« ハッピーハンター店でのジャグディッシュ家具 | トップページ | インドでの飼い犬「しろ」の続き »

2015年9月28日 (月)

飼い犬「しろ」

インドの家で飼っている犬 「しろ」を紹介します。

Photo


19年間インドの我が家で一緒に生活していたシャムネコ「たま」が亡くなって1年後、犬の「しろ」が我が家にやってきました。男の子で実はストリートドッグでした。

3年前の朝5時半ごろ「しろ」は「デリーサイババ」寺として有名なお寺の前で、自動車事故に遭い、足を骨折して動けないでいました。多くのインド人が周りを取り囲んでいましたが、誰もどうすることもできないでいました。通りかかったのが縁で、「たま」がかかっていた獣医さんに電話をしてオートリキシャで30分グルガオンの病院まで連れていきました。緊急入院。翌日医者から「ストリートドッグに手術はできません。あなたが今後飼いますか?とてもフレンドリーな犬で性格がよいです。1歳半です。」即飼うことにして名前も「しろ」としました。ヒンディー語では「シロ」の発音はライオンの意味があるそうです。

手術後そのまま入院3日。その後1週間包帯を取り替えに通いました。費用は獣医先生が半分持ってくださいました。後ろ足を今でも曲げることができないので、座り方は少しぎこちないですが、日常生活に支障はありません。


そして今我が家の大事な家族になっています。お手伝いさんが犬好きで、シャンプーから一日3回の散歩、食事とかいがいしく世話をしてくれるのです。


お寺の近くにいた野良犬ですから皆に可愛がられていたのでは?と推測しています。

シャンプー
Photo_2

指の中まで綺麗に
Photo_4


しっぽ洗い
Photo_5


食事
Photo_6

|

« ハッピーハンター店でのジャグディッシュ家具 | トップページ | インドでの飼い犬「しろ」の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/62371117

この記事へのトラックバック一覧です: 飼い犬「しろ」:

« ハッピーハンター店でのジャグディッシュ家具 | トップページ | インドでの飼い犬「しろ」の続き »