« 夏摘みセカンドフラッシュ! | トップページ | 若い人たちへ »

2017年6月28日 (水)

ダージリン情報

ダージリンからの情報です。

前回のブログでストライキのことをお伝えしましたが、状況はまだ改善されていません。
日本ではなかなか伝わってこないニュースですが、ストライキのときはダージリン地方では店やホテルも閉鎖され、交通機関もストップします。外出禁止令もだされています。

茶園からの紅茶の出荷もすべてストップです。
セカンドフラッシュの時期は繁忙期でもあり、茶葉の生育が早く、毎日の茶摘み、製造そして出荷は欠かせません。

ダージリン地方は西ベンガル州に属していますが、ダージリンの人々はネパール系の人が多く、ベンガル人とは文化や言葉も違います。彼らはゴルカランド(グルカの土地という意味)という独立した州を求めて頻繁にストライキを起こしてきました。

今回は西ベンガル政府が用語のネパール語の教育を廃止して、ベンガル語を強制しようとしたことに端を発しています。暴動まで起き、ストライキは長引きそうな様子です。

そんな中、現地のテレビ番組にラジャ・バナジー氏がコメンテーターとして登場しました。

Img_3095


Img_3094


Img_3093


茶園のオーナーとして、ベンガル人でもあるラジャ・バナジー氏は今回の騒動では標的になります。何度も危険な目にもあってきました。

しかし、彼は怯むことなく人々と対話を重ねてきました。民族的、政治的な問題は複雑です。
一日も早く平常な生活に戻れることを祈るばかりです。

日本向けの夏摘みセカンドフラッシュはすでに製造されましたが、茶園からの出荷がとまっているために、まだ日本には届きません。情勢が安定してからの出荷になります。

夏摘みの入荷を多くの方が待ってくださっているのですが、もうしばらくお待ちいただけましたら幸いです。

|

« 夏摘みセカンドフラッシュ! | トップページ | 若い人たちへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/65469862

この記事へのトラックバック一覧です: ダージリン情報:

« 夏摘みセカンドフラッシュ! | トップページ | 若い人たちへ »