« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の3件の記事

2016年7月31日 (日)

チョウサ種マンゴーの発送が完了しました!

チョウサ種マンゴーは無事に日本に到着し、ご注文をいただいておりましたお客様への
発送を完了いたしました!

Img_02245_2

マンゴーは成田空港から冷蔵車で直行してマカイバリジャパンに届きました。
夜の10時近くです。2トン車は入ってくるのが難しく、バックで入ってきました。

Img_02301

運転手さんが手際よくマンゴーを車からおろしてくれました。

Img_02361

インドから届いたばかりの新鮮なマンゴーの香りが部屋中に漂います。
クーラーを最低温度に設定して、翌日の発送に備えました。

Img_0234

翌日はご注文をいただき、待っていてくださったお客様に発送いたしました。

「とても甘くて美味しい」とのご感想を続々といただいております。
弊社でひとつひとつチェックしておりますが、暑さで傷んでしまうマンゴーもございます。
傷んだマンゴーがありましたらご連絡をいただけましたら幸いです。緑色のマンゴーでも
食べごろになっているものもございます。お早めにお召し上がりください。

様々なハプニングを乗り越えてやっと届いたマンゴーです。インドでも多くの方々が日本にマンゴーを送るために働いてくれました。

次回はマリカ種のマンゴーですが、まだ入荷につきましては未定です。
またホームページやブログ、facebookでご案内させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

インド・マンゴー(チョウサ種)間もなく到着します!

今年もマンゴーの季節がやってきました。
甘いインド・マンゴーは毎年大好評です。今年はケサール種が入荷して、チョウサ種の入荷を待っていたのですが、問題が発生しました。

13718738_1168686103183360_577647554

13709819_1168685923183378_726866091


モンスーンによる連日の雨により、収穫が遅れてしまいました。またモンスーン前に収穫され、出荷準備の最終工程に進んだマンゴーは、その後、モンスーンの雨によりサハラルンプール(U.P.州)からデリーの飛行場までの道が寸断されてしまい、箱詰めが完了しているのに工場から飛行場に出荷することができませんでした。

13700986_1172008056184498_483998235
【大雨が降ったことにより水溜りができました。】

13667849_1172008032851167_208721487
【牛車でわたります】


日本の農林水産省から派遣された日本人検査官のもと蒸熱作業および検疫が行われ、サハラルンプール(U.P.州)から冷蔵車で運ばれたマンゴーが、今朝(7月27日)3:00にデリー空港に到着したとの連絡が入り、出荷を見届けるため、マカイバリジャパン姉妹会社であるHappy Hunter石井博子が飛行場に行きました。

13653257_1163193533732617_858068671

13640779_1163193593732611_912043479

朝3:30、まだ空が暗い頃、石井博子が空港の検疫所に到着すると、寒いほど冷房の効いた清潔な倉庫から、マンゴーが大切に運び出されてきました。既にサハラルンプールで検疫が行われているため、箱を開けて中を確認することはできませんが、箱に傷も汚れもなく、ここに到着するまで丁寧に扱われてきたことが伝わってきます。

Img_0211_2
【夜中の飛行場の倉庫】


Img_0212
【寒いほど冷房の効いた倉庫です】


Img_0213
【綺麗に箱詰めされたマンゴー】


さあ、いよいよ日本へ出発です。
途中、大雨の影響で一度は出荷を見送ったものの、何とか挽回し、ようやくこの時を迎えることができました。28日深夜のANA便で成田へ向け飛び立ちます。

たくさんのご注文をいただいております。ありがとうございます。マカイバリジャパンに入荷次第順次発送させていただきます。弊社に入荷は7月30日(土)を予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

「マカイバリ茶園のダージリンを愉しむ時間」が終了しました!

本日、ナチュラル&ハーモニック銀座主催のお茶会「マカイバリ茶園のダージリンを愉しむ時間」が無事に終了しました!

暑い中、会にご参加くださった方々に改めて御礼申し上げます。

Img_00456_2

2年ぶりのナチュラル&ハーモニック銀座でのお茶会イベントになります。スタッフの方々もかわりました。
まずウェルカムドリンクとして初摘み紅茶DJ-1でつくった水出し紅茶です。

20160711_135856_resized_2

今回のメインは届いたばかりの「夏摘みセカンドフラッシュ」を楽しむことです。ヴィンテージ・マスカテルとシルバーティップスを飲んでいただきました。夏摘みならではのマスカットフレーバー、そしてシルバーティップスは雑味のない透明感を出せたと思います。

20160711_150247_resized_2

美味しい紅茶の淹れ方も説明させていただきましたが、水も大切な要素です。今回はナチュラルハーモニーで販売しているこちらの水を使用しました。

0000000003212_2

日本で初めての無濾過、無殺菌が実現した自然のままのナチュラルミネラルウォーターです。
軟水で優しい口あたりで、香りと味が引き立ちます。

その他にも秋摘みや春摘みも飲み比べでいただき、一番好みの紅茶を選んでいただきました。
一番は夏摘みシルバーティップスです。紅茶の本物の味が分かる方ばかりです。

20160711_160235_resized_2

マカイバリの紅茶を飲みながら、バイオダイナミック農法の話やマカイバリ茶園の経営理念の話もさせていただきました。特にバイオダイナミック農法は種まきカレンダーを使用しながら、天体の動きによって植物がどのような影響を受けているかを説明しました。

地球は太陽系の惑星の一つであり、太陽、月そして他の惑星たちの影響を当然に受けています。その宇宙のリズムに沿って農作業することが、バイオダイナミック農法の特徴のひとつでもあります。

バイオダイナミック農法は宇宙の力を借りて、植物の生命力を最も高める農法でもあります。
満月の日に茶摘みをしたり、肥料をつくったり、種をまいたり、、。 きちんとした理由があるのです。

ラジャ・バナジー氏はよく「自然のリズムに沿って生きていくことが人間は健康であり、幸せになれる」と話しています。

人間も紅茶と一緒で、自然に反することなく生きていかなくてはいけないと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »