« インド・デリーの日々 【水問題その後・友人・インドヴィザ取得の件】 | トップページ | インド・デリーの日々【一番ICHIBAN レストランとアナンニャ】 »

2016年2月26日 (金)

インド・デリーの日々【アンティーク家具屋・ジャグディッシュ】

このブログで何度も登場している、アンティーク・家具屋ジャグディッシュさんの店に行ってきました。場所はマネサールという地域で、デリーから、グルガオンを抜けて、ジャイプールに向かう高速道路の左側にあり、デリーから1時間半かかります。道路を挟んだ向こう側には5~6年前にできたハイヤット・リージェンシー・ホテルがそびえています。


前日に予約をいれて行きました。ジャグディッシュさんは今日からグジャラートに買付けに行くとのことで午前中に行きました。今回も話題になりましたが、ジャグディッシュさんとは、お父さんの代からのお付き合いで、20年以上になります。最初ジャグディッシュさんに会った時、彼は24歳でした。現在45歳です。5年前から父親の事業を完全に引き継ぎ、徐々に拡大してきています。見事です。元気をもらいます。出てくる言葉は「両親の励まし、正直に 一生懸命仕事をしてきたのが、この結果です」と。
Photo


広い広い敷地です。以前計算をした時2000坪以上ありました。両側に10ほど大きな部屋があり、すべて家具でうまっています。
Photo_2

Photo_3

シッキム地方の家具
Photo_4

音楽隊の人形
Photo_5

別の部屋
Photo_6

今回は鏡と小さな机を見にきました。買うか買わないかと迷った鏡付き家具ですが、買いませんでした。
Photo_7

最後の最後に決めた家具。100年以上前のカルカッタ旧家の品。彫りが繊細、ベルギー産100年前の古い鏡がついています。鏡を買いに来たのですが、家具付き鏡になりました。
Photo_8

同じカルカッタ旧家100年前の机2台。ベンガル人らしい繊細な細工と上質な木を使用しています。今までは、グジャラート地方の家具を購入することが多かったのですが、今回はマカイバリ茶園の故郷ベンガル地方の家具になりました。ポリッシュされて届けられる日が楽しみです。
Photo_9

大きな入れ物。いつも気になっていました。これは旧家の食料保存いれだそうです。昔のインド旧家は50人以上の食事を常時出していたので、食料保存入れ物が必要だったとのことでした。
Photo_11

Photo_12


顔なじみの大工さん。何度も我が家に来て古い家具のポリッシュと修繕をしてくれました。

Photo_13

ジャグディッシュさんの話では、インド人も最近は古い家具の価値を見出すようになり、10年ほど前に比べると旧家から、古い家具を購入するのが難しくなってきているとのことでした。逆に販売の方は順調です。


帰り路エアポート近くを通るので、イタリア・マリオット・ホテルに寄りました。ここにはイタリヤ人シェフがいて、本格的イタリヤ料理を楽しめます。入り口で厳しい危険物チェックを受けます。何と犬が仕事をしていました。
Photo_14

|

« インド・デリーの日々 【水問題その後・友人・インドヴィザ取得の件】 | トップページ | インド・デリーの日々【一番ICHIBAN レストランとアナンニャ】 »

コメント

アンティーク家具、良いですね〜
日本でも人気ありますね、東上線の下赤塚そばに昔アンティークの店があり、イギリスとかイタリアに買い付けに行っていると聞きましが、ここインドも歴史があるから掘り出し物あるでしょうね、見分ける眼が必要ですけど、、、
今度、冷やかし程度ですが、行ってみたいと思います。(*゚▽゚)ノ

投稿: あらかわ | 2016年2月28日 (日) 13時48分

是非行かれてください。初回は誰かの紹介がいりますから、HAPPY HUNTERで紹介してもらうとよいです。2回目以降はご自分でアポイントをとって行かれてください。海外からの買付客も多く来ています。

投稿: | 2016年3月 1日 (火) 02時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/63266885

この記事へのトラックバック一覧です: インド・デリーの日々【アンティーク家具屋・ジャグディッシュ】:

« インド・デリーの日々 【水問題その後・友人・インドヴィザ取得の件】 | トップページ | インド・デリーの日々【一番ICHIBAN レストランとアナンニャ】 »