« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月の3件の記事

2017年3月26日 (日)

初摘みDJ-1の茶摘みが開始しました!

マカイバリ茶園では3月24日に初摘みDJ-1の茶摘みが行われました!

3月17日にラジャ・バナジー氏の家が火事で全焼するという大惨事に見舞われましたが、予定どおりに無事に初摘みDJ-1の茶摘みが行われました。

マカイバリジャパンの姉妹会社Happy Hunter代表・石井博子がマカイバリ茶園に行きました。
ラジャ・バナジー氏は現在はシリグリという街にある仮住まいからマカイバリ茶園に足を運んでいます。

落ち込んでいる様子は全くなく、今回の火事は「神が自分に与えた新しいことへのチャレンジ。これからも貧しい人のため、環境のために精一杯邁進したい」と前向きに話しています。
17342529_638590332991422_4775540692

今年もプージャ(お祈り)から始まりました。今年は祭壇を飾り、パンディット(祈祷師)との儀式に時間を使いました。
Img_2631


Img_2635

祈りの儀式の後、働いてる人々の一人一人の名前を全部読み上げて、ラジャ・バナジー氏がプレゼントを渡しました。今年は毛布とお菓子、そして茶摘み女性には新しい茶摘み籠が渡されました。この籠はマカイバリ茶園の森で生息する竹から作られました。

17499446_638957322954723_6810346525

Img_2634

12月中旬から約4ヶ月間、冬の寒さのために新芽が冬眠していましたが、春の訪れとともに新芽の息吹がよみがえります。今年も雨が降らずに旱魃(かんばつ)でしたが、元気な新芽が芽吹きました!

Img_2637


Img_2636

毎年、必ず茶園には春が訪れます。春は生命が躍動する季節でもあります。いよいよマカイバリの2017年がスタートしました!今年も美味しい紅茶が届くのが楽しみです。

******************************************************************************
昨日のラジャ・バナジー氏のfacebookです。

Trial by Fire
Fire Purges
Water Washes
Spirit Celebrates all trial

Welcome to the "PAILA PATTI"- the first pick of season 2017 - A new chapter emerges. "MMHH"

RAJAH BANERJEE

火は挑戦を与えました。
火はすべてを浄化します。
水はすべてを洗い流します。
魂はすべての挑戦を祝福します。

2017年の初摘みシーズンにようこそ! マカイバリの新しい幕開けです。"Makaibari Miracle Himalayan Herbs"

ラジャ・バナジー
17457389_1461227217228922_560184204

17505367_1461228780562099_421268218

17498615_1461227447228899_452074450


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

ラジャ・バナジー氏と電話がつながりました!

3月17日(金)におこった大惨事(ラジャ・バナジー氏の自宅が火事で全焼)の後、ラジャ・バナジー氏とは連絡がつかなかったのですが、やっと電話で話すことができました。

火事のお見舞いを伝えると最初は声に元気がなかったのですが、「負傷者がでなかったことが良かった」と。そして「コミュニティーの人がショックで心を痛めているので、何かできることをしたい。」と自分のことよりも働いている人々のことを心配していたのには驚きました。

ラジャ・バナジー氏はこういう状況でも前向きでした。私たちにできることを何でもしたい、と伝えたところ喜んでくれました。3月23日は予定どおりに初摘み茶摘みをするそうです。マカイバリ茶園の1年が始まります。

火事のあった日はラジャ・バナジー氏は手術をするために早朝にコルカタに出発して家にはいなかったそうです。家には奥様のシュリパさんと看護士さん、そして働いている人が2人いたのですが皆無事でした。火事は午後2時30分から45分の間で家を燃えつくしたそうです。出火原因を現在調査中です。

マカイバリの歴史的な建物はなくなってもマカイバリの魂(Spirit)までは消えていません。一日も早い再建に向けて私たちのできることをやっていきたいと思います。

現地の新聞で詳細が掲載されています。
***********************************************************************************
Fb_img_1489758824805

Makaibari memories go up in flames - Fire destroys Kurseong bungalow with mementoes and rare books
Friday, 17 March 2017

A piece of history of Darjeeling tea industry was engulfed in a fire that destroyed the bungalow of Makaibari tea garden near Kurseong yesterday afternoon.

None was injured in the blaze whose cause is yet to be ascertained.

A source in the garden said the property was a veritable museum. "We were so proud of the bungalow that was filled with mementoes received from around 87 countries. There were rare collections of books and artefacts that reflected the estate's history. Stuffed skins of tigers and leopard were hanging from the walls of the building. The bungalow had other wildlife trophies also. The entire history is lost now," said a source in the plantation.

Swaraj Kumar Banerjee, better known as Rajah, the chairman of the Makaibari Tea and Trade Company, was not in the garden when the fire broke out. He had left for Calcutta earlier in the day and his wife, Srirupa, was in the bungalow.

"The chairman's wife was in the bungalow, along with a nurse and two maids. But they were all rescued from the semi-wooden structure," said the garden source.
Debashish Chattapodhya, the subdivisional officer of Kurseong, said: "The fire started between 2.30pm and 2.45pm and is now under control (after more than three hours). The entire building has been razed to the ground. There are no reports of any casualty."

Only concrete walls and some tin roofs were intact after the blaze that was extinguished by fire tenders from Kurseong and Siliguri. Rajah did not take calls on his cellphone.

The Banerjees have been running the garden for four generations since 1859. It's not clear when the bungalow had been constructed. The estate is 3km from Kurseong.

In 2014, Rajah "allied" with The Luxmi Group of Calcutta with an eye on strengthening the brand. The garden, however, functions under Makaibari Tea and Trade Company.

Makaibari is a global brand of Darjeeling Tea. In 2015, Prime Minister Narendra Modi had gifted Makaibari's most expensive tea brand, Silver Tips Imperial, to Queen Elizabeth during his visit to England. In 2014, the tea brand had fetched Rs 1.12 lakh a kg. Normally the garden retails the product for around Rs 20,000 a kg.

Telegraph

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

大惨事

今朝、突然にニュースが入ってきました。
マカイバリ茶園にあるラジャ・バナジー氏の自宅が火事で全焼してしまいました。

facebookではその様子が掲載されていました。多くの人々がショックを受け、ただただ心を痛めるだけでした。
けが人はなく、全員無事だったことが何よりの救いです。

17352468_1453193254698985_244485905


17309819_1453193251365652_538928478

150年以上もバナジー家が代々住み続けていた歴史的遺産でもある建物です。
マカイバリ茶園を訪れるために、自宅に泊めてもらいました。お父様、お祖父様、曾祖父様と御家族の思い出の品々もたくさんにあった家です。
マカイバリ茶園と共に歩み続けてきた家が一瞬になくなってしまうことに言葉がありません。

Img_0501

Img_0499


Img_0503


インドの人々はショックを受けても、熱いメッセージを送っています。「家はなくなっても、マカイバリの魂は残り必ず復活します」と。
マカイバリジャパンでもできる限りのことをしていきます。まずお見舞金をすぐに送る手配をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »