« マカイバリの紅茶ができるまで | トップページ | ダシェラ祭(Dussehra)@マカイバリ茶園 »

2012年10月31日 (水)

テイスティングルーム

インド・ニューデリーからお届けしているブログ。

デリーに出張していた石井道子が、マカイバリ茶園訪問記をお届けしています!

ラジャ・バナジー氏の日課は茶畑を歩くことですが、もう一つ重要ことがあります。
それは「テイスティング」。
前日に工場でできた紅茶を自分の舌を使ってすべてテイスティングをします。

テイスティングルームはラジャ・バナジー氏の事務所の横にあり、南西に面しています。
入口には各国で販売されているマカイバリ茶園紅茶のパッケージが並びます。

Cimg0302

Dsc_3138

まず外観をチェックして、鼻で香りを嗅ぎます。ラジャ・バナジー氏の臭覚は非常に良いそうです。
その後、「ズズズッ」ともの凄い音で紅茶を口に含み、口をすぼめて空気を吸い込み、口中で紅茶と空気を混ぜるように舌を使って紅茶を口の中でまわして確認します。

Dsc_3117


時間をかけずに手際よく、すべての紅茶をテイスティングします。時間的には2~3分です。

さすが紅茶のプロです。厳しく、そして正しく判断します。日本からのオーダーが入っていると日本の水事情や嗜好性を考慮して一番良い紅茶を選んでくれます。

Dsc_3118

こちらはラジャ・バナジー氏が使うエプロン。私もテイスティングするときはこのエプロンを着用します。かなり使い込んでいます。

Dsc_3139


そして、テイスティングテーブルの少し高い位置にあるのは奥様シュリパさんの写真。その横にはガネーシャの置物と日本からプレゼントした砂時計が置いてあります。

Img_3716


ラジャ・バナジー氏のテイスティングルームは、精神を集中させて良い紅茶を見極める重要な場所です。

ラジャ・バナジー氏の厳選した日本向けオーダーメイドの秋摘みオータムナルが間もなく日本に届きます!


|

« マカイバリの紅茶ができるまで | トップページ | ダシェラ祭(Dussehra)@マカイバリ茶園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/56011048

この記事へのトラックバック一覧です: テイスティングルーム:

« マカイバリの紅茶ができるまで | トップページ | ダシェラ祭(Dussehra)@マカイバリ茶園 »