« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の6件の記事

2011年2月22日 (火)

黄金メニュー & 地域飼い2

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


お腹がすいた夜9時。
と、あるマーケットに出没する私。

11022201

目的のレストラン前で、でぶりんワンコを発見。


11022202


きっと君よりも、私の方がお腹がすいて倒れそうだ。


インド人の夜ご飯は夜9時頃スタート。
(ちなみに、マカイバリ茶園は夜10時スタート!)
夜遅くにお腹いっぱい食べた後、すぐに寝るのが幸せなのだとか。


そんなインド人時間で、私も夜ご飯。
大混雑するレストランで、ようやく席を確保できました。


11022203ミニ ターリー(小定食・北インド料理)
パニール・マッカーニ(チーズのトマトクリームカレー)、ダール(豆カレー)、ごはん、パニール・パラタ(チーズをはさんで焼いたチャパティ)、ヨーグルト

11022204マサラドサ(南インド料理)

ドサ(米の粉から作られたクレープ。中にはカレー味のジャガイモ煮)、ココナッツとコリアンダーのソース、写真には写っていませんがサンバール(酸味のあるスープ)

この2つのメニューは、私の中で黄金の組み合わせ。
(甘い、クリーミー、ボリュームありで、危険な組み合わせでもありますが)
ベジタリアン料理が好きなので、どこへ行っても必ず頼むのは、ダールとパニール・マッカーニ。そして、小腹がすいた時や、持ち金が少ない時は必ずマサラ・ドサ。インド生活で、一体何枚のドサに助けられたのだろう。

あ〜満腹、と外へ出ると、


11022205_2


さっきのワンコも幸せそうでした。


***   ***   ***   ***   ***


日本でインド料理と言えば、北インド料理のタンドリーチキンやナンが有名ですが、実は南インド料理のドサもお勧めしたい一品です。価格もリーズナブル(約70ルピー:約140円)で、デリーっ子に大人気。


今回私が来たレストランは
EVERGREEN
S-30, Green Park Market, New Delhi
tel: 011-26514646, 26856774, 26566208

清潔で美味しくてリーズナブルで、ご飯時はいつも満席です。

web: マカイバリジャパン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

コメントへのお返事


いつも、「インド駐在ブログ:マカイバリ紅茶日記」をご訪問頂き、
また、コメントを残して頂き、ありがとうございます。


皆様から頂いたコメントへのお返事ですが、
コメントを頂いた、次の記事の最下部に、表示させて頂いております。


今後とも、当ブログへお立ちより頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


web:マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

地域飼い

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


日中、20度以上になるニューデリー。すっかり春の気候になりました。
今年のホーリー(水と色のお祭り)は3月19日。
ホーリーを過ぎると、一日ごとに1度あがる、と言われるほど、一気に夏に突入です。

そんなデリーですが、夜はまだまだ肌寒い毎日です。

11022001


と、あるマーケットのクリーニング屋さん。


注意深く中を除くと


11022002


ワンコが気持ち良さそうに眠っています。
機械の排気口から温かい空気が出るのを知っているのでしょう。


11022003


お店の人も、お客さんも、犬を追い出すことはありません。


デリーでは、至るところで犬を見かけます。一般的には野良犬と呼ばれますが、善意有る人が餌やり、手術、首輪つけ、冬にはジャケットを着させるなどの面倒をみてくれています。また、その犬が住んでいる場所(主に住宅地やマーケット)では、犬も住民の一部として追い出すことはせず、みんなで温かく見守っています。地域飼いと言うのでしょうか。


11022004


このマーケットの犬たちは、肉屋さんがお世話をしています。みんな、毛並みも体格も良すぎるくらい。


昨年10月に開かれたコモンウェルス・オリンピックでも、会場となった場所に住んでいた犬達は一時的に郊外に避難させられ、大会が終わるとまた元の場所に戻されました。


犬だけでなく、猫も牛もリスも猿も、みんなデリーの住民。人間と共存している姿を見ると、いつも心が穏やかになります。


web: マカイバリジャパン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

Tej Farm (Strawberry Farm)でオーガニック野菜!

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


オーガニック野菜を買いに

11021801


デリー近郊の農場「Tej Farm」へ行ってきました!


Tej Farm は通称「Strawberry Farm」。


11021802


11021803


農場に入ってまず迎えてくれたのは、たくさんのイチゴたちでした!

さて、本日はディーラジくんが野菜選びのお供です。

11021804
「マダム、チャロ (マダム、さあ行きましょう)」。


11021805水菜


11021806人参


11021807トマト


この農場の良いところは、目の前で収穫してくれること。
味見もOK。贅沢です!


11021808野菜の種類が豊富!


11021809

やっぱり、イチゴははずせません。


11021810

今回は、イチゴ5kgに、水菜、しゅんぎく、セロリ、イタリアンパセリ、白菜、人参、にんにく、ねぎ、トマト、ブロッコリー、たまねぎ、からし菜を購入。


セロリは甘くて柔らかい。
人参は、果物のように甘くて香りゆたか。
からし菜は、柔らかくて、酢みそ和えにしたら美味しかった。
にんにくは、しょうゆ漬け。
白菜としゅんぎくは、すき焼き風煮込みうどんに。
5kgのイチゴは、インドの友人に分け、余った分はイチゴジャムにしました。


新鮮なオーガニック野菜が、こんなにたくさん手に入るなんて、本当に贅沢。


場所は、日本人学校から車でグルガオン方面に約20分の距離。サルタンプールのファームハウスの一角にあります。場所が分かりづらいので、電話で確認してから行かれてください。

Tej Farm
Tel: 011-26802877


***   ***   ***   ***   ***

Tej Farmは、デリーから40分の距離なのに、そこに広がっている景色や、聞こえてくる音、流れる穏やかな空気は、まるで別世界にいるよう。


web: マカイバリジャパン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

なぜそこに

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

横断歩道のど真ん中。

11021701

なぜそこに、花壇がある?

***     ***     ***     ***     ***

最近、心がけて街を歩くようになって気がついた事は、「デリーは歩行者に優しくない街」ということ。膝丈の段差があったり、穴が開いていたり、マンホールの蓋がずれていたり・・・。


で、写真の花壇は、車のU-ターン防止のために、横断歩道と言う機能を全く無視して作られたのだと思います。


***     ***     ***     ***     ***
コメントへのお返事

ブガッティ様
お返事が遅くなり申し訳ございません。
Make My TripだとVISA cardが使えると思います。
確実な旅行日程を確保したい場合は、ジャイサールメール・ジョドプール間は車が便利です。


web: マカイバリジャパン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

第6回白内障キャンプ 延期のおしらせ

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


本日は残念なお知らせです。


11013101

3年ぶりに再開されるはずだった第6回ダージリン白内障キャンプが延期となりました。


延期理由は、ゴルカ(Gorkha、またはグルカ・Gurkha)のストライキ。
ゴルカは、ネパール山岳部に住む民族ですが、1840年代にダージリンの紅茶産業の働き手として、ダージリンと国境を接するネパールから移り住み、現在でもその末裔が茶園で働いています。

ダージリンは西ベンガル州に属していますが、この広大な州から(州都のコルカタからダージリンまでは飛行機で約1時間)、ゴルカが多く住むダージリン一帯を、ゴルカランド自治州として独立したい、というのが、ストライキの理由です。


産業は紅茶と観光だけで、港も天然資源もない小さなダージリンが、ひとつの自治州となることは非現実的で、現地の人曰く、それはストライキを起こしているゴルカも重々承知で、ストライキはもはや彼らのアイデンティティを示す手段にすぎないのではないか、との理解もあります。


私もストライキに何度も出くわしていますが、彼らは住民に危害を加えることはせず、公道を車が通るのを禁止するとか、店はすべて休みにするなどの、嫌がらせ的なことしかしません。全く、双方にとってメリットのない抵抗なのですが、こんなストライキがここ30年近く続き、そのことでダージリンの紅茶産業がダメージを受けていることも事実です。


この問題を説明すると長くなりますので、また時期をみてブログでお伝え致します。

第6回白内障キャンプの再開は、3月下旬から4月初旬を目処に調整しております。
埼玉医科大学眼科学教室 教授の米谷 新(よねや・しん)先生はじめ、ご支援頂いている企業の皆様、そして応援して頂いている皆様には、ご迷惑をお掛けしておりますことを心よりお詫び申し上げます。詳細が分かり次第、ホームページ、メルマガ、ブログでお伝え致します。


web: マカイバリジャパン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »