« 初摘み紅茶DJ-1:製茶 | トップページ | 政情不安、出荷停止 »

2011年3月27日 (日)

初摘み紅茶DJ-1:テイスティング

インド・ニューデリーから届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


さあ、出来上がった紅茶がこちら!

11032712


2011年度、マカイバリ茶園で最初に出荷される紅茶「DJ-1」。
「DJ」とはダージリン、「1」とは出荷番号。


記念すべきこのDJ-1は、世界でマカイバリジャパンのみの限定販売となります。マカイバリ茶園主バナジー氏と、マカイバリジャパンを営む石井ファミリーとの長年の深い絆から、バナジー氏が毎年DJ-1を日本用に確保してくれるのです。


そして、テイスティング!

11032715

「Super! Outstanding!! (すばらしい!)」と、ラジャさん。


11032713


茶摘み一カ月前に十分な雨が降ったため、昨年よりも香りが際立って良く、味に雑味が無く、春摘み特徴のグリニッシュな味が、時間の経過とともに奥深い味に変化していきます。どんな劣悪な気候条件においても、真っ向から向き合い、研究と試行錯誤を重ね結果を出す、マカイバリのどんよくなまでに茶を突き詰めるその姿に、改めてプロ根性を感じました。


そして何と言っても、2011年マカイバリのDJ-1は、

11032714

「アンカット リーフ」。
茶葉を裁断せず、茶葉美しい姿をそのまま残しました。


一般的に、商品陳列の場所を節約するために、茶葉は裁断されます。ホールリーフの茶葉も、もちろん裁断されています。ラジャさんの考えでは、なるべく人間の手を加えず、茶葉本来の形を残した方が、香りも味も際立って良くなる、とのこと。


ラジャさんの助言通り、2011年のDJ-1はアンカット リーフで、日本に入荷致します。


2010年の末から、念入りに土作りを行い、葉が最も茶摘みに適している時に摘まれ、丁寧に製茶されたDJ-1。職人技がキラリと光るDJ-1は、日本に向けて発送の準備が整いました!


11032716


つづく


web: マカイバリジャパン


|

« 初摘み紅茶DJ-1:製茶 | トップページ | 政情不安、出荷停止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/51225895

この記事へのトラックバック一覧です: 初摘み紅茶DJ-1:テイスティング:

« 初摘み紅茶DJ-1:製茶 | トップページ | 政情不安、出荷停止 »