« マカイバリ茶園訪問記:2014年春 奥様シュリパさんと買い物に! | トップページ | バルテュス展 »

2014年4月 9日 (水)

マカイバリ茶園訪問記:2104年春 森を歩く

マカイバリ茶園には茶畑の2倍の広さの森があります。この森には野生のトラが生息しています。
日中はトラは活動しないので、歩いても大丈夫だそうです。(・・と言っても森奥深くまではいきません)。

今回、フランスからミシェル・フィンコフ氏が来ていたので一緒に歩くことになりました。

ラジャ・バナジー氏は連日海外からの訪問客が絶えず、一緒に歩くことはできませんでした。
この日も数多くの人がヨーロッパから訪れ、ラジャ・バナジー氏がマカイバリ茶園の話をします。
Img_1824

ミシェル・フィンコフ氏はフランスの総代理店。マカイバリジャパンと同じ頃にラジャ・バナジー氏と出会い、友だちとなりました。マカイバリ以外でもセイロンやイランなどの紅茶を扱っています。彼の紅茶テイスティングは一流です。紅茶の本も出版しているほど。
Img_1822

茶畑を下ります。かなり急な道で、足元ばかり見るために景色を楽しめませんでした。フィンコフ氏も慎重に歩いていました。
Img_1896_2

こちらがトラが住んでいる森。この森の一部を通ります。
Img_1895

森の中は涼しく、歩いていても気持ちが良かったです。
Img_1905

Img_1906_2

しばらく歩くと橋がかかっていました。川には残念ながら水は少なかったです。
Img_1910

Img_1912_2

途中の道で発見した鳥の羽。きっとキツネか豹に食べられてしまったのでしょう。自然界で生きていく厳しさです。
Img_1925

茶摘み女性たちとも遭遇。毎日、こんなに険しい道を歩いて茶葉を工場まで運びます。
Img_1917

森が終わり、茶畑に入りました。ここでもスプリングラーから水が出ていました。
Img_1929

この日は5km近く歩きました。ラジャ・バナジー氏も時間がある時はそのくらい歩くそうです。

マカイバリの自然を存分に満喫できた日だったと思います。パーマカルチャーと言われるように、紅茶以外にも様々な植物が共存し、Diversity(多様性)の中で美味しい紅茶がつくられるのだな、と実感しました。

続く


|

« マカイバリ茶園訪問記:2014年春 奥様シュリパさんと買い物に! | トップページ | バルテュス展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/59440144

この記事へのトラックバック一覧です: マカイバリ茶園訪問記:2104年春 森を歩く:

» http://www.sexysoy.com/ [Which Will Help You Keep Going For Long With All The Above F Thomas Sabo]
This has been rebuilt on the hoe(A sort of park on the ed Pandora tenleys Sale ge of town).Well http://www.tobyplc.com/ , you can click that imag... [続きを読む]

受信: 2014年4月17日 (木) 08時27分

» maxcran pandora [Left Or Right Thumb And Forefinger Lock Into Place For Safet Pandora Tenleys Cheap]
I've lost Pandora Australia 8 lbs in the last 8 weeks Thomassabo , simply by counting my calories for the first of those eight weeks.S pas t cop... [続きを読む]

受信: 2014年5月 7日 (水) 08時09分

« マカイバリ茶園訪問記:2014年春 奥様シュリパさんと買い物に! | トップページ | バルテュス展 »