親しくさせてもらっています。


10123109
鴨そば。


10123110


油っぽくなく、あっさりしていて美味しかった。ふと、自分が海外にいることを忘れていました。


***   ***   ***   ***   ***

2010年、皆さんにとって、どんな一年でしたか?
私は、本格的にインドでの長期駐在が決まり、右往左往しているうちに今日がやってきた感じです。インド人、日本人、多くの方々のご好意に助けられ、時には落ち込んだりもしたけれど、なんとか歩を進めることができました。

私の家族の中心にはいつもインドがあり、マカイバリ茶園があります。時々、「なぜ私はインドにいるの? これからどうするの?」と自問自答しますが、人生の最初の記憶がインドの白い牛である私にとって、「なぜ」とか「これから」とか深く考えても、「インドにいる理由」はずっと見つからないと思います。波に逆らわず、日々を機嫌良く、全力で生きていく。その先に、道が見えてくる。それが私と私の家族の生き方なのだと思っています。


2011年も、私は猫のたまと一緒にインドにいます。たまは19歳になります。心強い人生のパートナーです。


本年も、ブログをご訪問くださりありがとうございました。また、マカイバリ茶園を支えてくださった皆様にも、心より感謝申し上げます。


2011年が皆様にとって実り多き一年でありますことをお祈り申し上げます。

2011年、どんなインドをお届けできるか、楽しみです!


2010年12月31日
有限会社マカイバリジャパン
Ishii Trading Private Limited
石井 博子 @ インド・ニューデリー

Web: マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ち上げ@ai restaurant

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


年末の香りがまったくしない、ニューデリー。

10123106


普通に、月末の仕事をしに、会計士さんのいるコンノートプレース(Connaught Place)へ行ってきました。(デリーっ子は格好良く略してCPと言います)


10123107

赤いバギーはアイスクリーム屋さん。寒いので、きっと売れ行きは悪いだろうな。

会計士さんのところでは、和やかに打ち合わせ。今年も本当にお世話になりっぱなしでした。彼がいてくれるので、弊社も経理や税務に関しては心配がありません。感謝です。


その後は、少しでも年末気分を味わおうと、打ち上げランチ@ai restaurant。もちろん、ひとりで。

10123101


先週あたりから、打ち上げはぜったいに「ちらし寿司」と決めていたので、大満足。


10123102

築地から運ばれてくる魚です。年末のため、日本人は一時帰国で、店内はインド人と私だけ。みんなお寿司を食べていました。


10123103

ゆずシャーベット。これは絶品!!!


5、6年前にオベロイホテルでドバイから仕入れてくるお刺身が食べられる!と、デリー在住の日本人が大興奮しましたが、今では殆どの5スターホテルで寿司メニューがあります。それに、インド人経営の寿司屋(デリバリー専門)もあり、あっと言う間にデリーに寿司が根付きました。(バンガロールには昔からお寿司を出してくれる日本食レストランがありました)


aiでは、大和屋さん(日本食材店)で買い物をした後に、aiに寄ったインド人のお客さんもいて、インドの一部の層の人たちに、どんどん日本食が浸透しているのが伺えました。

打ち上げ後は、食後の散歩。で、もちろん↓

10123104
(甘い物は別腹)


今年インドに進出したハーゲンダッツは、値段は日本と同じで高めですが、いつもお客さんが入っています。


食べて、歩いて、また食べての繰り返しで、気がついてみたら、またまたエンゲル係数の高い一日でした。


2010年最後の日は、年越し蕎麦に誘われたので行ってきます!
(また食べる)


***   ***   ***   ***   ***


10123105

寒い、たまさん。
クリスマスプレゼントのヒーターだけでは「寒い!」とミャーミャー訴えてくるので、私の湯たんぽをあげました。ごきげん。


web: マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

インドのクリスマス

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


年末ですが、クリスマスの回想録を・・・。


10123001


ヒンズー教のイメージが強いインドですが、最近ではクリスマスも楽しむようになりました。(多分、インドの大都市のみでしょうが)


10123002


せっかくなので、私も街へ繰り出しました。


10123003


すごい人!
さすが人口世界第二位を誇るだけあって、ちょっと何かあると、すぐに人が集まります。


ご参考までに、↓が普段の風景。


10123004


クリスマスなので、ギフトを買っている人もいましたが、殆どは私のように雰囲気を楽しみに来た人ばかり。階級制度が残るインドでは、新しいもの(ショッピングモールやメトロやカフェなど)に「来る人」、「来ない人」が自然と分かれます。中には、入り口の検問でおもむろに断られるケースも何度か目にしました。このショッピングモールではそのようなことは今まで見たことがありませんでしたので、ただ単に彼らが来なかっただけなのでしょうが、クリスマスの日は、大勢の人たちが訪れていました。


***   ***   ***   ***   ***

イギリスから独立したばかりの頃、デリーでは上流階級の人たちがクリスマスを祝っていたそうです。家にはクリスマスツリーを飾り、聖歌隊がクリスマスキャロルを歌いながら街を歩いたそうです。

その後次第にクリスマスは廃れていき、私が18年前にインドに来た頃は、クリスマスは普段の平日と同じ日でした。(キリスト教の人は別です)

5年くらい前からでしょうか、街に「Merry Christmas」の看板がちらほら現れ、次第に街がイルミネーションで飾られるようになりました。

感じるのは、この広がり方は日本と同じで、宗教的に楽しむのではなく、ひとつのイベントとして楽しんでいること。パーティー好きの彼らにとって、最高の「パーティーをする理由」になります。ですので、その日は家族で厳かに過ごすのではなく、カップルや友達と一緒にパーティー、パーティーなのです。


***   ***   ***   ***   ***

クリスマスの日から、デリーは急に寒くなりました。
最高気温が15度。通常ならば23度ほどなのに、太陽が出なくて寒い!
でも、日本はもっと寒いのでしょうね。

さて、年末。
私はこれから会計士さんのところへ打ち合わせに行ってきます。

まったく、平日と同じ、ワーキングデイなのであります。


web: マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

Merry Christmas from INDIA!

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

10122501


霧が立ちこめる、真っ白な朝を迎えたデリーから、
Happy Merry Christmas!!


web:マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

ラジャさんとIITでカレーディナー

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

ラジャさん(マカイバリ茶園主バナジー氏)とデリーで会いました!

10113001_2

場所は、IIT(Indian Institutes of Technology・インド工科大学)。理系では超難関校です。かつて、ラジャさんも、この大学に在籍していました。


10113002_2

こちらは、ラジャさんが宿泊しているゲストハウス。円形の建物に、素敵な中庭。キャンパスはまるで一つの街のようで、校舎、運動場の他に、学生寮や関係者の家、スーパーマーケットや銀行など、学生は緑豊かなキャンパスで何不自由することなく勉学に励むことができます。


10113003_2

ゲストハウスの食堂。この日は学会で、インド全国から科学者が集まっていました。

10113004_2

ご機嫌なラジャさん。左の方は、IITでForest Management を研究しているラケッシュ教授の奥様です。今回、ラジャさんはIITの学生に「環境保護と経営」について講義をします。「人間」、「農産物(マカイバリでは茶)」、「原生林とその中で暮らす野生動物」が共存し、さらに収入を得ながら(経営)前へ進んでいる、マカイバリの実践を紹介します。

10113005_2

ラジャさんの妹アナンニャは体調が悪く食事は参加しませんでしたが、IITの警備部門トップのご夫妻、ラケッシュ教授ご夫妻、そしてラジャさんと私の6人で夕食を共にしました。


ラジャさんは次の日、世界中で好評を頂いている著書「The Rajah of Darjeeling Organic Tea - Makaibari」の版元Cambridge University Press India の方と打ち合わせ、そしてその次の日はトラ保護地区のRanthambhore(ランタンボー)へ行きます。


***   ***   ***   ***   ***

マカイバリ茶園ではまだ秋摘みが行われています。暖冬のため、まだ新芽が芽吹いているのだそうです。

10113006

写真は、キャンパス内で行われていた結婚式パーティー。白馬も、楽隊もいました!


Website: マカイバリジャパン(マカイバリ茶園アジア・日本総代理店)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »