« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の13件の記事

2011年9月29日 (木)

AVANI ラシミ・ファミリー

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


先日、AVANIのラシミ・ファミリーにお会いしました。


このブログでのご紹介は久しぶりです。
今回は家族が一人増えての賑やかなラシミ・ファミリー!


2011092901


ママになったラシミと、いたずら盛りのタンビ・3歳。
去年10月に会った時はまだ赤ちゃんの顔だったのに、すっかり顔立ちもシャープになって、お喋り大好きな女の子になっていました。


タンビがあまりにも動き回るので、写真は一枚だけ。しかも顔半分。

2011092902


そして、パパになったラジニッシ。
相変わらず穏やかな人柄で、タンビを溺愛しています。

ラシミ・ファミリーはベジタリアン(菜食主義)なので、南インド料理レストランで夕食にしました。

2011092903


南インド料理は、インドの人たちに大人気です。


今回は初めて、ラシミ一押しのSet Dosa(セットドサ)を食べてみました。

2011092904


通常ドサは、薄いクレープ状なのですが、セットドサは厚みがあります。


2011092905


こんなに分厚い!パンケーキのようです。
味はギーの味。例えるならば、バター味のパンケーキ。


少し脂っこいですが、食べ慣れると美味しい!


そして仕上げはこちら。


2011092906

南インドコーヒー。

インドは紅茶の生産地で有名ですが、実は南インドでは美味しいコーヒーも作っています。酸味が強く、あっさりとしているのが特徴ですが、チャイのように濃く煮出し、ミルクとたっぷりの砂糖を入れて飲むと、インド食を締めくくる美味しい飲み物になります。

反対に、これくらい強い飲み物でないと、香辛料と油たっぷりのインド料理には物足りなく感じるほどです。

私も、この小さなカップに砂糖を2杯入れて飲みました。

たくさん食べて、たくさんお喋りして。
気持ちは一気に、ヒマラヤのふもとの、AVANIへ。


と、言うことで、来月半ば、、AVANI へ行ってきます!


AVANIのページはこちらから

***     ***     ***

<頂いたコメントへのお返事>

コメントを頂きありがとうございます。

シッキムでの大地震。
マカイバリ茶園には、毎年何百人の外国人が訪れますが、
今回の地震で、海外からたくさんのお見舞い電話がきているそうです。
人の心に光がともれば、どんなハードルでも越えられると信じています。
私も勇気づけの大切さを改めて感じました。


web:マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

シッキム大地震:茶園の様子

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

昨日、マカイバリジャパンのスタッフが無事にマカイバリ茶園から戻って参りました。


茶園からバグドグラ空港までの約1時間の山道では、数か所の土砂崩れがあり、今でも通行止めになっている道もあるようですが、飛行場まで車でたどり着けるようになったそうです。

2011092301

地震の後、茶園のマネージャー・デブ氏と一緒に、被害の一番大きかったフルバリ村を訪れました。

2011092302

コンクリートの壁には大きな亀裂が。

2011092303


家の土台にも。

地震がどれだけ大きかったかが伝わってきますが、全壊する家も、けが人もいなかったことが不幸中の幸いでした。ただ、地震に慣れていない茶園の人々の心はまだ落ち着かず、今でも会えば地震の話になり、お互いに励ましあっているそうです。


2011092304


しかし、くよくよしてもいられません。
地震の次の日でも、茶園の人々はいつも通り、茶畑で笑顔をみせてくれました。

2011092305


2011年は豊富な雨量に恵まれ、昨年よりも収穫量が増えています。
地震が起きても、茶葉は休むことなく生育していきますので、良質な茶葉を収穫するためには、人間も休んではいられません。

2011092306


もちろん、茶園主ラジャさんも茶畑を歩き、働いている人を励まし、冗談を言って、皆を笑顔にさせています。

以前、茶園の村の人と話した時、「僕たちは茶園主が一緒にいてくれるから、とても安心できるんだ。困った時はいつだって相談に乗ってくれるし、必ず助けてくれる」と生きいきと話してくれたのを思い出しました。


マカイバリ茶園では、茶園で働いている人たちと茶園主ラジャさんが一丸となり、秋摘み紅茶・オータムナルの収穫に励んでいます。


ご心配くださった皆様、そしてお見舞いメールをくださった皆様には、改めて心からの御礼を申し上げます。


***   ***   ***


[シッキム、カリンポンでの被害状況]

余震によって土砂崩れが誘発され、レスキュー隊が被災地までたどり着くのに苦戦していますが、一部ではヘリコプターで大量の食糧と医療用具が被災地に届けられ、救援活動が開始されたようです。


シッキム大地震の情報は現地のネット新聞で詳細が伝えられています。
The Telegraph (North Bengal & Sikkim)


私の周りに、ダージリン、カリンポン、カトマンズ出身の知り合いがいますが、3人とも村の親戚・知人は無事でした。やはり被害が一番大きかったのは、シッキムのようです。


web:マカイバリジャパン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

シッキム大地震:お礼

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

シッキム地震に関して、多くの皆さまからお見舞いメールやお問い合わせを頂いております。温かいお気持ちに、心より感謝申し上げます。


茶園に滞在しているマカイバリジャパンのスタッフからの情報によりますと、マカイバリ茶園の一部の家で、ひびが入ったそうですが、幸いなことに死傷者は出ていない、とのことです。


また、茶畑への影響ですが、茶木が1つだけ陥没したそうで、茶畑や製茶工場への被害は全くありませんでした。

本日、マカイバリジャパンのスタッフがデリーへ戻って参りますので、詳細が入り次第、またブログをアップ致します。

現地の情報を待っていらっしゃる方がおりますのに、簡単な更新で申し訳ございません。今しばらくお時間をください。

web:マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

シッキム大地震

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


昨日のインド北東部・シッキム州でおきた地震ですが、大変大きい地震だったことが伝わってきました。


マカイバリ茶園主ラジャさんと話をしたところ、自宅の壁にひびが入り、建物の一部が傾いたそうです。地震は長く続き、30秒も続いたとか。


お陰様で、マカイバリ茶園でのがけ崩れや家の倒壊は今のところ報告されていません。2500人の茶園で生活する人々も、昨日から茶園を訪れているマカイバリジャパンのスタッフも無事です。


ご心配下さった皆様、またお見舞いのメールを下さった皆様には謹んで御礼申し上げます。




***   ***   ***


[シッキム大地震の詳細]

現地の報道によれば、18日の地震はM6.9、震源地はシッキム、深さは20km。この地域で20年ぶりの大規模な地震となりました。


死者は50人を超え、負傷者は100人以上にのぼっています。大雨の影響で15以上の土砂崩れが起き、レスキュー隊が現地に入れないため、救援活動が進まず、死傷者は増える見込みです。多くの家が倒壊しているとのことです。


今朝の新聞では現地の写真はなく、このことからも報道陣が現地入りできないことが伺えます。




***   ***   ***

私がマカイバリジャパンにいた2004年に、日本のお客様をお連れし、シッキム、カリンポン、ダージリン、マカイバリ茶園を訪れました。1974年まで王国だったシッキムには、ダライラマが訪れるチベット仏教のお寺があったり、街はシッキム独特の建物が所狭しと立ち並んでいたりと、同じインドでもノスタルジックな雰囲気を醸し出していたのを記憶しています。
2004年マカイバリ茶園エコツアー・シッキム編

一人でも多くの方が助かることを祈っております。

web:マカイバリジャパン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

インド北東部・ダージリンで地震

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

インド時間18:10 (9月18日)、シッキムを震源とするマグニチュード6.9の地震が、シッキム、ダージリン地方で起こりました。

21:00現在、ダージリン一体で停電、携帯電話も繋がりづらくなっています。茶園主ラジャさんとは連絡がとれ、マカイバリ茶園では今のところ大きな被害の報告はないとのことです。

ちょうど今日から、マカイバリジャパンのスタッフがマカイバリ茶園を訪れています。バグドグラ空港に大きな嵐が来ていて着陸できず、アッサム州のゴハティ空港で待機をし、再びバグドグラ空港に着陸できた矢先の地震だったようです。

車で茶園に向かっている途中、急に地面が大きく揺れ、周りの電気が消えたそうです。今日のダージリン地方は、飛行機が着陸できないほどの嵐と大雨に見舞われ地盤がゆるんでいますので、地震でのがけ崩れが心配です。

詳細が入りましたらまたご報告致します。

***   ***   ***

9月7日のデリーの地震、そして先ほどのダージリンの地震。
地震が起きるのは何年に一度、というインドでこんなに頻繁に地震がくるのは、とても不気味です。


シッキム、ダージリン地方で、大きな被害がないことを祈るばかりです。

web:マカイバリジャパン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

ごはんまち

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


2011091401


夕暮れ時のお肉屋さんで。

2011091402


ごはん、まだかな。

***   ***   ***


このお肉屋さんは、外の犬や猫にご飯を提供しています。
いつもは大きな犬が2匹、店の前で我が物顔で寝そべっていますが、今日は珍しく猫。


デリーでは地域飼いが普及していて、ほとんどの犬が手術済みの耳カットをしています。住む場所は外だけれども、終生、その地域でご飯がふるまわれ、獣医さんが診察に訪れます。もちろんすべてボランティアです。


「輪廻転生」
きっと、インドの人の心の奥深いところで、その言葉が響いているのだと思います。

web:マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

日本一のビール

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


2011091301


インドでも、日本のビールが楽しめるようになりました!

もちろん日本からの輸入品。
でも、ここはインド。 
一筋縄ではいきません。


2011091304日本一のビール!


上の写真、インドならではの「あれ」があるの、分かりますか?


答えはこちら










2011091302


ベジマーク!


インドではベジタリアン(菜食主義者)が多くいます。
宗教上はもちろん、本人が自主的にベジタリアンになったり、またはある曜日だけベジタリアンになったり、と多種多様です。また、ベジタリアンの中にも、肉は食べないけれど卵は食べる「エグタリアン」、肉は食べないけれど魚は食べる「フィシュタリアン」、厳格なジャイナ教は土の下にいる命を殺生しないよう、根菜類さえ食べない人もいます。

そんなインドで食べ物を買う際、このマークは重要なのです。
動物性食品のノンベジマークは、同じデザインで赤色です。


さて、インドで初めて飲む日本のビールのお味は・・・。


2011091303

やっぱり日本人好みの味です。懐かしい。


「食の素材」そのものを楽しむ和食に合うよう、研究し尽くされているんだなぁ、としみじみと感じてしまいました。

***   ***   ***


インドでは地ビールや海外の合弁物も増え、飲み比べができるほど、たくさんの種類のビールがあります。


私はドライが好きなのでKing Fisher。
日本のビールと比べると、味にきめ細やかさが足りませんが、コクがあって、油の多いインド料理に良く合います。炭酸が強いのもインド人好みに仕上がっています。


最近グルガオンに、生ビールを飲ませてくれるところができました。
今度、遠征しにいかなくては!


web:マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

動揺の多かった一週間

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。



デリーに日常が戻ってきたものの、心落ち着かないことが立て続けに起きています。



<爆弾テロ>
7日のブログにも書きましたが、地震が起きた日の朝、デリーの高等裁判所で爆弾テロが起こりました。多くの死傷者がでて、大使館からも注意を呼び掛けるメールが日本人に流されました。


爆弾が起きたのが午前10時頃。私は仕事で中心街のコンノートから戻ってくる時でした。コンノートから私のオフィスへ帰るルートはいくつかありますが、その一つが高等裁判所の横を通ります。以前、サロジニナガールで爆弾テロが起きた時も、私は直前にその道を通っていました。(2005年10月30日 同時爆弾テロ


現在、9月13日にショッピング街での爆弾テロ予告が出されています。3度目の正直(?)とならぬよう、その日は内勤に徹します。


<地震>
デリーがテロのニュースでごった返している真っ最中、不気味なほど突然に地震が起こりました。


ほんの5秒ほどの縦揺れでしたが、家がドドドドと鈍い音を立てて揺れている間、この激しい縦揺れの次に襲いかかる横揺れの大きさはどれだけなのか、早く外に逃げないと家が崩れる。


デリーで地震なんて何十年に一度。と、のんきに構えていた私にとって、今回の地震は、地球がおかしくなったのかと思ったほど、生きた心地のしないものでした。


そしてこれが、9月7日にニューデリー市民を襲った2つ目の出来事。


地震に関する過去の記事
2007年11月26日:デリーで地震

2005年10月8日:地震に遭遇しました、 地震のその後

2000年1月26日:グジャラート州大地震



<大雨>
9月9日、朝から異常なほどの量と時間、雨が降りました。

2011091101リキシャ、床上浸水!


道路の排水溝=ごみ箱 と化しているデリーでは、もちろん道路が川状態。交通網は完全にマヒです。オフィスで働いてくれている人も、バスが動かなかったのに徒歩で出勤してくれました。しかも、腰まで水が浸かったとか!


2011091102出所:Time of India (2011年9月11日 2, 3面)


大雨から2日後の東デリーの様子。
2009年に開通したばかりの道路なのに、雨が降るたびに川状態になっています。

***     ***     ***


そんなこんなの、いろいろあった一週間。
精神的に動揺の多かった日々でしたが、めそめそしてもいられません!


異国の地に住むことは、こういうこと。
言葉も、文化も、そして問題への対処法も異なるインドでは、現地の人からの情報と、自分の瞬時の判断が事の明暗を分けます。


web:マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

デリー地震の詳細

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

9月7日深夜に起きた、ニューデリーでの地震。
地震直後にブログをアップしたまま、その後のご報告が遅れ、ご心配をお掛けし申し訳ございませんでした。


電動ドリルで下から突き上げられるような激しい縦揺れのあった9月7日、23:30頃。


情報が錯綜しておりましたが、最終的な詳細は、震源地はデリー。マグニチュードは4.2でした。
幸い大きな被害はなく、いつも通りの日々が始まっています。

ご心配くださった皆様、ありがとうございます。
まずは、お礼とご報告まで。


また追って、ブログをアップ致します。


web:マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

地震!!!

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


たった今、ニューデリーで大きな地震がありました。(9月7日 23時30分ごろ)


激しく大きな縦揺れ。
ダダダダダーッと、垂直に振動がありました。


今朝の爆弾テロの繋がりで、近くで爆発でも起こったのでは、と思いましたが、急いで階下の大家さんのところへ行くと「地震だ!」と教えてくれました。


地震は縦揺れが5秒ほど。その後の横揺れはありませんでした。


大家さんが言うには、過ぎ去った地震が、振り子のように戻ってくるのが怖い。その時は、この家も崩れるから外に逃げて、と。

この家、煉瓦でできています・・・。
しかも大家さん、内装好きで、相当どっかんどっかんと、いろいろなところに穴をあけているのです。


「その時は、この家も崩れるから・・・」 
現実味がありすぎて、怖い。

あ~、明日、いつものように朝が迎えられますように。


***   ***   ***


今晩は何かの時に備えて、外出着で寝ます。
パスポート、現金、会社関係の資料、パソコン、あと たま。
何があっても、これだけは持って逃げないと。

訂正 (9月8日 08:00am)
下記の「追記」は誤報でした。
ご心配をお掛けし、申し訳ございません。
詳しくはこちらの記事をご参照ください。


追記 (9月8日 00:10am)
カシミール・パキスタンを震源とするマグニチュード7.6の地震でした。(誤報でした。申し訳ございません)
今現在、現地の様子は分かりません。
2005年10月8日に同じ場所で起きた地震(M6.6 地震に遭遇しました 地震のその後)よりも、さらに大きな地震です。一人でも多くの方が助かってほしい。願うのはそればかりです。


web:マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

計画性のないデリーでの生活2

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

まったくもって、計画性のないデリーでの生活 その2。

先日このブログでもご紹介した我が家のドライバー、あっと言う間に辞めていってしまいました。その後、次の運転手を探す気力もなく、タクシーとオートリキシャの生活をかれこれ数週間。


そしてこれまた突然、先週の土曜日に新しいドライバーが決まりました。


2011090602


思わず「お父さんっ」と呼びたくなってしまう、この道20年のベテラン ドライバーです。


今日は初仕事の日。


あれっ?と思ったら

2011090603


スワミが~!(スワミ:ヒンドゥー教の聖者、指導者)
我が家の車で、初の神様グッズです。


よく見ると、いいお顔をしていらっしゃるので、先行き明るいのか!?


***   ***   ***


インド生活の明暗を分けるひとつに、「働いてくれる人に恵まれるか、否か」があります。


もちろん、良い人に働いてもらえることも重要ですが、実は案外難しいのが辞めてもらう時。インドの場合、被雇用者の権利が手厚く守られていて、もし揉めた末に裁判になった時には雇用者が100%負けます(例外もあります。例えば被雇用者が違法なことをした場合など)。


もちろん、問題なくお互いが離れられるのが一番ですが、(日本人的感覚で)理不尽なことが起きたとしても、相手を必要以上に攻撃しないことが大切だと思います。


インド生活でいらいらすること、いっぱいあります・・・。


最近学んだこと、それは、どうしても我慢できない時は日本語で相手に返事をします。無表情で相手の目を見て。相手が一瞬キョトンとした隙に、「じゃ、ナマステ」と言って出直します。自分の感情と置かれた立場を守るための、必死の手段です。


でも、インドの人の良いところは、次の日にはカラっと忘れていて、「やぁやぁ、ナマステー」とがっちり握手をしてくれます。


(辞めたドライバーは円満に退職しましたのでご安心ください。デリーでルームシェアしていた友人がいなくなり、ひとりでは家賃が高すぎるので、グルガオンへ引っ越ししたのが退職理由です)


web:マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

デリーのカーテン屋さん

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


いつも計画性のないインドでの生活。

朝、ピンポーンと鳴ったドアを開けると大家さんから「今日からペンキ塗り始めるから。全部の部屋ね。よろしく」。


その言葉を合図に始まった、家具の大移動。


6年ぶりのペンキ塗りなので、私も気合が入ります。あの朝、大家さんに「今はちょっと」と、ためらいの言葉を掛けたら、あと数年はペンキ塗りが無いのを覚悟しないといけないのがインド。


で、せっかくなので、私の部屋のカーテンを新しくすることにしました。


2011090501


さすが織物の国、インド。
シルク、コットン、化繊、ソファー用の合皮まで、なんでも揃います。


2011090502


客一人に、専属の店員がつき、時間を掛けてゆっくり相談にのってくれます。


2011090504_2

カーテンを留める房

2011090503_2


房掛もいろいろとおしゃれ。
インド製のもあれば、輸入品も豊富に揃えています。


2011090505


たくさんのサンプルから迷うご夫婦。
このお店は、1m 何万円もするものから、何百円のものまで、とにかく品揃えが豊富なのです!

2011090506


もちろん私が選んだのは、後者。
洗濯もできるので、ほこりの多いインドにはぴったり。

2011090507


お茶のサービスもあって、少しだけ非日常を楽しむことができます。

***   ***   ***


縫製も数日でしてくれます。
日本よりも安くできますので、旅行者の方でも、ご自宅のサイズを測っていけば、オーダーが可能です。


Jagdish Store
Shop #39, 40, 41, 43
Ring Road, Lajpat Nagar
Delhi - 110024
tel: 011-42291100


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

選挙

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


本日は選挙。
2011090401

私が住んでいる地区の組合員を決める選挙です。


2011090402

選挙会場はおなじみの、Gulmohar Club。
立候補者とそのサポーターたちが、会場までの100mほどの通路で、最後のアピール。


外国人が投票に来るのは珍しく、私に選挙権があると分かった瞬間、みんなお友達状態。住民であれば外国人でも選挙権があるのがインドらしい。(もちろん、国の選挙権はありませんが)


2011090403


当日配られたちらし。
どうやら”チーム”単位で立候補をしているらしく、”私たちのチームに投票よろしく”と書かれています。地区の清掃、安全対策、働いている人たちのための給水ポイントの設置などなど。大変、情熱の詰まったちらしを頂きました。


投票は、名前の横にチェックマークをするだけ。簡単でした。

***   ***   ***

日本だと、投票率が毎回問題になっていますが、インドの場合は選挙前から誰に投票するかそわそわ、終わってからは誰に入れたかでそわそわ。そんな当日の会場は、たくさんの人で賑わっています。これもお国柄なのでしょう。

web: マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »