« マカイバリ茶園訪問記2018春 「初摘み日」 (2) | トップページ | マカイバリ茶園訪問記2018春 「土づくり」 (4) »

2018年3月26日 (月)

マカイバリ茶園訪問記2018春 「工場での製茶」(3) 

初摘み日の翌日は工場での製茶です。初摘み日はお祝いでもあるので、マネージャーのサンジャイ氏と夜遅くまでお酒を飲みながら、色々な話をしていました。

翌日の朝は6時に起こされ、マカイバリ茶園の工場に向かいました。サンジャイ氏は朝の4時に起きたそうです。


前日の茶葉はすでに次の行程の揉捻(じゅうねん)に入っていました。通常は機械をつかうのですが、初摘みDJ-1はデリケートな葉でもあるので機械を使わずに手で揉みます。揉むことによって発酵がすすみます。

P3140512
前日の萎凋(いちょう)の行程

P3150600


P3150609

この後はお皿にのせて更に発酵をさせるのですが、初摘み茶は手もみの後にすぐに乾燥(かんそう)の行程に入ります。

P3150636

大きなオーブンの中にいれて、熱を加えることによって発酵がとまります。でてきたものが粗茶になります。
すでに芳醇な香りが工場の中に広がります。

P3150642

P3150649

お茶の研究をしているドイツの学生たちも、製茶の行程をしっかりと見学をしていました。

Dsc_1391

できたての紅茶を事務所で試飲をさせてもらいました。素晴らしい香りとまろやかな味です。摘み立てのフレッシュな茶葉は、春にふさわしい清涼感を与えてくれます。

29244467_1781266991925265_685782166

初摘みを飲むと1年のスタートを感じます。冬の間に皆が頑張った姿が目に浮かびます。
今年も美味しい紅茶がマカイバリ茶園より届くのが楽しみです。


|

« マカイバリ茶園訪問記2018春 「初摘み日」 (2) | トップページ | マカイバリ茶園訪問記2018春 「土づくり」 (4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/66538355

この記事へのトラックバック一覧です: マカイバリ茶園訪問記2018春 「工場での製茶」(3) :

« マカイバリ茶園訪問記2018春 「初摘み日」 (2) | トップページ | マカイバリ茶園訪問記2018春 「土づくり」 (4) »