« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の2件の記事

2011年7月28日 (木)

ジャイプールへの旅

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


2011072701

「ナマステ。 僕、ラジュー。12歳」

正面から見るとかわいいけれど、

2011072702

横から見ると、顔が長くてビックリ。


2011072703

先日、何年かぶりにインド旅行をしました。

2011072704風の宮殿

目的地はジャイプール(Jaipur)。
デリーから南へ車で6時間。赤土の建物が並ぶこの街は、別名ピンク・シティと呼ばれています。

2011072705

デリー、タージマハルのあるアグラ、そしてここジャイプールは、ゴールデントライアングルと呼ばれる観光地。街では、アンベール城で仕事を終えた象が家路に向かう姿に出会えます。


今回の旅の目的はキャメルライド。

2011072706

ジャイサルメールのような本格的なものではないけれど、小一時間のキャメルライドは、村の人々の日常が垣間みれて、デリーとは違ったインドに触れあえます。


2011072707

らくだのラジューとそのボス。
普段は農業で生計を立て、週に3日ほど、観光客(インド人、外国人)のためにラジューと一緒に仕事をするそうです。

2011072708

宿は、古い小さなお城を改装したホテル。
夜にはホテル内で結婚式があり、宴は朝方まで。遠くから聞こえてくる嬉しそうな話し声と、インド音楽を子守唄に、このお城で生活していた人に想いを馳せながら眠るのも、また幻想的なものでした。


今回宿泊したホテル
Chomu Palace hotel
ジャイプール市街から車で1時間

キャメルライドはホテルでアレンジしてくれます。


web: マカイバリジャパン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

茶園訪問記:2011セカンドフラッシュ 2

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


Mbsf2011062207

モンスーン(雨季)を迎えたマカイバリ茶園。

豊富な雨量のため、茶畑の草木がぐんぐん勢い良く伸びていきます。農薬を使えば、一般的に雑草と言われている草木も成長が止まり、手入れが楽なのかもしれません。


Mbsf2011062209

しかし、40年以上にわたりすべての敷地(670ヘクタール)で農薬を一切使わないマカイバリ茶園では、草木や、茶木にからまるツルを手で取り除いていきます。そして、それをマルチングとして表土に敷き詰めます。モンスーン季、突如として訪れる大雨の際も、敷き詰めた草木が、強く降りつける大粒の雨から土を守り、土砂崩れを防いでくれるのです。


Mbsf2011062208

さらに余った草木は、牛糞と混ぜ、ミミズ入りの堆肥として生まれ変わります。茶畑には、上の写真のような囲いが至る所にあります。45日を過ぎると肥沃な堆肥となり、茶畑に撒きます。この土こそが、マカイバリの心臓部。無数の微生物が住み、健康な茶木を育てます。


Mbsf2011062210


茶畑には機械を入れず、すべて人の手で作業が行われます。
水分補給に、と近くの村の人が飲み水を持って来てくれました。


マカイバリの原生林からは「ジージージージーッ」と無数のセミの声が聞こえてきます。この声が聞こえてくると、これから4時間は雨が降らないのだとか。心を素直に自然に耳を傾けると、自然からたくさんのことを教えてもらえるのですね。自分がいかに殺伐とした中にいたのだろう、と、はっと気づかされます。


Mbsf2011062211_3


豊かな大地に育まれ、たくさんの人の手によって作られたマカイバリ茶園の紅茶。この日も、前日に製茶された15種類の紅茶が、茶園主ラジャさんにテイスティングされるのを待っていました。


茶畑に笑顔が戻り、製茶工場では滞りなく職人たちが集中して働いてくれる。そんな淡々と流れる日々をどれだけ待ちわびたことか!


2011年、ダージリンに30年ぶりの平穏な日々が訪れています。


web: マカイバリジャパン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »