« 2016年春マカイバリ茶園訪問記【3月16日DJ-1(ディー・ジェー・ワン)初摘み紅茶儀式】 | トップページ | 2016年春マカイバリ茶園訪問記【DJ-1(ディー・ジェー・ワン)茶摘みと茶畑】 »

2016年4月 4日 (月)

2016 年春マカイバリ茶園訪問記【ディー・ジェー・ワン儀式の余韻】

2時間にわたるDJ-!(ディージェーワン)儀式が終了した後、誰もが「いよいよ、今年もスタート!!!」といった、少し興奮気味の状態でした。ラジャ・バナジ-氏の友人でもあるカメラマンが来ていたので、記念撮影をしました。


ラジャ・バナジー氏とシュリパ夫人。無事終了してほっとしているお二人。
Photo_7

昨年は体調がすぐれず息子さんの家で生活をしていたたシュリパ夫人を囲んで、ジョイントボディの人たち。
Photo


中央女性がカナダ人画家でラジャ・バナジー氏の友人でもあるカレン。左がフラフープを踊った女性。
Photo_2


フルフラフープ女性、ラジャ・バナジー氏、フルートを演奏したイギリス人男性、
Photo_3


ラジャ・バナジー氏とHAPPY HUNTER 博子。
Photo_4


マネージャ-・サンジャイ・ダス氏は、すぐに外に飛び出して行きました。


子供たちに囲まれるサンジャイ・ダス氏。
Photo_8


学校帰りの子供たちにお菓子配り。
Photo_5


茶園を知り尽くしているカナダ人画家カレンもお菓子配りのお手伝い。
Photo_6

こどもたちへ飴。
Photo_9

茶園の子供たち。
Photo_10


茶園のこどもたちは天真爛漫。
Photo_11


Photo_12


家族全員で写真撮影に協力してくれました。
Photo_13


間もなくこの2016 年3月16日に茶摘みされた1番茶 DJ-1(ディー・ジェー・ワン)が、日本のマカイバリジャパンに入荷します。


「Healthy soil is a healthy mankind」(健康な土壌が、健康な人間を育てる)の看板が茶畑のいろいろな場所に掲示されていますが、茶園で働く人々に触れるとまさにその通りと実感します。安全、安心、美味しい紅茶は彼らによって作られているのです。 
Photo_13_2

ラジャ・バナジー氏の考え・・・
「紅茶に関わる人、動植物、自然、それらすべてが関連し、調和を保ち、良い状態であるときに、素晴らしい紅茶が育つ」

今年も素晴らしいDJ-1です。

                                      【続く】

|

« 2016年春マカイバリ茶園訪問記【3月16日DJ-1(ディー・ジェー・ワン)初摘み紅茶儀式】 | トップページ | 2016年春マカイバリ茶園訪問記【DJ-1(ディー・ジェー・ワン)茶摘みと茶畑】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/63440120

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 年春マカイバリ茶園訪問記【ディー・ジェー・ワン儀式の余韻】:

« 2016年春マカイバリ茶園訪問記【3月16日DJ-1(ディー・ジェー・ワン)初摘み紅茶儀式】 | トップページ | 2016年春マカイバリ茶園訪問記【DJ-1(ディー・ジェー・ワン)茶摘みと茶畑】 »