« マカイバリ茶園訪問記2018春 「ラジャ・バナジー氏の更なる挑戦」 (5) | トップページ | 朝日カルチャーセンター・講座「自然派インド紅茶教室」終了しました! »

2018年3月30日 (金)

マカイバリ茶園訪問記2018春 「ダージリンの現状」 (6)

今回のマカイバリ茶園訪問では、ダージリンの街で行われた「ビジネス・サミット」に日本人バイヤーとして参加する機会がありました。

Img_5260

昨年のダージリン地方では、西ベンガル州から独立を目指す人々と西ベンガル州政府との間での激しい争いがあり、長期間にわたるゼネストが行われていましたが、今はゴルカの旗もほとんど見当たりません。
むしろ西ベンガル州知事のママタ・バナジー女史のポスターがあちらこちらに見まれました。

Img_5110

汚職が多い政治家の中で、ママタ・バナジー氏はクリーンなイメージが強く、経済優先を掲げる有言実行の政治家です。ストライキのときは最後まで屈することなく、自分の信念を貫き通しました。

今回開催された「ビジネス・サミット」は、西ベンガル州政府によるダージリンに投資を募ることを目的としています。ダージリンは紅茶と観光が主要産業ですが、特に観光は大きな可能性を秘めているということでした。

Img_5285

ママタ・バナジー氏の演説はベンガル語と英語で、内容はよく分かりませんでしたが、力強い話し方が印象的でした。

会議の合間にはダージリン紅茶がだされました。

Img_5286


後半は紅茶産業に携わる人々が集まり、「世界貿易の中におけるダージリン紅茶」の会議がありました。

Img_5304

ダージリン紅茶における深刻な問題を掲げ、今後どのような方向性を持ってやっていくのか、というのがテーマです。
問題点として
①ダージリン紅茶は世界全体の紅茶生産量の0.2%も満たない希少価値がある紅茶であるにもかかわらず評価が低い。
②ダージリン紅茶はブレンドや原料として欧米の国に安く買われてている。
③昨年のストライキの影響は甚大であり、政府の要請もあり給与が10%もあがった。すべてコストにはねあがってくる。政府は今回のストライキの損失を全く補填してくれない。
④10年後には40歳以下の若い茶摘み労働者を確保することが難しくなる。
⑤茶園経営はマネージャーの手腕によるところだが、良いマネージャーを見つけることができない

Img_5311

Img_5314

今後の方向性としては、ダージリンのブランドを高める。原料としてではなく、ダージリンで商品にして販売する。
観光を通じて、もっとダージリンの紅茶の素晴らしさを知ってもらう、などがあげられました。

マカイバリ茶園のバイヤーとして、突然にスピーチを頼まれました。つたない英語で、マカイバリジャパンが今までやってきたことを話すと、参加していた人は拍手を送ってくれました。

日本は緑茶文化がある国でもあり、ダージリン紅茶を評価して高い価格で買っています。マカイバリの紅茶でワインボトルにいれた商品をつくったり、最高級の化粧品を作ったり、エコツアーや白内障キャンプのことなど、今までマカイバリ茶園と一緒にやってきたことが、ダージリン紅茶のブランドを高めるために貢献したのだと思いました。

Img_5324

マカイバリ茶園のオーナーでもあるラクシュミグループのルードラ副社長です。ラクシュミグループは、紅茶だけでなく不動産事業もやっており、ダージリン地方にも大きな投資を行う予定です。

今後はラジャ・バナジー氏の後継者として、マカイバリ茶園を一緒にサポートしていくパートナーです。ダージリン紅茶の素晴らしさ、そしてマカイバリ茶園の取り組みをもっと広めていくために努めたいと思います。

|

« マカイバリ茶園訪問記2018春 「ラジャ・バナジー氏の更なる挑戦」 (5) | トップページ | 朝日カルチャーセンター・講座「自然派インド紅茶教室」終了しました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/66556140

この記事へのトラックバック一覧です: マカイバリ茶園訪問記2018春 「ダージリンの現状」 (6):

« マカイバリ茶園訪問記2018春 「ラジャ・バナジー氏の更なる挑戦」 (5) | トップページ | 朝日カルチャーセンター・講座「自然派インド紅茶教室」終了しました! »