« ジャイプールへの旅 | トップページ | ラクシャバンダン、独立記念日、あっと言う間の一週間 »

2011年8月10日 (水)

獣医さん、ありがとう

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

11081002
「みなさんお久しぶり。たま です」 (2010年1月29日撮影)


1年ぶりに、インドを離れていました。
デリーに戻って1週間。

11081001_3大好きなソファーで (2009年3月14日撮影)


今日ようやく、たまが大好きだったマヘンドラン先生にご挨拶をしに行きました。(インドの獣医さん、 18歳で歯石とり


いつもお忙しいマヘンドラン先生ですが、19年間で初めて、こんなに長い時間、そして穏やかな表情でお話をして下さいました。


藤のバスケットを両手で抱え、電子辞書と分厚い「猫の病気辞典」が入ったバッグを斜めがけにし、血相を変えて病院に駆け込んでいたあの頃は、先生も、私も、たまも、みんな必死で、こんなにリラックスしてお話できたのは初めてだったのです。

11081003大好きな屋上で湯たんぽを枕に日向ぼっこ (2011年1月2日撮影)


異国の地で、ネットは電話回線、キャットフードさへ街で売っていなかった頃、マヘンドラン先生の助言は本当に心強いものでした。ワクチンを打たない、我が家の方針を理解して下さり、「オーガニック猫・たま」 のために、投薬も検査も最少限にして下さいました。心から信頼できる獣医さんに出会えたことは、本当に幸せでした。


たま と過ごした19年と12日。インドは大きく変化しました。
1990年初頭、海外からの衛星テレビが入った途端、若者はジーンズをはくようになりました。でもジーンズはお洒落着なので、センタープレスでアイロンです。土漠の村だったグルガオンにDLFが高層ビルを建てたのもこの頃です。まさか20年後の今、無数の海外企業がオフィスを構え、地上30階にインドの人が生活するとは想像もできませんでした。

メトロができて、ショッピングモールができて、誰もかれもが携帯電話を持っていて。


そんなインドが激変した20年を、デリーで目の当たりにできたのも、たま のお陰です。そしてマカイバリ茶園と出会えたのも。


今日で、あの日から108日が過ぎました。

おーい、たま。一度くらいは夢の中に出てきておくれー!


web: マカイバリジャパン

|

« ジャイプールへの旅 | トップページ | ラクシャバンダン、独立記念日、あっと言う間の一週間 »

コメント

はじめまして。インドのことで調べものをしていたら、
こちらのサイトをたまたま見つけました。
たまちゃんかわいいなあと思ったら、既に亡くなったとのことで驚きました。お別れの時はさぞ大変だったでしょう。でも、20歳近くまで生きたなんて素晴らしい生命力です。いつの日か夢の中で再会できますように。

投稿: 松原弥之 | 2011年8月12日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/52445401

この記事へのトラックバック一覧です: 獣医さん、ありがとう:

« ジャイプールへの旅 | トップページ | ラクシャバンダン、独立記念日、あっと言う間の一週間 »