« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の8件の記事

2016年3月29日 (火)

2016年春マカイバリ茶園訪問記【3月16日DJ-1(ディー・ジェー・ワン)初摘み紅茶儀式】

2016年、春の第一便

4ヶ月の冬季休園を経て開園した2016年3月16日

プージャ(お祈りの儀式)の後、茶摘みされたこの紅茶は、2016年度のマカイバリ茶園から出荷される
ロット番号1号の記念すべき初摘み紅茶となります。


DJ(ディー・ジェー)とはDARJEELING(ダージリン)、1とは出荷番号1番。


秋の終わりになると、出荷番号は400番台になります。

プージャに参列してきました。茶園にとって今年1年の紅茶生産をお祈りする大変大事な儀式です。


儀式の始まりを待っているラジャ・バナジー氏とシュリパ夫人
Photo

儀式開始。パンディット(僧侶)が、花に水をつけてお祈りの儀式
Photo_2


フルートとフラフープ・ダンスによるお祝いの演奏。イギリス人フルート奏者は茶園に滞在して3か月になる研究者。アメリカ人女性フラフープ・ダンサーも茶園に長期滞在しています。茶園長期滞在者はボランティアで特技を提供します。
Photo_3

茶園で働いている人たちにプレゼントを手渡します。ラジャ・バナジー氏が670人全員の名前を読み上げてシュリパ夫人が、一人一人に手渡します。毎年恒例行事です。約2時間かかりました。
Photo_4


今年は、プレゼントの品をジョイントボディの女性たちに任せました。150年の茶園歴史で初めてのことです。ラジャ・バナジー氏は少しづづ茶園経営を、働いている人たちにバトンタッチし始めています。今年の彼女たちが選んだ品は保温弁当箱です。
Photo_5


ジョイントボディの幹部たちがあらゆる下準備、当日の采配も彼女たちです。
Photo_6

次々に茶摘み女性が呼ばれて受け取ります。
Photo_8


頭に布地を付けて受け取るのは、目上の人に対してのインド習慣。故インディラ・ガンジー首相は聴衆への演説ではサリーを頭にまいて,尊敬の意を表していました。最近はこの習慣は自由のようです。茶園では年齢のいった人が、頭に布地を付けてシュリパ夫人に尊敬の態度をとっているように感じられました。

Photo_9


Photo_10


Photo_11


笑顔で戻ってくる女性
Photo_12


外では茶摘み女性たちが順番を待っています。
Photo_13


Photo_14


Photo_16

ジョイントボディの女性たちは、新しい試みとして茶園で生活している茶園外の高校に通っている1年生と3年生に奨学金を出しました。合計約60名です。ジョイントボディ幹部が、お金の入った封筒をチェックしています。マカイバリ茶園で生活をするには、家族の誰かが茶園で働いていれば、住居を与えられます。ほとんどの家族が代々茶園で働いてきています。

Photo_17


このお金は茶文化研究家マカイバリ茶園親善大使湯浅薫氏からの30万円寄付金も入っています。名簿の書かれたノート。

Photo_18

奨学金をもらった学生
Photo_20


Photo_21


                【続く】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

百姓農園から届いたバイオダイナミック野菜!

マカイバリ茶園と同じくバイオダイナミック農法で野菜栽培をしている農園が千葉県成田市にあります。百姓農園さんです。弓木野毅(ゆみきのつよし)氏が一人で年約60種類の野菜をつくっています!

百姓農園のHP
http://yumikino.jp/

隔週で新鮮な野菜が届きます!届きたての野菜がこちら。野菜の強い生命力を感じます。
味も濃くて美味しいです。

20160323_105310_2


バイオダイナミック農法では、農薬・化学肥料を使用しないだけでなく、地球を取り巻く天体の動きに合わせて種まきをしたり栽培管理を行います。弓木野さんも「種まきカレンダー:ぽっこわぱ耕文社」や「調合剤」を使用して農作業を行っています。こちらが今年の種まきカレンダーです。ちなみに今日、3月24日は根菜類の農作業するのが適しています。

20160323_105154_4


20160323_105210_2


百姓農園さんは昨年直営カフェ「百姓’s Cafe」も千葉県市川市に開きました!素材は畑からそのまま店へ届けられます。マカイバリの紅茶も飲めます。

http://www.hyakushos-cafe.net/

弓木野さんはぶれない信念を持ち頑張っています。21世紀の新たな農業の道 低コスト 永久循環をテーマに真剣に農業に取り組んでいます。弓木野さんのブログでは農業に対する熱い思いが綴られています。マカイバリ茶園と同じ理念で頑張っている弓木野さんを応援していきます!

2013年に百姓農園を訪問させていただきました。右が弓木野さんです。
P1010528_2

赤かぶを収穫しています。
Img00397201306051412_2


畑には雑草も含めて様々な植物が育ち、マカイバリ茶園と同じパーマカルチャーです。
Img00393201306051401_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

インド・デリーの日々 【ペンキ職人さんと飼い犬「しろ」 】

3月14日(月)今朝もデリーは雷と大雨が30分ほど降りました。現在の日中気温は25度前後です。空気が澄み、空は真っ青です。様々な種類の鳥たちが、緑の木々の中を気持ちよさそうに大空を飛び回っています。隣の家からはリスの大きな鳴き声が部屋の中に響き渡っています。

グルモハールパーク借家の我が家は、現在ペンキ塗り替えをしています。インドでは部屋の壁は基本的に5年前後でペンキ塗り替えをします。一部屋づつ荷物を移動しての約2週間の作業になります。連日職人さんが午前10時に来られて、途中お茶タイムが午前と午後に15分づつ、昼食タイムを1時間取って、夕方5時半には終了です。時間厳守で、黙々と働かれます。


飼い犬 「しろ」は、1歳半まで、サイババ寺の地域飼い犬でした。インド人が大好きです。仕事をじっと見つめている「しろ」。
1


職人さんたちは最初「しろ」を恐れていましたが、「しろ」の人懐っこい様子にすぐに慣れてくれました。
Photo_3


Photo_5


Photo_6


Photo_7


Photo_8


お茶タイムにも「しろ」は一緒です。
Photo_9


Photo_10


頭を撫でてもらうのが好きな「しろ」の頭は最近黒くなってきています。
Photo_11


★ダージリン・マカイバリ茶園DJ-1(ディー・ジェー・ワン)初摘み日儀式が3月16日(水)に決定しました。明日3月15日(火)から18日(金)までマカイバリ茶園へ取材に行ってきます。デリーに戻りましたら、ブログで初摘み日の様子をお伝えします。楽しみにされてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

インド・デリーの日々 【木の番号 買い物】

3月12日(土)デリーは、朝、雷と大雨が降りました。昨夕も雷と大雨が30分ほど降りました。日中30度を超えている気温でしたから、雨あがり後は、気温が急に下がり、風がそよそよと吹いて、空気も澄んで、すがすがしい気候になりました。外にでてみました。家の前のグルモハールの木に【58】の番号が書かれています。
Photo


前の家の木には【44】 【45】 【46】番号です。これはデリー市で木々を管理していて勝手に伐採してはいけない条例になっているのだそうです。デリーは緑の多い街です。緑で覆われた公園の中に街があるように感じられます。
Photo_2


インド女性2人が通り過ぎて行きました。何気ないインド住宅街の日常です。
Photo_3


グルモハールパーク・7番ゲートのすぐ近くに、ピンクの花が木に満開でした。木の右横がインドで有名な俳優アミターブ・バッチャン(Amitabh bachan)の家です。前回ブログで裏側をアップしましたが、こちらが表です。
Photo_4


カーン・マーケットまで買い物に出かけました。洋服屋に入りましたが、この店の価格の付け方には吃驚しました。1着1万ルピー(約2万円)以上です。
Photo_5


手頃価格の店に入りました。Cottons(コットン)という店で、綿の服が揃っています。1着日本円で3000円前後です。
Photo_6

カーンマーケットに隣接して、照明器具屋さんが密集している場所があります。インド風土に合うのか派手なデザインが多いです。
Photo


次々に店を覗いて応接間の壁につける照明器具の無難なデザインを最後に決めました。
Photo_7


ここにも地域飼いの犬たちが、気持ちよさそうに寝転がって眠っていました。
Photo_2

犬の匂いがするのでしょうか、我々を見ると親しげに近づいてきました。
Inu

街中は春を告げる「キワタ」の木があちこちで満開でした。
Photo_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 9日 (水)

インド・デリーの日々【インドワイン100選 】

インドに駐在する日本人4人の方々が、2013年12月11日に「インドワイン部」を発足され、その後月に一度のペースで集まってインドワインを飲み続けられたのです。ついに2015年6月5日にインドワイン150 種類以上、試飲達成されて、インドで本を自費出版されました。213頁にわたる150種類のワインの写真と情報及び「インドワイン部」の方々が評価された点数が記載されています。

Photo

インドワイン150種類試飲達成記念ケーキ
Photo_3

「インドワイン100選」 執筆者はソムリエの資格をもたれている森下篤司氏です。

「インド国内11州、10万6,400ヘクタールで、ブドウが生産され、うち、12%がワイン向けに使用される。マーケットサイズは、300万ケース(1ケースは12ボトル)、うち輸入ワインが40万、国内産ワインが110万、酒精強化ワインが150万(国内外の分類なし)、年間約15%で成長中のマーケット。

海外での評価では2014年フランスで開催された、シラー品種のみのワイン・コンペティションでスーラ ラサ シラーズの2012年ヴィンテージが銀賞を獲得、またスーラはミシュランの星付きレストランのワインリストにも取り上げらるなどしている。2013年3月に日本で開かれた世界最優秀ソムリエコンクールの決勝戦ではスーラ シュナン・ブランが、ブラインド・テイスティングに出題され、誰も正解出来なかった。インドワインは世界から注目されつつあり、一定の評価を得つつある.。」

4人の方々で外観、香り、味わい、全体感の4項目でワインを評価しました。一番高い得点のワイン 「スーラ ラサ カベルネ・ソーヴィニヨン」 91点
Photo_12

スーラ(Sula Vineyards Pvt ltd) 太陽マークでおなじみ。1999年設立。2000年前後に市場にスーラのインドワインが出てきて感激したことを覚えています。特に白ワインが美味しかったです。今では世界のブランドに成長したことになります。

Photo


スーラ会社 ナシック・ヴィンヤーズ地区、北緯20度、標高600メートル、最高気温は27~38℃、最低気温は11~23℃、年間雨量は400~1,100mm。
<Photo_5


【スーラ・ヴィンヤーズ訪問紀行】
「インドの南都ムンバイから国道3号線を北東に車で約3時間でナシク(Nashik)到着。12月~3月にかけて収穫。年間訪問者約20万人。ブドウ畑を見下ろすテラスで試飲。おかわりくりかえしOK。宿泊はスーラ経営のリゾートホテル。持て余す広さの部屋。Rs7500(約14000円)ワイナリーのホスピタリティに心も体も満たされ、幸せな気分で帰途についた」本文より抜粋

Photo_9


本の目次
Photo_10


贈答用の推薦ワイン
Photo_13


最後に執筆者森下氏は
「確かに多少のムラはあったが、150種類を超えるインドワインを飲んだ上で言いたい、『インドワインのお美味しさを皆さんと共有したい』『150種類を飲んでしても、めざましく進化を続けるインドワインの今後に目が離せない』と述べておられます。


マカイバリ茶園主ラジャ・バナジー氏は、常々「紅茶とワインは農産物であると言う面で共通することが多い。」と話されます。紅茶と同じように、インドワインが、いつの日かフランスやイタリヤと並んで、インドがワインの国と言われる時代がくるかもしれません。変わりつつあるインドの一面をお伝えしました。
                                            


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

インド・デリーの日々【個性豊かなデザイン・インドの家々】

インドの家々や、ビルディングは個性豊かです。最近はグルガオン新興地帯など、大手不動産屋が規格の決まった同じ家を建てるようになりましたが、まだまだ少数派です。

グルモハールパーク・コンパウンド内には、様々なデザインの家が建ち並んでいます。我が家からゲート7番まで、ゆっくり歩いて約5分の道のりの両側にある家々を写真にとってみました。

我が家から近い順に・・・


以前、日本某新聞社特派員が住んでいらした家。家の前にある小さな家は、門番が休む場所です。この地域は、インド人ジャーナリストによって開発されたコンパウンドです。最近は各国ジャ―ナリストが多く住んでいます。以前計画停電の多い時期に、このコンパウンドだけは、ジャーナリストの仕事のために短い時間で停電が終了でした。早い時期から都市ガスもはいりました。
Photo

白で統一した家。
Photo_2


昔のままのインドスタイル
Photo_3

緑に囲まれた家
Photo_4

その隣の家
Photo_5


デリーにあるハイヤット・リージェンシー・ホテル・オーナーの家。
Photo_6

ハイヤット・リージェンシー・ホテル・オーナー、家の前に見事な木があります。オーガニック農場を経営もされていて、以前デリーに近いその「いちごファーム」農場に買いに行きました。ブログでもアップしました。
Photo_7


ベンツ自動車・インド総支配人・ドイツ人がお住まいの家の裏側です。昔からの住宅街には、裏道が必ずあります。サーバント・ロードと呼んでいます。サーバント・ロードを挟んでの左側鉄枠でしっかり警備している家が、インドでは、誰もが知っている俳優アミターブ・バッチャン(Amitabh bachan)デリー自宅です。
Photo_13


アミターブ・バッチャン(Amitabh bachan)の碑が、グルモハール・パーク7番ゲートに立てられています。碑の後ろ側が、アミターブ・バッチャンの家です。大通りに面した大きな古い家です。
Photo_9

HAPPY HUNTERの店に行く時に通る両側の家々です。両側の家々を楽しみながら7番ゲートまで歩いて行きます。

隣の家のバナナの実が大きくなってきています。
Photo_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

インド・デリーの日々【モトワニ教授ご家族、その他】

3月3日(木)日本へ帰国予定にしていましたが、2~3週間延期することにしました。今後も配信いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。マカイバリ茶園DJ-1(ディージェーワン)初摘み取材予定にしています。まだ今年の初摘み日は決定していません。

先日ネール大学プレム・モトワニ教授ご家族をデリー・ゴルフ・クラブに、ご招待をして夕食をともにしました。
奥様、ご長女夫妻、息子さん、我々2人でした。先生とご家族は今までゴルフ場には縁がなく、とても喜んでくださいました。若い人たちですが、話題が豊富で、時間のたつのも忘れるほどに楽しくおしゃべりをしました。インドの心温まる素敵なご家族でした。参加できなかったお義母様からは、お義母様手作りのインド菓子を言づけてくださいました。日本の「おこしせんべい」に、似た甘いお菓子で、食べ始めるとストップできない、美味しいインドの手作りお菓子でした。
Photo


モトワニ先生には、インド・ガネーシャ通信「日印文化比較」をテーマに、毎月1回記事をお願いしています。

インド・ガネーシャ通信は・・・・
ー・--・--・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

◆インドで生活している人はどんな生活をしているんだろう。

デリー在住 インド人、インド・ネール大学日本研究センター教授
プレム・モトワニ教授が「今のインド」を様々な角度からお届けしています。


管理責任者は、インド・ダージリン・マカイバリ茶園日本総代理店
マカイバリジャパン石井洋子です。≪http://www.makaibari.co.jp ≫
http://archives.mag2.com/0000073045/

ー・-・-・-・-・-・-・-・--・-・---・--・-・-・-・-

是非読者になっていただきたくお願いいたします。このガネーシャ通信創刊は2001年8月3日です。配信続けて15年になります。http://archives.mag2.com/0000073045/

上記ページにいっていただくと創刊号をクリックできるようになっています。創刊の題が「美人大国インド」です。石井吉浩が原稿を書いています。15年前の記事が今でも通用するほどです。

デリーは急に暑くなってきています。日中は30度を超えていると思います。飼い犬「しろ」は、久しぶりにシャンプーをしました。お手伝いさんはお湯を沸かして準備をしました。

Photo_2


Photo_3


Photo_5


近所のお宅の庭にキンカンの実がなっていました。以前に住んでいたインドの借家にも大きなキンカンの木がありレモン付けにして楽しんだことを懐かしく思い出しました。
Photo_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

インド・デリーの日々【一番ICHIBAN レストランとアナンニャ】

デリーは日中30度近くまで気温が上がり、快晴です。あっと言う間に夏服になりました。湿気がなく、朝晩15度前後。気持ちのよい気候です。インド人は春が来たと言っています。春を告げる花と言われている「キワタ」が、デリーの街のあちこちで満開です。

ハウスカスメイン・マーケットにある「Happy Hunter」店の近くに大きなキワタの木がそびえていました。高さ25メートルに達する高木です。
Photo

地面に散っている花。真っ赤な大きな花びらです。
Photo_3


マカイバリ茶園主ラジャ・バナジー氏の妹さんであり、私の友人でもある、アナンニャ・バナジーが、カン・マーケット近くにあるパンダラロード(Pandara Road)「一番 ICHBAN」レストランに連れて行ってくれました。
Photo_4

昔からある由緒あるレストラン街で、外国の観光客もやってきます。
Photo_5


このレストラン「一番」の命名は、1995年前後にデリー大学大学院に留学していた学生が命名しました。図書館で調べものをしていたら、オーナーが来て「日本語で、ナンバーワンは何というのですか?」と聞かれ「一番」と答えてあげたのが命名のきっかけになったのだそうです。この命名した大学院生は実はその頃インドの我が家によく遊びに来ていた人で、デリー大学で仏教学博士号を取得された数少ない日本人です。今では立派な大学教授になられています。日本でも親しくさせていただいています。

アナンニャはこのレストランが大好きで、女性一人でも気持ちよく来ることができる店だと言っていました。偶然今回私を連れて行ってくれたレストランが「一番」でした。今日はオーナーの方がお休みでした。支配人とアナニャ。
Photo_6


Photo_13

「一番」は、その後数々の表彰を受けています。アナンニャが選んでくれた、鶏ガラでとったワンタンスープがさっぱりとしていて特に美味しく感じました。
Photo_7


有名な俳優アミターブ バッチャンAmitabh bachanの推薦もありました。
Photo_8


アナンニヤは学生時代、フルブライト留学生になり、その後インド国営テレビ局で仕事をし、幹部になっている人です。社会派ドキュメントを数多く作成しています。数多くの賞を取得。最近は本も執筆出版しています。

職場に近いベンガルマーケットで日用品の買い物です。彼女は、ベンガル・ダージリン・マカイバリ茶園出身ですから、買い物もベンガルに来るのだそうです。雑貨屋さん。何でも揃っています。
Photo_12


マスター自ら荷物をもって車まで送ってきてくれるVIPの扱いでした。
Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »