« マネージャーさんのお宅 | トップページ | アッサム紅茶の製造工程2(ジャリンガ茶園) »

2012年6月29日 (金)

アッサム紅茶の製造工程 (ジャリンガ茶園)

インド コルカタからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

プロペラ機に乗って、コルカタに戻ってきました!
コルカタは38度。熱気と湿気と喧騒が一気に押し寄せてきます。


さて、ジャリンガ茶園の続きです。


280620121


左が、ジャリンガ茶園とベルサリ茶園のオーナー ラビンドラ・パテルさん。
右が、ジャリンガ茶園のマネージャー ナレッシュさん。

ラビンドラさんは、コルカタから飛行機に乗って同行してくださいました。


280620122


アッサム紅茶は、インドに自生していたアッサム種から作られます。ダージリンは中国から持ってきた中国種です。アッサム種の特徴は、葉が肉厚で大きいこと。畑も、ダージリンのように山の急斜面ではなく、平地か穏やかな丘にあるため、生産量はダージリン紅茶の約100倍にもなります。


280620123


茶摘みの女性は籠を背負わず、茶摘みの最中は大きな布を三角に折って袋変わりにして背負い、茶摘みが終わるころには、上の写真のように袋が一杯になり、計量場所へ向かいます。

計量後、茶葉はトラックで製茶工場へ運ばれます。


280620124
萎凋(いちょう)
約20時間かけて茶葉に含まれる水分が30%になるまで乾燥させます。台の下から風が流れています。


280620125
どの区画から摘まれ、いつ萎凋が始まったのかが書かれたボード。


280620126
裁断
萎凋の後、機械で茶葉を細かくねじ切ります。


280620127
CTCの機械で成形
CTCとは、Curl, Tear, Crush の頭文字。
茶葉をつぶし、引き裂き、丸める工程です。


280620128
CTC機械の刀のアップ
この工程を行うことで、茶葉の組織が壊れ、葉の表面積が増えることで、より香り・色・味の強い茶葉に仕上がります。


2806201210
発酵
紅茶は100%発酵(全発酵)させます。ちなみに、緑茶は無発酵、ウーロン茶は半発酵(50%発酵)。

2806201211
発酵前のCTC
綺麗な緑色です。


2806201212
発酵後のCTC
1時間20分の発酵で、CTCはきらきら輝く赤茶色になります。


つづく

マカイバリジャパンマカイバリ茶園アジア・日本総代理店

|

« マネージャーさんのお宅 | トップページ | アッサム紅茶の製造工程2(ジャリンガ茶園) »

コメント

わー、素晴らしいお茶の写真です。
工程を見れるのはうれしいです。

投稿: よし@ネットマスター | 2012年6月30日 (土) 18時01分

インド産の紅茶は本当に大好きなのですが、こうして現地のお写真を拝見すると、
改めて、すごいな、と思いますね。
素朴なインドの写真、素敵です。

投稿: まやすけ | 2012年7月 4日 (水) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/55075304

この記事へのトラックバック一覧です: アッサム紅茶の製造工程 (ジャリンガ茶園):

« マネージャーさんのお宅 | トップページ | アッサム紅茶の製造工程2(ジャリンガ茶園) »