« 2016年春マカイバリ茶園訪問記【DJ-1(ディー・ジェー・ワン)茶摘みと茶畑】 | トップページ | ミセス5月号に掲載されました! »

2016年4月 6日 (水)

2016年春マカイバリ茶園訪問記【DJ-1(ディージェーワン)の試飲とマネージャー】

DJ-1(ディージェーワン)儀式次の日、ラジャ・バナジー氏とマネージャー・サンジャイ・ダス氏は、真っ先に試飲室に行きました。昨日茶摘みされたDJ-1(ディージェーワン)が、出来上がってきているのです。

テイスティングルームにて、ラジャ・バナジー氏とサンジャイ・ダス氏。ラジャ・バナジー氏はサンジャイ・ダス氏に自分の持っているもの全てを伝授したいと思っています。真剣な2人です。

Photo_2


Photo_4


Photo_3

Photo_6

Photo_7


出来上がってきた茶葉
Chaba


マカイバリジャパンに送られてくるDJ-1.。今年もラジャ・バナジー氏会心の出来です。茶葉をカットしないで、この状態で日本に送ってもらいます。
Photo_8


サンジャイ・ダス氏はラジャ・バナジー氏後継者として日々指導が行われています。自宅は工場の隣から、ラジャ・バナジー氏自宅近く敷地に新居を建ててもらっていました。

工場隣の現在のダス氏自宅
Photo_9

ラジャ・バナジー氏自宅敷地内のダス氏新居(4月より入居)
Photo_10

100年以上前に建設された家を内部の修理改善で保存してきた歴史建造物のラジャ・バナジー氏自宅
Photo_11


工場に行き茶葉の状態をチェックする・ラジャ・バナジー氏
Photo


工場長でありティーマスターのニル氏。ラジャ・バナジー氏より全幅の信頼を得ています。職人気質の人です。
Photo_13

DJ-1萎凋(いちょう)の工程です。水分を蒸発させて茶葉を萎(しお)らせ、その後の発酵を左右する重要な工程
Photo_14

紅茶ができるまでを簡単にご説明します。

1)摘採(てきさい): 茶摘み一芯二葉を摘む

2)萎凋(いちょう) : 水分を蒸発させて茶葉を三分の一まで萎(しお)
らせる。

3)揉捻(じゅうねん): 茶葉を揉(も)んで捻(ね)じること

4)発酵(はっこう) : 酵素が働き、緑から赤胴色へと変化する

5)乾燥(かんそう) : 発酵を止め、保存しやすいよう乾燥

6)仕上げ      :できた紅茶の大きさ選別等

7)評価        :テイスティング

              【続く】


|

« 2016年春マカイバリ茶園訪問記【DJ-1(ディー・ジェー・ワン)茶摘みと茶畑】 | トップページ | ミセス5月号に掲載されました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/63448743

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年春マカイバリ茶園訪問記【DJ-1(ディージェーワン)の試飲とマネージャー】:

« 2016年春マカイバリ茶園訪問記【DJ-1(ディー・ジェー・ワン)茶摘みと茶畑】 | トップページ | ミセス5月号に掲載されました! »